中の人に聞いてみた。

 

どれだけ調べても明確な回答がないため、直接問い合わせてみました

そのやり取りが、こちら。

▷質問

2014_04_24_03_2

▷回答
2014_04_24_03_3

 

結論、

“P.TL”で作成した短縮URLに、期限はありません

Pixivが運営を止めない限り、その短縮リンクはずーっと生きています。

 

Twitterからのスパム認定も解消。

 

アカウントが不要で、誰でも気軽に短縮URLを作成できる、”P.TL”。

実は、その手軽さから、過去にスパムリンクの作成に利用されたこともあります。

 

その影響で 2011 年、Twitter社は ” p.tl ” を全面ブロックし、“P.TL”を通したリンクが投稿できなくなりました

 

しかし、 2014 年 4 月現在、その規制は解除されているようです。

実際にTwitterホームからと、アプリからの 2 つを投稿してみましたが、問題なく投稿できました。

2014_04_24_03_4

 

 

短縮できないときは?

 

数あるURL短縮サービスの中でも、ダントツで使い勝手の良い、”P.TL”。

しかし、たまにURLが短縮できないことも・・

それは、” $ ” や ” % ” などの記号が多く使用されているURLを短縮するときです。

 

 

そんなときは、Googleの提供する ” Google Url Shortener ” を使って下さい

こちらなら、ほとんど短縮できますよ。

 

状況に応じて、使い分けていきましょう。

それでは。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top