知っトク ナビたん

Read Article

副作用が無い!?最先端のガン治療『ハイパーサーミア』とは?

スポンサード リンク
副作用が無い!?最先端のガン治療『ハイパーサーミア』とは?
この記事の所要時間: 545

「ガンは治る病気」と言われるようになって、どのくらいになるでしょうか?

「治る」なんて言われながら、
日本国内での癌で亡くなる人数は増える一方。

そんな中、認知度は高くないものの、
「副作用が無く、完治率が高い」と言われる治療法、
ハイパーサーミアが注目されています。

その実際はどうなのか?
専門医の話を伺ってきましたので、紹介させていただきます。

スポンサード リンク

 

 

2013年3月には女優の“樹木希林”さんが「全身ガン」であることを告白し、
今年2014年の初めにはタレントの“やしきたかじん”さんが、
同じくガンが全身転移したため、亡くなりました

私も、
1年と少し前、癌で父方の祖母を亡くしました
大腸ガン肺ガンの併発でした。

そのさらに1年少し前には、母方の祖母も亡くしてます
こちらも胃ガンでした。

「ガンは治る」と言われながら、
『やっぱり治らないじゃないか・・』と悲しくなったのを覚えています。

ところが少し前に、
「完治率が高く、副作用がない」という、
“ハイパーサーミア(温熱療法)”を知りました。

人のつてで、その専門医(熊本の鶴田病院、川畑先生)のお話を伺う機会があったので、少しまとめてみたいと思います。

 

ハイパーサーミア(温熱療法)とは?

簡単に言うと、

ガンの患部と周辺を専用の装置で加温し、ガン細胞を破壊、周辺細胞を活性化させて治癒力を高める治療法

です。

ガン細胞は42℃以上になると、焼けて縮小し
その患部周辺は40℃くらいになるため、細胞が活性化し、再生力が高まるんだそうです。

加温するため「温熱療法」と言われるんですね。

その川畑先生曰く、、
「頭と眼、血液以外のガンは、全て治せます」だとか。

実際に彼は、いくつもの臨床で結果を出しているそうです。

 

そう言われると、
気になるのはそのメリット・デメリット

本当に副作用はないんでしょうか?

 

ハイパーサーミアのメリット・デメリット

みなさんは「良い話」「悪い話」
どちらから聞きたい派でしょうか。

私は「良い話」から聞きたい派なので、
まずは『メリット』から話します。

・ガンの局部に集中して治療が可能なため、他への負担が少ない
・細胞の活性化に伴い、薬物療法の効率も上がる
・薬物投与の量を減らせるため、カラダの負担が少ない
・ガンの進行度合いに関係なく効果があるため、末期癌からの治療も可能
・ガン治療に対しては、保険が適用される

という所です。
なんだか夢のような治療法ですね。

保険が適用されるため
月2回の施術で治療費は約30,000円ほどだそうです。

完治までの期間は半年〜2年半
ここは人それぞれです。

 

それじゃあ、次は『デメリット』

・施術を受けられる病院が、とても少ない
・療法を理解している医師が少ない
・施術できない患部がある(脳、眼、血液)
・副作用は無いわけではない

というところ。

お話を伺った川畑先生も話してましたが、
「温熱療法を受けられる病院は、ホントに少ない」
「受けられるところでも、効果や副作用の度合いに差がある」とのこと。

都内でも受けられる病院はあるようですが、
九州や関西にある病院の方が、温熱療法に理解のある医師が多いんだとか。

 

日本全国のガン治療が可能な病院のうち、
ハイパーサーミアを導入しているのは5%未満

その理由としては、
「何度治療しても保険点数が変わらず、病院の経営上のメリットが少ないため」
だそうです。

だから、医師のほとんどは話に出さないんだとか。
まあ、仕方ないのかもしれません。。

 

私の祖母の話をしてみたところ、
「石川県(私の実家)で施術できる病院は無かった気がします」
「もし、私のいる病院(熊本)で受けるとしても、移動や慣れない環境への適応を考えると、難しいところだったんじゃないでしょうか」
と言われました。

確かに、そうかもしれません。

 

また、
「副作用も無いわけではない」とのこと。

ガン細胞といえ、温熱で焼き殺すわけですから、
カラダにとっては負担になります。

患部がカラダの表面に近ければ、
それは火傷に近い副作用として出てくることになりますね。

実際に、東京の病院で火傷に近い副作用のため、
治療を断念した例などが、web上で見かけられます。

 

とは言え、
薬物療法で闘病し、副作用の痛みに苦しむ祖母を見てるため、

「火傷ギリギリ」とか、
「背中がレア一歩手前」なんていう一種ネタのような記事を見ると、

副作用の度合いや、施術リスクは、
温熱療法の方が、はるかにマシなんじゃないかと思います。

少なくとも私は、
薬物療法の副作用をネタにしてる人は、見たことありませんから・・。

 

みんなで、ガンと向き合う

今の医学では、
『ガンを完治させること』は可能でも、
『ガンを無痛で治療する』のは不可能なんじゃないかと思います。

「副作用がない」なんて言われますが、
ガンという患部に作用してる以上、副作用は必ずあります。

ただ「その程度が小さい」ことを、
「副作用がない」と言ってるだけだと思うんですね。

 

先生曰く、

ガンにかかると、多くの人は絶望し、
「もうダメだ・・」と生きる気力を失うんだそうです。

気力を失うと、
ガンの苦しみ治療の副作用に立ち向かうことが出来なくなります。

「絶対に治す!」という
本人と家族の強い意志がないと、ガンは克服出来ないそうです。

 

その強い意志が消えてしまわないように、

「治療法はいくつかある」
「だけど、そのいずれもメリット・デメリットがある」
「治したいなら、副作用は覚悟する」

治療を受ける人や、その家族は、
これを前提として受け入れておくといいんじゃないかと思います。

 

その上で、
より負担が少なく、完治する可能性の高い、
“ハイパーサーミア”という治療法を選んでみる

そうすれば、
気力も維持でき
ガンを克服できる可能性が高まるんじゃないでしょうか。

 

以上、ハイパーサーミア(温熱療法)について、まとめてみました。

最近は、セカンドオピニオンとして相談される方も多いそうです。
今の治療法に不安がある方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

また、温熱療法と言いながら、
実態は単なる岩盤浴のような治療法を提供してくるクリニックもあります。

病院を探す際は、ご注意ください。

 

ちなみに、お話を伺った鶴田病院の川畑先生
実はTwitterをやっております。笑

彼のアカウントはコチラ
ちょっとしたことなら、ここから相談してみてもいいかもしれませんね。

それでは。

 参考:鶴田病院HP http://kakuyuukai.or.jp/tsuruta/visitor/warm/

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top