知っトク ナビたん

Read Article

『神奈川新聞花火大会』おすすめのスケジュールと混雑具合について

スポンサード リンク
『神奈川新聞花火大会』おすすめのスケジュールと混雑具合について
この記事の所要時間: 539

毎年 30 万人近くが訪れる、神奈川新聞花火大会

その混雑状況は、どの程度でしょうか?

 

この記事では、学生時代は毎年デートしてた私が、

神奈川新聞花火大会の混雑状況と、混雑を回避する方法(スケジュール)について、ご紹介します。

 

「初めて行く」という人は、参考にしてみて下さい。

スポンサード リンク

 

 

混雑する場所と時間について。

 

神奈川新聞花火大会の当日、混雑する時間と場所はそこそこ限られています。

詳しくは、次の通り。

 

▷ 午前中 〜 12 時

まだほとんど込みませんが、横浜全体で、いつもより多くの人が見られます。

若い人が多いので、花火ついでのデートでしょう。

 

▷ 12 時 〜 15 時

“赤レンガ倉庫” “高島水際線公園” で、場所取りが見られます。

ただ、この時間なら、まだ場所取りも余裕。

私が大学生だった頃は、無料だった “臨港パーク” が激混みでした。

しかし、2011年から有料化されてるため、この時間ではそれほど混みません。

 

▷ 15 時 〜 16 時

横浜駅桜木町駅みなとみらい駅周辺に人が増え始めます。

“赤レンガ倉庫” と “高島水際線公園”、”ホートサイド公園”、”ワールドポーター”、”山下公園” の周辺にどんどん人が集まってきます。

打ち上げ場所近くでの場所取りは、難しくなってくる頃

近くの飲食店も、ほとんど席はありません

 

▷ 17 時 〜 18 時

横浜駅、桜木町駅、みなとみらい駅、関内駅はかなり混雑します

また、一部歩行者天国となっているため、路上にシートを敷いてる人も見られます。

 

打ち上げ場所近くの “臨港パーク” 周辺は、歩くのも大変なほど混んできます。

“高島水際線公園”、”ポートサイド公園” は場所取りは不可能で、立ち見する場所もなかなか見つからないほど。

“赤レンガ倉庫”、”ワールドポーター”、”山下公園” については、場所取りは難しいですが、立ち見する場所は見つかります。

 

▷ 18 時 〜 19 時(開始)

トイレが混みます

特に女性トイレは 10 〜 20 人ほどの行列が見られる場所も。

 

駅周辺も相変わらずで、駅周辺の道路は激混みです。

みなとみらい駅 〜 “臨港パーク”桜木町駅 〜 “赤レンガ倉庫”横浜駅 〜 “高島水際線公園” , “ポートサイド” にかけては、人が多すぎてゆっくり歩くしかありません。

イメージは、休日の原宿

 

また、喫茶店から花火を見る人も多く、意外と飲食店の席は空きません。

 

▷ 19 時 〜 20 時

花火が始まると、会場周辺は混みますが、道路は人が減ってきます。

20:30 の終了を過ぎると、また混み始めるため、 20 時頃に切り上げるのがベストですね。

 

▷ 20 時 〜 21 時(終了 20:30 )

20 時を過ぎると、少しずつ帰り始める人が見かけられます。

実は、この 20 時ごろが一番道が空いていて、歩きやすいです。

 

20:30 に花火が終わると同時に、道に観覧者が溢れるため、帰り道は歩くのが困難なほど混みます

イメージとしては、朝の通勤電車が止まったときの、品川駅改札のようです。

あの行列が、駅までずーっと続きます。

 

当然、電車も激混みです。

 

私は、かつて “臨港パーク” で見ていたとき、20:30 に帰り始めて、桜木町駅で電車に乗ったのが 22:30 だったことがありました。

1.5 kmほどを、 2 時間かけて歩いたことになりますね。

 

「ゆっくり帰る」なら、電車に乗るのは23時を過ぎます。

そのつもりでいて下さい。

 

▷ 21 時 〜 22 時

駅周辺&電車内は激混みです

桜木町駅・みなとみらい駅では、「石川町駅まで歩いて下さい」なんていう案内や看板が見かけられます。

こんな疲れてるのに、歩けるわけないだろう・・。

 

駅に入ると、切符を買う・PASMOやSuicaにチャージするにも、 20 人以上の行列が

事前に買っておく・チャージしておくのが賢いですね。

 

また、横浜中華街に繰り出すカップルも多いようで、中華街もかなり混みます

この時間帯では、周辺のホテルも入れませんし、ラブホもほとんど埋まっています。

 

近くの喫茶店もなかなか席が空かないため、大人しく帰るのが良さそうです。

 

▷ 22 時 〜 23 時

ようやく人が減り始め、歩きやすくなってきます。

しかし、相変わらず喫茶店や居酒屋などの飲食店は混んでいるため、なかなか入れる場所が見つかりません。

 

▷ 23 時 〜

歩く人は、かなり減ってきます。

この時間になると、駅も電車内も空いてきます。

それでも、座れないこともありますが。

 

 

混雑を避けるには?おすすめのスケジュール

 

何年も参加してる私の経験を元にすると、

混雑をできるだけ回避するには、◯◯分前行動が有効です。

 

まあ、”分”という表現には少しムリがあるのですが、

開始前: 120 分( 2 時間)前に会場へ

終了前: 30 分前に帰宅を開始

とすることで、花火を楽しみつつも、かなり混雑は避けられます。

 

オススメの行動スケジュールとしては、

▷ 〜 15 時:場所取り

▷ 15 時 〜 17 時:デート

▷ 17 時:取った場所に到着

▷ 17 時 〜 19 時:二人(みんな)で楽しみつつ、時間が近くなるまでに片付けを終える

▷ 19 時 〜 20 時:花火を楽しむ

▷ 20 時:帰宅開始

▷ 20 時 30 分:駅到着→帰宅

という感じになります。

 

このスケジュールが、最も混雑を避けられて、しかも花火とデートを楽しめるスケジュールでした。

神奈川新聞花火大会に参加する人は、参考にしてみて下さい。

 

それでは。

 

▼泊まりを考えるなら、勝負下着も用意しましょう

女性なら「オープンクロッチ」なんてどうでしょう?

ちなみに、ホテルはラブホも満室になるため、泊まるなら予約は必須です。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 台湾人です~八月に花火大会へ行くつもりで、今は穴場などを探しています。
    ありがとうございます。勉強になりましたよ!♪♪♪^_^
     

    • >>つばささん
      かなり混みますが素晴らしい花火大会ですよ!
      バッチリ備えて、楽しんで下さい♪

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top