知っトク ナビたん

Read Article

大人も納得!子供がいうことを聞かない理由。

スポンサード リンク
大人も納得!子供がいうことを聞かない理由。
この記事の所要時間: 310

子どもが言うことを聞かない

子育てをしていると、ちょくちょく聞こえてくる言葉です。

 

しかし私は、『それ、ちょっとおかしくないか?』と思うんですよね。

 

この記事では、

大人も納得できる、”子供がいうことを聞かない理由”について、ご紹介します。

 

あなたが言われたら、どう思う?

 

「こどもが言うことを聞かない」という、あなたに質問です

こどもに向けてる言葉、あなたが言われたらどう感じるでしょうか?

 

同じこどもの立場で、

同じことを言われたら、

素直に「言うことを聞こう」と思いますか?

 

もし、思えないのであれば、

少し、子供に対する考え方を改めた方がいいかもしれません

 

子供は、親の道具じゃない。

 

私の母親もそうなのですが、

そもそも、なぜ「子供は親の言うことを聞いて当然」と考えてるんでしょうか?

 

親が絶対に正しい。親は絶対に間違わない。

そう信じているのでしょうか。

 

ありえないですよね?

 

子供だって、同じ人

ただ、親が先に生まれて、社会を知って、そして子供が後で生まれてきた。

それだけですよ。

 

教える・教わるの関係にしても、「親が子どもに教える」だけじゃありません。

「親が子どもから教わる」ことだって、沢山あります。

 

そう。

親と子どもは、対等の関係なんです

 

子どもは、

親の奴隷でも、召使いでも、ましてや何でもやってくれる道具でも、ありません。

 

あなたと同じ、人です。

ただ、あなたより後に生まれただけ。

 

だから、

“あなたが言われて嫌な気分になること”を言われたら、

あなたと同じように、”嫌な気分”になるんです。

 

「面白くない」んです。

あなたの言うことを聞かなくても、当然じゃないでしょうか。

 

これが、

「子どもが言うことを聞かない」の正体です。

 

しかし、子どもは純粋。

 

ただ、面白いことに、

子どもが “あなたの言うこと” は聞かなくても、

“他の誰かの言うこと” は聞いたりします。

 

この違いは何なのか?

 

私が、両方の親を見てきて感じるのは、

こどもが言うことを聞く人、こどもが「好き」という人は、

例外なく、こどもの意思を尊重しています

 

例えば、

親「お家かえるよー」

子「やだー」

親「じゃあ、あと 3 回やったら帰ろうか?

子「うんー」

というふうに、最初から子どもを否定しません

だから、子どもも納得するし、親もラクです。

 

これが、

親「お家かえるよー」

子「やだー」

親「ダメ!帰るよ!

子「ぎゃー!!」

となると、子どもは親の言うことを聞かなくなります

 

自分のことを聞いてもらえないのに、親は「自分の言うことを聞け」という。

そりゃ、不満も溜まりますよね。

 

「子どもが言うことを聞かない」という人は、

少し、子どもに対する接し方を見直してみては、いかがでしょうか?

 

ただし、

▷命の危険があること

▷人としてダメ!なこと

の 2 つについてだけは、

なんと言われようと、なんと思われようと、

譲ってはいけません

 

そこだけは、人として大切なことですね。

それでは。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top