知っトク ナビたん

Read Article

家庭菜園。大量に発生するケムシ。駆除するにはどうしたら?

スポンサード リンク
家庭菜園。大量に発生するケムシ。駆除するにはどうしたら?
この記事の所要時間: 70

4月〜6月、8月〜10月にかけて増える毛虫

庭で畑をやっている人にとっては、深刻な問題ですよね。

実はつい先日、我が家でも大量の毛虫の発生を確認しました。

そして本日、駆除をしたので、そのポイントについてまとめました。

 

タイミング、準備するもの、使用する農薬、駆除の方法、注意点などについて、ご紹介します。

 

「うちにもいるなぁ」という人は、

今週末にでも対応することを、オススメします

スポンサード リンク

 

ケムシを駆除する、タイミングはいつ?

 

大量に発生した毛虫

しっかりと根絶したいのであれば、ケムシが幼体のうちにやりましょう。

 

というのも、体長が大きくなると、殺虫剤の効果が薄くなってしまうんです。

春なら 4 月中旬 〜 5 月のゴールデンウィークの連休明けにかけて、夏ならお盆すぎに、駆除をしたいところですね。

 

幼体の大きさは、成体である蛾(が)や蝶(ちょう)によって、異なりますが、

だいたいの目安としては、 5 mm 〜 2 , 3 cmの間くらい。

そのサイズであれば、ホームセンターや農協で一般的に売られている殺虫剤で駆除ができますよ。

 

ケムシの駆除に必要なものは?

 

ケムシを駆除するために、必要なものは以下の通り。

▷殺虫剤

後ほど、詳しく紹介します。

 

▷噴霧器

駆除する規模によりますが、一般家庭なら 4,5 ℓサイズのもので十分です。

価格も 2,000 〜 3,000 円ほど。

 

▷長袖、長ズボンの作業服

ケムシの毛や、薬剤が皮膚に触れるのを、防ぐためです。

 

▷軍手

ケムシに触れる可能性があるため、必須です。

 

▷農薬散布用マスク

殺虫剤を吸ってしまわないように、必ず専用のものを着けましょう。

 

▷ゴーグル(目を覆えるもの)

目に入ると危険です。こちらも必ず着けましょう。

どの殺虫剤を選ぶかによりますが、全部そろえても 4,000 〜 5,000 円程度で揃います。

 

使用する農薬は、どれがいい?

 

農薬・・殺虫剤ですね。

スミチオンマラソン、二つを合わせたマラチオンなどが有名ですが、

庭で家庭菜園をされてる方は、”トレボン乳剤”という殺虫剤をオススメします

サイズは、100mlで十分ですよ。

2014_04_22_01_2

 

これはJA(農協)の担当者に教えてもらったのですが、

スミチオンやマラソンなどの有機リン系殺虫剤は、作物にたいして毒性が強く出るそうです。

 

特に、アブラナ科の野菜である、白菜カブカリフラワーキャベツ大根チンゲンサイ小松菜などの、春先に家庭菜園で作られるような作物に対しては、毒性の影響が大きいのだとか。

 

一方、トレボン乳剤は、キャベツ、大根、白菜、カボチャ、キュウリやスイカ、ナスやトマト、オクラにネギなど、多くの野菜に使用することができます

 

価格は、スミチオンやマラソンが 100ml で 300 〜 500 円、トレボンは 100ml で 1,000 円ほどと、差があります。

しかし、作物を安全に作るためには、トレボンの使用をオススメしたいところ

 

ちなみに、私が庭に植えているものは、ブルーベリー、ビルベリー、ラズベリー、ツツジ、ナス、キュウリ、トマト、ゴーヤ、カボチャ、ピーマンですよ。

『これにあった薬剤を』ということで、トレボン乳剤をオススメされました。

 

ただ、作物と離れた場所(建物の外壁やコンクリートなど)で使用する場合は、スミチオンやマラソンで十分ですよ。

 

ケムシの駆除の方法は?

