知っトク ナビたん

Read Article

夏においしい「冷やしおでん」。激うまレシピと作り方をご紹介。

スポンサード リンク
夏においしい「冷やしおでん」。激うまレシピと作り方をご紹介。
この記事の所要時間: 358

あつーい夏には、冷たくて水っぽい料理が食べたいですね。

 

そんなときにオススメしたいのが “冷やしおでん”

「夏におでん?」と思うかもしれませんが、これがウマいんです!

 

この記事では、汁まで飲んじゃうほどおいしい “冷やしおでん” のレシピと作り方を、ご紹介します。

暑さにやられて食欲がない人は、ぜひ作ってみてください。

スポンサード リンク

 

レシピ(4人分)

 

▷出汁(だし)

・水 1 リットル(カップ 5 杯)

・ダシ用昆布: 20 cm × 1 本

・カツオ節: 25 g(一掴み強くらい)

▷おでん

・大根: 1 本

・鶏胸肉: 400 g

・ゆで卵: 4 個

・練り物:好きなだけ(最低 1 種類以上、さつま揚げ・ウィンナー・ちくわがオススメ)

・醤油: 20 ~ 25 cc

・みりん:大さじ 1 杯

・酒:大さじ 2 杯

・塩:小さじ 1 杯

レシピを見て、分かる人には分かるんでしょうか。

このおでんは “塩ベース” です。

関西風をアレンジしたもので、サッパリとしたものが食べたい夏の夜に最適ですよ。

 

作ってから食べるまで。

 

このレシピはしっかりと味を染み込ませるため、作ってから食べるまでに 12 ~ 24 時間ほどかかります。

「夕飯に食べたい」というのであれば、その前夜に作りましょう。

 

出汁をとる。

 

まず最初に、出汁をとります。

①水と昆布を鍋に入れ、中火にかける。

②鍋のふちに泡が出始めたタイミング(約 70 ℃)で昆布をとりだす。

③沸騰直前(鍋の底がグラグラし始めるころ)にカツオ節を入れ、フタをして火を止める。

④カツオ節が沈んだら、ザルやふきんで漉(こ)しとる。

時間があれば、水に昆布を 1 時間ほどつけておきましょう。より旨みの溶け込んだ出汁になりますよ。

また、昆布を煮立たせると昆布臭さが出てしまいます。好き嫌いが分かれるので、取り出し忘れないように注意しましょう。

 

できた出汁は冷蔵庫に入れれば 3 日ほど保ちます。

沢山作って、みそ汁などに使ってもいいですね。

 

下準備。

 

出汁がとれたら、おでんの下準備をしましょう。

具材ごとに紹介します。

▷大根

2 ~ 3 cmの厚さの輪切りにし、皮を厚めに剥きます。

皮の内側に輪っかになってる部分(維管束)がありますが、その位置まで剥きましょう。

それから、十字に “隠し包丁” を入れておきます。

▷鶏胸肉

皮を取り除き、柔らかくするためにフォークで全体を刺します。

それから、一口サイズに切りましょう。

▷ゆで卵

半熟だと殻が剥きづらいので、しっかりと火を通します。

ゆでる際に塩はいりません。

殻を剥いたら、しばらく水に浸けておきましょう。硫黄臭さが抜けます。

▷こんにゃく

三角に切り、隠し包丁を入れておきます。

▷練り物

厚揚げ・がんもなどの揚げ物は、お湯をかけて油を落としておきます。

その他練り物は、好きな大きさに切っておきましょう。

ウィンナーは切らないほうが、おいしくなりますよ。

 

おでんを作る。

 

下準備が終わったら、いよいよおでんを作ります。

①出汁、醤油、酒、みりんを鍋に入れ、強火で温める。

②沸騰直前になったら弱火にし、味の染みにくい “大根”、”こんにゃく”、”ゆで卵”、”鶏胸肉” を入れる。

③フタをして 50 分煮る。沸騰するようであれば、火を少し弱める。

④練り物を入れ、5 分煮て火を止める。

⑤粗熱をとり、味を染み込ませるため、5 時間ほど置いておく。

⑥冷蔵庫へ入れ、冷えたら完成。

練り物は煮すぎると旨みが逃げてマズくなります

その旨みがおでんの旨みでもあるのですが、10 分以上煮込まないよう注意して下さい。

ほどよく煮るのが、激ウマにするコツですよ。

 

 

今回紹介した “冷やしおでん” 。

暑さに負けて食欲のないお年寄りや、好き嫌いの多い子供ですら、喜んでおかわりするレシピです。

自信をもって紹介できるので、ぜひ、作ってみてください。

 

ちなみに、残った汁にご飯を入れ、”おじや” にすると幸せになれますよ。

こちらも試してみて下さい。

 

それでは。

 

 

また、料理がうまく作れないという人は、こちらが参考になるかもしれません。

『今日から料理が上手くなる 3 つのポイント』

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top