知っトク ナビたん

Read Article

かゆい!蚊に刺されたとき かゆみを消し去る方法!

スポンサード リンク
かゆい!蚊に刺されたとき かゆみを消し去る方法!
この記事の所要時間: 435

少し暖かくなってくると急に増えてくる、

 

日本の亜熱帯化に伴い、ここ数年は、5 月 〜 11 月のあいだ、暖かい静岡や西日本では 12 月でも蚊がいるとか。。

 

刺されると、ホントうざったいですよね

 

この記事では、

蚊に刺されてしまった時、かゆみを取る方法を紹介します。

 

いずれも、私が試して効果を実感したものです。

 

「私、よく刺されるの!」

って人は、知っとくと便利ですよ。

スポンサード リンク

 

 

目次

 

 

 

かゆみを取るには、”タバコ”か”氷”。

 

「早くかゆみを消したい!」

という人が多いと思うので、まずかゆみを消し去る方法から紹介します。

 

「かゆい!」

「蚊に刺された!」

そんなときは、“タバコ”“氷”を使いましょう

 

それぞれ、“熱”“冷”という、全く反対の対処法です。

それぞれ紹介しますね。

 

あなたの状況に合った方法を、お試しください。

 

 

熱で抑える。

 

タバコを持っている人は、

タバコに火をつけ、それで患部をあぶりましょう。

 

実際に友達にやってもらったのですが、かゆみがとまりました。

 

「ううっ・・あっつっ!」

という、火傷の一歩手前くらいまで、あぶるのがコツです。

 

しかし、決して、直火ではやらないで下さいね

熱の調節ができないため、とても危険です。

 

 

氷で抑える。

 

タバコがない人は、氷を使いましょう

氷がない場合、冷たい水でも大丈夫です。

 

氷(または冷水)を刺された箇所にあてて、冷やします。

 

冷やすことで、毛細血管が収縮し、かゆみの元が広がるのを防げます。

 

ただ、

あくまで「かゆみを抑えるだけ」なので、効果は 1 時間ほど。

 

暑い日は、冷やした後にムヒなどを塗っておきましょう。

 

 

なぜ、”かゆみ”が消えるのか?

 

以上 2 つ、全く反対の対処法ですが、

なぜ、”かゆみ”が消えるのでしょうか?

 

少し、詳しく説明します。

 

あなたは、そもそも、

蚊に刺されたときの”かゆみ”が何なのか、ご存知ですか?

 

実はあれ、

蚊の唾液に含まれる物質による、アレルギーなんです。

 

蚊は、私たちの肌につかまると、

針のような口を、血管に突き刺します。

 

その時に、

皮膚の麻酔と、唾液の凝固を防ぐために唾液を出すんですね。

 

この唾液に含まれる”ヒスタミン“という物質が、

私たちのカラダに入ることで、アレルギーを起こし、

 

その結果、

私たちは”かゆみ”を感じます。

 

つまるところ、

“かゆみ”を消すには、

▷ヒスタミンを無くす

▷ヒスタミンが広がらないようにする

のいずれかが有効というワケです。

 

だから、

ムヒなどの虫さされ用塗り薬には、“抗ヒスタミン剤”が入っているんですね。

 

ここで、上の 2 つの方法を見てみると、

タバコを使う方法は「ヒスタミンを熱で分解(約83〜84℃)する

氷を使う方法は「毛細血管を収縮し、ヒスタミンが広がらないようにする

という仕組みで、”かゆみ”が消えてるのが、分かります。

 

この仕組みが分かっていれば、今回紹介した以外の方法でも、かゆみを消すことができるかもしれませんね。

 

 

やると、後悔すること。

 

また、当たり前かもしれませんが、

以下 2 つはやらない方がいいですよ。

▷掻くこと

刺された箇所が刺激され、ヒスタミンが広がり、かゆみが悪化します。

▷温めること

「熱くない」程度に温めると、血管が拡張し、よりかゆくなります。

 

 

熱い時期は、蚊の季節。

温暖化が進むこれからは、ますます蚊に悩む期間は長くなるでしょう。

 

この方法を覚えておくと、きっと役立ちますよ。

 

それでは。

 

また、

「私、蚊に刺されやすいの」

という人は、

刺されにくくなる方法を知っておくと、きっと幸せになれます。

 

3 分ほどで読めるので、あわせてどうぞ。

 

 

繰り返し使えて、溶けない氷があると便利ですよね。

▼普通の氷がわりに使ってみては?

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top