知っトク ナビたん

Read Article

産後にも。豊胸&猫背が治り、下腹が引き締まるエクササイズ。

スポンサード リンク
産後にも。豊胸&猫背が治り、下腹が引き締まるエクササイズ。
この記事の所要時間: 40

産後に腰が痛い

胸も小さくなって、猫背になった

それ、もしかすると、大腰筋(だいようきん)が衰えているのかもしれません。

大腰筋の位置

 

この記事では、テレビ番組の “あさイチ” を参考に、大腰筋が衰えているかどうかのチェック方法と、大腰筋を鍛えるお手軽エクササイズをご紹介します。

腰痛と猫背が改善し、豊胸と下腹のダイエットが期待できますよ

スポンサード リンク

 

まずは、チェックしてみよう。

 

まずは、あなたの大腰筋が衰えているかどうか、チェックしてみましょう

確認方法は簡単です。

 

あなたのヒザより低いイスに座り、”靴下” を履いてみて下さい。

近くにイスが無い方は、普段履くときを思い出してみましょう。

 

 

履きましたか?

または、思い出しましたか?

 

「履いた」「思い浮かべた」という人は、先を読んで下さい。

 

 

さて、

あなたは、「腰を前に倒して」靴下を履いたでしょうか?

それとも、「足を持ち上げて」靴下を履くでしょうか?

また、普段はどちらが多いでしょう?

 

 

「腰を前に倒して履くことが多い」というあなた、大腰筋が衰えていて、うまく使えていない可能性があります

ぜひ、次に紹介するエクササイズをやってみて下さい。

腰の痛みや猫背を治し、下腹がヘコみ、胸とお尻のハリが戻りますよ。

 

大腰筋を鍛えるエクササイズ。

 

今回紹介するエクササイズは、3 つ。

うち 2 つは、2 児のママにも関わらず、綺麗なスタイルを維持するモデル「道端カレン」さんの紹介によるものです。

① 2 段階腹筋

▷仰向けに寝転がり、ヒザと腰を 90 度に曲げる。

2014_05_13_02_2

 

▷ゆっくり上体だけ起こす。

2014_05_13_02_3

 

▷上体を起こしたまま、ゆっくり足を伸ばす。

2014_05_13_02_4

 

▷ゆっくり足を戻し、上体を倒す。

以上で 1 回です。

回数の目安は、10 〜 20 回ほど。

たったこれだけでも、十分効果があるようです。

 

また、この動作がツラいという人は、次の 2 つ目を試してみて下さい。

②お尻歩き

▷足を伸ばし、お尻で前に歩く。

 

簡単ですが、これだけです。

コツとして「腕を大きく振らない」「上に伸びるように歩く」を意識すると、しっかり大腰筋を使うため、効果があるようです。

 

回数の目安はありません

道端カレンさんは「テレビでも見ながら、やって下さい♪」とのことでした。

 

3 つ目は、番組に出ていた医師が提案したエクササイズ。

最も効率よく鍛えたい」という人にオススメですね。

③ひねり足上げ腹筋

▷仰向けに寝転がり、”右ヒジ” と “左ヒザ” をくっつけるように上半身をひねる。

2014_05_13_02_5

 

▷伸ばしている右足を、ゆっくり上下させる。

2014_05_13_02_6

以上、 1 往復で 1 回です。

実際にやってみましたが、3 つの中で最も “大腰筋” を使います

片方ずつしっかり使うので、かなり効きますね。

 

回数の目安は、10 〜 20 回ほど。

それ以上は、エクササイズではなく、もはや筋トレです。

 

「重い」カラダから、「軽く・動ける」カラダへ。

 

今回の記事は、『大腰筋を鍛えると、腰痛と猫背が改善し、豊胸と下腹のダイエットが期待できる』という視点で書きました。

しかし、大腰筋を鍛えるメリットは、それだけではありません。

 

大腰筋は、私たちの “運動” に関わる重要な筋肉。

じつは、ここを鍛えることによって、『スポーツのパフォーマンスを上げる』ことや『全身が衰えるのを防ぐ』ことが期待できます。

 

分かりやすく言うと、

スポーツをしている人なら『足が速くなる、ジャンプ力が増す、踏み込み幅が長くなる』

そうでない人なら『段差でつまずかない、軽やかに動ける』ということですね。

 

いつまでも若くいるためには、必須の筋肉でしょう。

あなたが「ずっと若く、軽いカラダでありたい」と思うのであれば、定期的に鍛えてみてはどうでしょうか?

 

それでは。

 

 

ちなみに、、「しっかり鍛えてるけど、腰が痛い」という人は、鍛え過ぎかもしれません。

そんな人には、大腰筋をゆるめるエクササイズが有効です。

コチラの記事で紹介しているので、読んでみて下さい。

▷腰が痛い?「大腰筋」の鍛えすぎかも。解消するにはコレ!

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top