知っトク ナビたん

Read Article

初めての美容室 お店選びに予約、当日の流れは?注意点は?

スポンサード リンク
初めての美容室 お店選びに予約、当日の流れは?注意点は?
この記事の所要時間: 1113

『もう少しオシャレしてみたい』

中学〜高校〜大学生にもなると、そう思うのは当然です。

 

そんな時に気になるのが、美容室の利用

 

しかし、おっさんが切ってくれる床屋と違い、

若く、オシャレな女性がカットしてくれるイメージの美容室

 

若い男性にとっては、

『なんか恥ずかしいなぁ』

『なにかミスして、笑われたらどうしよう』

と、入るだけでも少し勇気がいります。

 

この記事では、

そんな悩める若者が、初めて美容室を利用するときに知っとくべきポイントお届けします。

 

コレを知っておけば、少なくとも恥ずかしい思いはしなくて済みますよ。

スポンサード リンク

 

 

美容室と床屋、決定的な違い

 

私が初めて美容室を利用したのは、高校に入学する春の頃。

さすがに 16 歳にもなると、まわりもオシャレになります。

 

それまでは、知り合いのおじいさんがやっていた床屋に通っていたんですが、

自分だけが、いつまでも坊主やスポーツ刈りでは、少し恥ずかしかったんです。

 

それから、ずーっと美容室を利用してますが、美容室床屋では、

「髪を切る」

ということに対して、大きな違いがあります

 

それは、床屋が「長くなった髪を切ってもらう」という感覚なのに対し、

美容室は「髪を自分に似合うようにセットしてもらう」という感覚だということ。

 

カットの技術などの古い、新しいなどもあるでしょうが、一番違いを感じるのがココです。

 

つまり、

「全てお任せ」

ということが出来ないことが多く、

せめて

「全体的にどんな感じにしたいのか?」

を伝える必要があるんですね。

 

美容室を初めて利用する人は、ココロに留めておいて下さい。

 

 

お店を選ぼう

 

さて、美容室を利用してみようと思ってる人は、

まず、お店を選びましょう

 

田舎にある美容室だとホームページなど無かったりしますが、

都会にある美容室なら、まず間違いなくホームページ口コミサイトなどがあります。

 

そこで、

「若いお客さんと、年配のお客さん、どちらが多いのか?」

「女性客と男性客は、どちらが多いのか?」

「料金はいくらか?」

などを調べます。

 

 

若いお客さんが多いお店なら、若い人むけのカットが得意でしょうし、

男性のお客さんが多いお店なら、男性むけのカットが得意です。

 

また、料金を目安に、

美容室のランク(?)を判断することができます。

 

ランクは大きく分けて 3 つあり、

▷一般的な大衆店

どこの街にもある、よく見るお店。

カット料金:3000 〜 6000 円ほど。

▷少しオシャレなお店

少し隠れたところにあり、紹介制のところが多い(らしい)。

カット料金:6000 〜 20000 円ほど。

(私は東京に 1 店舗しか知りません)

▷高級店

完全紹介制で、高級。

(ということしか知りません・・)

カット料金:50000 〜 200000 円だとか。

というふうに、分かれています。

 

もちろん、オシャレなお店や高級店は、スタイリストのスキルがとても高く、

カットだけでなく、目的とする場所や、合わせる服に応じて、髪型をセットしてくれます。

 

ただ、

「美容室が初めて」という人は、一般的な大衆店を選びましょう。

 

私はかつて 1 回だけ、

自分の結婚式のときに「少しオシャレなお店」へ行きました。

 

確かに、全身に合わせてスタイリングしてくれましたが、

正直、『疲れた・・』というのが感想です。

 

細かいところまでこだわるのと、専門用語が多くて聞かれても分からなかったのが、その理由ですね。

 

「そこまでこだわらなくても良い」

「だけど、すこしオシャレしたい」

という人は、身近にある大衆店がオススメです。

会話・相談も気軽にできますし、リラックスして切ってもらえますよ。

 

お店が決まったら、次は予約です。

 

 

事前に予約を入れておこう

 

大衆店の場合、予約が無くても入れます。

ですが、事前に予約をした方が、実際に行ってからの流れがスムーズになりますよ

 

予約する時に伝える項目・確認する項目は、

以下の 4 つ。

▷いつ行くか

カットにかかる時間は、約 1 時間。

そこに、パーマやシャンプー、ヘアケアなど入れても、長くて 3 時間もあれば終わります。

これは、男性も女性も大差ないですね。

地域によって休みの日が異なるため、要注意。

 

▷お店に行く目的

美容院に行く目的を伝えましょう。

カットしたいのか、

パーマかけたいのか、

シャンプーやワックスを買いたいのか

など。

 

▷どんな髪型にしたいのか

ショップによっては聞かれないこともありますが、ぜひ『どんな髪型にしたいのか』を伝えておきましょう。

伝えておくことで、その髪型を得意とする人が、担当についてくれます。

 

▷必要な持ち物の確認

持参が必要な物があるか、確認しておきましょう。

というのも、私は求められたことがありませんが、たまに「シャンプーを持ってきて下さい」というショップがあるようです。

ウソかホントか分かりませんが、無いと困るでしょうし、確認はしておきましょう。

まあ、一般的な大衆店でそこまで求めるとは思えませんけどね。

 

 

初めての人は・・

 

そして、「美容室は初めて」ということで、

髪型を決められない人は、正直にそのことを伝えておいて下さい。

 

美容室の店員さんは、

「髪で人を魅力的にするプロ」

です。

 

髪の質や、髪の量、毛の伸びる方向などは人によって違うので、

素人が雑誌などで勉強して決めるより、素直に店員さんに相談した方が気に入る髪型と出会えますよ

 

また「初めてです」と伝えておいた方が、

コミュニケーションの上手なベテランさんがついてくれることが多いです。

 

「初めてで緊張する」という人のために、

予約の会話の一例をあげておきますね。

< 予約会話例>

『もしもし、カットの予約したいんですけれど』

「はい、お名前伺ってもよろしいですか?」

『◯◯と申します』

「はい、いつの予約がよろしいでしょうか?」

『来週の△△日の13時からお願いします』

「分かりました、カットはどのような感じにされますか?」

『あの、、実は美容院が初めてなので、お店に行ってから相談して決めても良いですか?

