知っトク ナビたん

Read Article

ヨーグルト ついてる砂糖の名前は?買える場所は?代用するには?

スポンサード リンク
ヨーグルト ついてる砂糖の名前は?買える場所は?代用するには?
この記事の所要時間: 213

2014 年の 2 月より、日本でもっとも有名なヨーグルトの 1 つ「ブルガリアヨーグルト」から添付の砂糖が消えます。

 

この砂糖、

「ヨーグルトには入れないけれど、料理に使ってる」

という人も多いんじゃないでしょうか。

 

これからは手に入らないの?

と思ったのですがちゃんと手に入るようです。

 

この記事では、ヨーグルトに添付されてる砂糖について紹介します。

スポンサード リンク

砂糖の名前は・・

 

フロストシュガー(顆粒状糖)といいます。

 

実は、日本の有名な砂糖メーカー、カップ印の“日新製糖”から販売されていました。

▽フロストシュガー

よく見ると、スーパーにも置いてあるほど一般的な商品だったようです。

知りませんでした。

せっかくなので、1 つ買っておこうと思います。

 

冷たい水にもサッと溶け、

湿気で固まることもないため、料理で重宝されますが、

その理由は何でしょう?

 

フロストシュガーが溶けやすいのは?

 

フロストシュガーは、

粉砂糖を機械で丸め、大型の粒にすることで作られます

イメージとしては、下のような感じですね。

2014_02_18_01_1

1 つ 1 つの粒が、粉砂糖で、

真ん中と、各粉砂糖の間には隙間があります

 

そのため、間に水が入りやすく、溶けやすいんですね。

また、粉末(ふんまつ)が巻き上がることもありません。

 

お菓子にも使える?

 

実はフロストシュガーはグラニュー糖から作られています。

そのため、砂糖としての純度が高く、

お菓子作りにも向いていますよ

 

むしろ、空気を多く含んでいるため、

ホイップクリームやメレンゲを作る時に入れると、より膨らみやすくなるというメリットがあります。

 

ちなみに、、自宅でフロストシュガーを作ることは出来ません

まあ、仕方ないですね。

代用する場合は、原料であるグラニュー糖で代用できますよ。

 

カロリーの違いはある?

 

砂糖とグラニュー糖、フロストシュガーで調べてみましたが、

同じ100グラムあたりのカロリーは、

上白糖:384kcal

グラニュー糖:387kcal

フロストシュガー:386kcal

と、大差ありませんでした。

 

ブルガリアヨーグルトの砂糖添付がなくなるのは、すこし残念ですが、

これからは、スーパーか通販で買うことにしましょう。

それでは。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top