知っトク ナビたん

Read Article

「仲間が欲しい」人が知っておく、仲間を作るための条件。

スポンサード リンク
「仲間が欲しい」人が知っておく、仲間を作るための条件。
この記事の所要時間: 526

一緒に活動する仲間が欲しい

だけどなかなか仲間ができない

 

そんな人は、“仲間” というものを勘違いしてるのかもしれません。

 

この記事では、仲間を作るために必要なことについて、お届けします。

スポンサード リンク

 

仲間は作るものではない。

 

今「仲間を作るために必要なこと」と言っておいて、なんですが、
そもそも、仲間は “作るもの” ではありません

仲間は “自然とできるもの” です。

 

「自分一人だけでも自分の道を信じて歩いて行ける」
そんな人どうしが、同じ “志(こころざし)”“想い” を持って同じ方向に進もうとしたときに、できる繋がり。

それが『仲間』です。

 

決して、「仲間になろう」と意識して作るものでもなければ、
同じ学校、同じサークル、同じ部活、同じ職場などの “環境” によって作られるものでもありません。

 

意識して作ったところで、それは単なる “利害関係が一致した人” でしかありませんし、環境によって作られた繋がりは、“友達” にすぎないんですね。

 

なぜか?

 

利害関係から生まれた繋がりでは、お互いにココロを開き、本音でやりとりすることができませんし、環境に頼った繋がりは、環境が終われば消滅するからです。

 

だから、時間や環境の変化とともに、「仲間だと思っていた人」が離れていってしまう。

思い当たることがあるんじゃないでしょうか?

 

「仲間がほしい」という人は、ここを勘違いしてる人が多いですね。

仲間が欲しいなら、

“仲間を作ること” を努力するのではなく、
“仲間になりたくなること” を努力する必要がありますよ。

 

「仲間」と言える人を得るために。

 

それでは、仲間の関係を築くには、なにが必要か?

2 つの条件があります。

それは、

▷自分自身を深くまで知っていること

▷自分ひとりでも行動できること

です。

順番に解説しますね。

 

仲間になりたい魅力があるか?

 

仲間とは、同じ志や想いを持ち、同じ方向に進む人。

利害関係や環境で繋がるのではなく、ココロで繋がります

 

つまり、仲間になる過程で、本音のやりとり・ココロのやりとりを通すのですが、

そこで大切なのが「自分自身を知っていること」です。

 

そもそも、

・自分の夢や目標

・そこに込められた理念や想い

・現実味のあるプラン

などが明確でなければ、誰もあなたの仲間になろうとは思いません

 

むしろ、あなただったら、

『夢や目標は?』

⇒「世界を旅しながら生きていきたい」

『それはなぜ?』

⇒「なんとなく楽しそうでしょ」

『じゃあ、いつから始めようか?どこから行く?』

⇒「うーん、まだ決めてないんだ。 2 年後くらい?」

こんな人を応援したいですか?

答えを人に聞いちゃうような人の仲間になりたいですか?

 

仮に “世界を旅して生きる” という大きな夢が、あなたと同じものだったとして、

あなたが、

『世界を旅する姿を発信することで、夢を諦められない人のココロの支えになりたい』
『来年の4月に出発する、まずはシンガポールを 1 つ目の拠点にする』

という “理念”“リアルさ” を持って行動していたら、

上のような人をどう思いますか?

 

少なくとも、「一緒に活動したい」とか「仲間になりたい」とは思いませんよね。

 

これは私やあなたにも言えることで、

「人を惹きつけるほどの魅力があるか?」というのが、仲間ができる・できないのポイントになります。

 

そして、魅力は自身の中から滲(にじ)み出すもの。

自分と向き合い、深く自己対話することで、あなただけの魅力が生まれてきます

 

だから、仲間が欲しければ、まず自分と向き合いましょう。

・あなたはどう生きたいのか?

・それはなぜか?

・その結果、どうなりたいのか?

・それはなぜか?

少なくとも、このくらいは “あなただけの答え” を出せるようになって下さい。

そうすれば、自然と人との関係も変わります。

 

独立するから、仲間ができる。

 

また、あなたがどれだけ自分自身を知り、それを人が魅力的だと思っても、

あなたにひとりで行動する勇気がなければ、本当の仲間はできません

 

なぜなら、本当の仲間は、

お互いに依存しない、対等な関係だから。

 

「仲間がいるから歩ける」

だけど、いないと歩けない

ではなく、

ひとりでも歩く

「仲間ができたら、走れるようになった」
「しかも楽しい」

という関係です。

 

“ひとりじゃ何もできない人” が集まったところで、何も現実は変わらない。

“自分ができることをひとりでもやる人” が集まるから、目の前の現実が変わり始めるんです。

 

「仲間が欲しい」というあなたは、どちらでしょうか?

 

本当に仲間が欲しいのであれば、「たったひとりでも目標に向かって行動していく」と決めましょう。

行動していれば、自然と応援する人が現れ、仲間が現れます。

 

最後に。

 

以上、仲間を作るために必要な条件として、

『自分自身を深くまで知っていること』『自分ひとりでも行動できること』について解説しました。

 

ただ、実際はそこまで複雑でもなく、もっと簡単だったりします。

最後に、その例が分かる動画を紹介しますね。

この動画はリーダーシップについて紹介されていますが、

まさに分かりやすい仲間作りの例になります。

 

ひとりでも行動する勇気

持ってみてください。

 

きっと目の前が変わります。

 

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、仲間だけでなく親友が欲しいという人もいるでしょう。

そんな人は、こちらを読んでみてください。

「親友が欲しい」という人が、今日からできる 3 つのこと。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top