「はい、大丈夫ですよ!」

「それでは、△△日の13時、お待ちしております〜」

『よろしくお願いしますー』

という感じです。

 

予約ができたら、次は当日。

美容室に行くときに気をつけることと、当日の流れを説明します。

 

 

当日気をつけること

 

予約当日、

お店に行くときに気をつけることは以下の 4 つ。

・ワックスはしない。

・髪は洗ってから、または髪が汚れない午前中に。

・化粧もしない方がGood。

・髪の毛がついてもいい服装で。

 

ワックスがついていたり、髪が皮脂で汚れていると、

カットの前に髪を洗わなきゃいけません。

 

また、化粧をしてるとカットする人が「化粧を崩さないよう」に気を遣います。

 

そして、髪を切るので、服は汚れる可能性があります。

 

この 4 つを気をつけていれば、

あなたも、あなたを担当する人も、リラックスして進めることができますよ

 

 

当日の流れ

 

予約当日は、

以下のような感じで進んでいくことになります。

知っておくと、慌てることもなくなりますね。

 

▷受付

『13時から予約してる◯◯です』と、受付します。

 

「今日はカットだけですか?」

「それともシャンプーも合わせますか?」

など聞かれますので、

目的に応じて答えましょう。

ちなみに・・

ほとんどの美容室は床屋と違い、

シャンプーは有料です。

申し込まない場合はお湯洗いのみになりますよ。

(お湯洗いがない所もあります、はたいて終わり)

▷呼ばれるまで待つ

担当となるスタイリストの手が空くまで、ソファーなどに座って待ちます。

ここでメンバーズカードを作ることも。

漫画や雑誌を読んでてもオッケーです。

▷席に案内される

呼ばれて、席に案内されます。

呼ばれるまで行っちゃダメですよ。笑

▷スタイリストから挨拶、「今日はどうするか?」の確認

担当するスタイリストが挨拶として、かんたんな自己紹介をしてきます。

 

その後、

「今日はどうされますか?」や

「今日は◯◯でよろしいですね?」

と聞いてくるので、

予約で伝えた内容をもう一度伝えましょう。

髪型を相談するなら、このタイミング

▷カットが始まる

髪型が決まったら、カットが始まります。

 

スタイリストは、あなたの反応を見つつ、

何か話しかけてきたり、静かにしていたりと、

あなたに合わせてくれます。

 

話すもよし、

本を読むもよし、

目をつむってしまうもよし、

好きなように過ごしましょう

 

ちなみに、私は積極的に話すようにしています

その理由は後ほど

▷カットが終わったら、髪を洗う

カットが終わったら、洗面台に移動し、髪を洗ってくれます。

ここで、別途申し込みしていた場合はシャンプーもやってくれますよ。

 

ここで、スタイリストから、アシスタントに交代する美容室が多いです。

間違ってスタイリストについていかないよう、注意ですよ。

 

また、洗うときは、マスクやタオルなどで顔を覆ってくれるので、相手と目を合わせることはありません。

▷乾燥〜マッサージ

洗った後は、元の席に戻り髪を乾かします。

ここで頭皮や肩のマッサージをしてくれる美容室が多いですね。

▷髪をセットして終了

最後に、スタイリストがあなたの髪を整えて終了です。

ここで、ワックスをつけるか聞かれますが、初めての人は、ぜひつけてもらいましょう。

彼らはプロなだけあって、セットの仕方がとても上手です。

ワックスの付け方、自宅でできるセットの仕方など教えてもらうといいですよ。

 

 

『これから』につながる+α

 

以上、

「これから初めて美容室に行く」

という人には、役立つ内容だったんじゃないでしょうか。

 

最後に、私から

『これだけはやっておけ』

ということをお伝えして、終わろうと思います。

 

それは、上でも書いたように、

スタイリストと積極的に話すようにする

ということ。

 

というのも、

コミュニケーションをしっかりとれるスタイリストがたった 1 人いるだけで、髪型はどんどんオシャレにしていくことが出来るからです。

 

初めて行ったときは、無難な髪型を選ぶでしょう。

ですが、少しオシャレに慣れてくると、次のオシャレに進んでみたくなるんです。

分かりやすく言うと、ちょっとだけ冒険したくなるんですね。

 

そんなとき、

『次、こういう髪型を目指してみたいんですけど』

『どう思いますか?』

と素直に聞けるプロがいると、あなたに合わせた回答が貰えます

 

つまり、

冒険してみても失敗するリスクが減り、よりあなたに合った髪型が見つかる可能性が高くなります

 

“立場の違う人と意思疎通がとれる” というのは、大人になってからも求められるスキル。

最初は、少し恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出して話してみることをオススメします。

後々、役立ちますよ。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、

「人とのコミュニケーションが上手くとれない」

という人は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

 

▼オシャレ初心者におすすめのワックス。

使い勝手がいいので、本当にオススメです

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top