 

必要なものが揃ったら、すぐに駆除を始めましょう。

駆除効果の有無は、時期がとても重要です

 

大きくなると効かなくなる、というのもあるのですが、

それ以上に、ケムシが散らばってしまうことによって、駆除する範囲が広くなるということがあるんです。

 

最初に『今週末にでも』という言い方をしたのは、

『出来るだけ早く駆除しないと、駆除の範囲が広がってしまうために、大変ですよ』という意味合いがあります。

ですから、時間が取れ次第、即行動に移すことをオススメします。

 

では、実際に駆除するには、どうするのか?

以下の手順でやりましょう。

 

▷駆除する場所をチェック。

樹木や野菜の葉や、家や倉庫の壁を確認し、ケムシの卵やケムシの幼体が群生していないかを、確認します。

ケムシの卵とは、以下のようなもの。

⇒ケムシの卵と周りに密集するケムシの幼体。
(ちょっと気持ち悪いので、閲覧注意です)

 

5 mm程度のケムシを見かけ始めた頃は、まだ全ての卵が孵(かえ)っていません。

1 , 2 割ほどの卵が孵り、残りの 8 , 9 割は孵らないか、孵っても卵の周りに群生しています。

 

このタイミングで駆除ができると、とても効果があるんですね

そのため、密集している場所はないか、しっかりと確認しましょう。

私が駆除してみて卵や群生を見つけたのは、以下のポイントでした。

・建物の北側

・屋根の下など、日光の当たらない場所

・湿気のあるところ

探す際は、参考にしてみて下さい。

▷噴霧器に殺虫剤と水を混ぜる。

噴霧器に先に水を入れ、後から薬剤を混ぜます

薄める割合は、駆除する虫や育てている作物によって異なりますが、約 1,000 〜 4000 倍ほど。

 

私は、上記の作物には 2,000 倍、家の外壁やコンクリートの地面、卵などは 500 倍に薄めて使用しました。

2,000 倍でも、十分な即効性が確認できましたよ。

▷作業服、軍手、ゴールグ、マスクを着用する。

最低限、この 4 つは装備しましょう。

 

ケムシの毛に触れれば炎症を起こしますし、

霧状になった薬剤を吸ってしまえば、とても気持ち悪くなります。

(不注意で吸ってしまい、実際になりました・・)

▷噴霧器をストレート〜霧の間で切り替えつつ、駆除作業。

糸でぶら下がっているケムシや、密集してるケムシには、で、

卵にはストレートで薬剤をかけることで、両方を駆除することができます。

 

卵は高い屋根の下などにもあるため、外で使用する台があると、便利ですよ。

▷卵や群生を駆除したら、30分後に再度駆除。

卵や群生を駆除すると、生き残りのケムシが広がります。

糸にのってフワフワと浮かんでくるので、”ほうき”などで払い、薬剤を再度かけて、完了です。

▷噴霧器や衣類、自身の洗浄。

駆除が終わったら、噴霧器をしっかり洗って下さい。

 

また、他の殺虫剤に使用するのは良いですが、除草剤などには使わないように。

もし除草剤が残っていると、作物が枯れてしまいます。

 

そして、衣類や頭などに薬剤が付着しているため、

衣類は他の洗濯物とは別に洗い、しっかりとシャワーを浴びましょう。

 

ケムシが出たときは、洗濯物に注意。

 

毛虫が出る時期は、鯉のぼりを上げたり、布団や洗濯物を外に干したりする時期と重なります。

そのため、家の中にも入ってきやすく、思わぬところで「毛虫に刺された」ということがあるんですね。

 

ですから、毛虫が家の周りに見えるようになってきたら、駆除するまでは外に出すものには注意が必要です。

特に皮膚の弱いこどもの衣類などは、家の中で干すことを心掛けて下さい。

 

また、4 月 〜 5 月、 8 月 〜 9 月の駆除を逃してしまった場合、

6 月、 10 月に入るころには、 5 〜 10 cmサイズの毛虫が出てきます。

 

そうなると、上記の方法で駆除ができないため、

別の方法で駆除することになります。

 

詳しくは、こちらにまとめてあるので、

必要な方は、確認しておいて下さい。

▷『家庭菜園。夏〜秋に増える大きな毛虫。駆除するには?』

 

それでは。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top