知っトク ナビたん

Read Article

電子レンジが温まらない。”置く位置”と”掃除”で解決!

スポンサード リンク
電子レンジが温まらない。”置く位置”と”掃除”で解決!
この記事の所要時間: 256

「電子レンジをかけたけれど、温まらない」

「温まりにムラがある」

 

それ、“温めるものを置く位置” と “掃除” で解消できるかもしれません

スポンサード リンク

 

 

料理を置く位置は、どこ?

 

あなたは電子レンジを使う時、“温めるもの” をどこに置きますか?

ターンテーブル(丸い台)の「外側」ですか?それとも「中央」ですか?

 

実は、電子レンジは、ターンテーブルの「外側」に置いた方が、料理が温まりやすくなります。

逆を言えば、「中央」に置くことで、熱い部分と冷たい部分がでてきますよ

 

その理由は、料理の位置が移動しないことによって、電磁波が届かない部分がでてくるから

つまり、「なんだか温まりにくい」「温めたのに冷たい部分がある」という時は、ターンテーブルの端に置いて温めると良い、ということですね。

 

また、複数の料理を同時に入れたとき、それぞれの料理の間に隙間がない場合も、加熱ムラに繋がります。

1 つずつ温めるか、十分な隙間を作って温めましょう

 

 

掃除で解消。

 

電子レンジは、食べ物のクズ飛び散ったソースなどの汚れがついていると、電磁波が散ってしまい、加熱効率が悪くなるのだそうです。

「以前に比べて、温まりにくくなった」というときは、中が汚れているのかもしれません。

レンジを掃除してみましょう。

 

以下の方法でやると、かんたんに汚れを落とすことが出来ますよ。

▷耐熱皿に水を入れ、レンジで温める。

▷沸騰し、レンジの扉が曇ってきたら、レンジを止めて 2,3 分放置する。

▷コンセントを抜く。

▷汚れに水蒸気が染み込んでいるので、レンジの内側を布巾で拭きとる。

特に、レンジの天井のプレートはとても汚れています。

しっかり、拭き取りましょう。

 

また、重層炭酸ソーダレモンを水に入れると、汚れが落ちやすくなり、レンジ内の匂いも取れますよ

 

 

修理するより、買い換える?

 

「明るくなってターンテーブルも回るのに」

「全く温かくならない」

それは、マグネトロンという電磁波発生装置の故障かもしれません。

新しいレンジの買い換えか、修理を検討しましょう。

 

レンジは、マグネトロン装置が主体の製品で、この装置は年月とともに劣化します。

そのため、修理するには装置の交換が必要になるのですが、

一般的な修理費用は、新しい装置の代金+訪問代+修理代で、約 20,000 円ほど

意外と値がはります。

 

また、「部品だけ取り寄せてDIYしようか」という人がいれば、止めておきましょう。

電子レンジは簡単な構造をしているそうですが、それは専門知識を持つ人から見た場合。

コンセントを抜いても、内部の回路に数千ボルトの電気が残っているため、知識がない人が触れると感電の危険がありますよ。

大人しく、プロに任せましょう。

 

ただ、値段を考えると、修理するよりも買い換えた方がお得かもしれません

「全く温まらない」ということになったら、買い換えも考えてみてはどうでしょうか。

 

それでは。

 

 

Amazonでは毎日、タイムセール在庫一掃セールが行われています

▶︎安く電子レンジを手に入れたい人は、チェック!

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top