知っトク ナビたん

Read Article

走ったあとの頭痛。何が原因?対処法は?

スポンサード リンク
走ったあとの頭痛。何が原因?対処法は?
この記事の所要時間: 332

急な運動やマラソンで激しく走ったときに起こる、頭痛

「すぐに治るさ」なんて思っていても、なかなか治らなかったりしますよね

 

この記事では、走った後の頭痛の原因と対処法について、ご紹介します。

スポンサード リンク

 

 

頭痛の原因は4つ。

 

走ったあとの頭痛の原因は、主に 4 つ考えられます。

▷脱水症状

▷低血糖

▷低ナトリウム血症

▷酸欠

です。

それぞれ、順番に症状と対処法をご紹介しますね。

 

 

脱水症状による頭痛。

 

後頭部が重く・鈍い痛みが続く

そんな頭痛であれば、脱水症状が原因です。

 

カラダの中の水分が減り、血液の循環が悪くなることで脳の血管が拡張し、神経を刺激するために起こります。

熱中症とも関わりが深く、暑い日に走るときは注意が必要ですね。

 

対処するには『水分補給』を行いましょう

マラソンやランニング、ジョギングなどによって起こった場合は、走った直後だけでなく、帰宅中や帰宅後も飲むようにします

 

また、その頭痛はカラダが求めて血管を拡張しているものです。

薬で頭痛を抑えることは控えましょう

 

 

低血糖症による頭痛。

 

頭痛と合わせて、めまいと吐き気を感じる

そんな症状が出たときは、低血糖が原因です。

 

マラソンやランニングなど、特に激しく運動した後に出やすい症状で、体内の血糖値が下がることで頭痛が起こります。

 

対処するには『飴をなめる』・『スポーツドリンクを飲む』などが有効です

「スポーツドリンクが嫌い」という人には、オレンジジュースなどでも良いようです。

 

食事を抜くと起こりやすく、スポーツ前にしっかり糖質を摂ることで、回避することができますよ。

 

 

低ナトリウム血症による頭痛。

 

カラダがだるくて、食欲がない、頭も痛い

この症状が出たときは、低ナトリウム血症が原因です。

 

大量の汗をかいたり、食事を抜いたりすることで体内の塩分が不足し、そこに水分だけを補給することで起こります。

 

対処するには『塩熱飴』や『塩熱サプリ』を摂るのが有効です

「たくさんの汗をかいた」と感じるのであれば、スポーツドリンクも合わせて摂りましょう。

 

かつて「昔は、朝礼の校長先生の話(長い)で倒れる人がいて、その原因が、朝食のみそ汁を抜いたからだ」なんて話を聞いたことがありますが、これも低ナトリウム血症によるものなのかもしれませんね。

 

「今日、朝食を食べていない」という人や「スポーツドリンクは嫌いだ」という人は、要注意です。

 

 

酸欠による頭痛。

 

急に走った後に、頭痛が

そういう人は、酸欠が原因です。

 

急な激しい運動によって酸素が全身にいきわたらず、血中の酸素濃度が低くなることで起こります。

対処するには『ゆっくり深呼吸をし、横になって休みましょう』

 

また、スポーツをした後に症状が出たのであれば、今のカラダには合っていない運動なのだと思います。

もう少し軽い負荷の運動から始めてみましょう。

10 分ほどかけて、しっかりと準備運動をすることで、酸欠による頭痛を避けることができますよ。

 

 

最後に。

 

急な激しい運動の後の「酸欠による頭痛」は、分かりやすいですが、

「その他の頭痛」は、どれか 1 つが原因というわけではなく、複数の原因が重なることも考えられます。

 

もし、「運動した後は毎回あたまが痛くなる」というのであれば、一度内科にかかってみた方が、良いかもしれません。

 

それでは。

 

▼ランニングの前後にどうぞ

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top