知っトク ナビたん

Read Article

たくさん寝るより、少しの運動?疲れをとるにはカラダを知る。

スポンサード リンク
たくさん寝るより、少しの運動?疲れをとるにはカラダを知る。
この記事の所要時間: 136

『あんなにだるかったのに・・』

『ジョギングした後のほうが疲れてない・・?』

そういうことありませんか?

 

実は、ちゃんと理由があったんです。

スポンサード リンク

 

“疲れ”は『疲労物質』が溜まった証拠

私たちは、日常の生活をしているだけで、カラダの中に活性酸素が発生します。

活性酸素は私たちの細胞を傷つけ、

その傷ついた細胞からでる老廃物から、疲労物質』が作られます。

これが溜まることで『疲れ』として感じるそうです。

 

『疲労回復物質』が疲れをとる

『疲労物質』の増加に反応し、カラダは『疲労回復物質』を分泌します。

『疲労回復物質』
疲労物質を分解・除去したり、
活性酸素によって傷ついた細胞を修復してくれるのですが、

実は、
軽い運動をすることで、急速に増やすことが可能です。

 

軽い運動の目安は・・

ウォーキングゆっくりしたジョギング20〜30分ほど
が目安だそうです。
軽く汗ばむくらいでしょうか。
エアロバイクでも良さそうですね。

 

睡眠で『活性化』

分泌された『疲労回復物質』は、睡眠によって活性化します。
なかなか寝れないという人は、
カラダを横にするだけでも効果があるようですね。

より早く、疲れをとりたい人は
イミダペプチドの摂取が効果的なようです。

聞き慣れない単語ですね。
身近な食材だと・・『鶏の胸肉』です。

サプリメントでも売られています。
この栄養素自体が、疲労の原因である活性酸素を減らす抗酸化物質でもあるんですが、
なによりも、疲労回復物質の素になるんです。

 

◆まとめると、、

『疲れ』をとるには、

 →20〜30分の軽い運動をしてから
 →よく寝る

そして、
 →鶏の胸肉を食え!

ってことですね。
いや、、強調したいのは、『運動しよう』でした。笑
軽く運動してから、よく寝ましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top