知っトク ナビたん

Read Article

子供が喜ぶ、父親に作ってほしい料理ランキング Top 3 。

スポンサード リンク
子供が喜ぶ、父親に作ってほしい料理ランキング Top 3 。
この記事の所要時間: 529

料理を作るのは、お母さんの仕事

多くの家庭では、それが一般的ですよね。

 

しかし、だからこそ、たまに作るお父さんの料理は特別です。

 

この記事では、子供から「パパの○○が食べたい」と言われる私が、作ると子供が喜ぶ楽しい料理 3 つを紹介します。

「休日に外出ばかりで疲れたな」と感じるお父さん、ちょっと変わった家族サービスはどうでしょう?

奥さんにも喜んでもらえますよ。

スポンサード リンク

 

子供が喜ぶ父の料理とは?

 

料理は経験するほど上手になります。

そのため、普段お母さんが作るような料理を作っても、味で勝つことはできませんし、子供にとっても特別感がありません。

どうせ作るなら、お母さんが決して作らないような料理を作りましょう。

 

私が実際に作っている料理で、子供に最も人気のある 3 つがこれ。

1 位:サンドイッチ

2 位:サラダクレープ

3 位:ハワイアンバーガー

この 3 つは一緒に作ることもできるため、子供もかなり楽しいようです。

それぞれ簡単に紹介しますね。

 

サンドイッチ。

 

すぐできて、美味しいのがコレ。

ほんの一手間かけるだけで、かんたんに人気カフェの味になります。

2 つのレシピを紹介しますね。

<ピタパン風サンドのレシピ 4 人分>

・ 8 枚切りの食パン 1 袋

・ロースハム 4 枚

・レタス 8 枚

・スライスチーズ 4 枚

・バター 少々

・(スライスきゅうり、スライストマト 4 枚)

<作り方>

①食パンをトースターで少し焦げ目がつくくらいまで焼く。

②焼いた食パンにバターを塗る。

③食パンの上に、レタス→(きゅうり)→チーズ→ハム→(トマト)→レタスの順に重ね、最後に別の食パンを重ねる。

④ ③ を上からギュッと押し潰し、真ん中で 2 つに切って完成。

 

<ツナマヨサンドのレシピ 4 人分>

・ 8 枚切りの食パン 1 袋

・ツナの缶詰 2 つ

・マヨネーズ小さじ 4

・玉ねぎ 1/5 ほど

・塩コショウ 1 つまみ

・レタス 8 枚

<作り方>

①玉ねぎを薄くスライスし、水に 3 分さらす。

②食パンをトースターで少し焦げ目がつくくらいまで焼く。

③汁気を切ったツナとマヨネーズ、塩コショウをボウルで合わせる。

④食パンの上にレタス→スライス玉ねぎ→ ③ →レタスの順に重ね、最後に別の食パンを重ねる。

⑤ ④ を上からギュッと押し潰し、真ん中で 2 つに切って完成。

どちらのサンドイッチも、「食パンを焼く」のと「バターを塗る」のがポイントです。

焼くことで香ばしさが増し、バターを塗ることでパンが野菜の水分でベチャッとなるのを防げます。

 

かんたんですが、かなり美味しいですよ。

私の子供には、一番人気です。

 

サラダクレープ

 

“クレープ=甘いもの” だと思っていませんか?

サラダクレープを食べると、その考えが 180 度変わりますよ。

<レシピ 4 人分>

・ホットケーキミックス 1 袋

・卵 1 個

・牛乳(または豆乳) ホットケーキを作るときの 1.5 倍

・レタス 4~8枚

・ツナの缶詰 2 つ

・きゅうり 1 本

・チーズ 4 ~ 8 枚

・マヨネーズ 適量

・油 少々

<作り方>

①きゅうりを斜めにスライスし、ツナ缶の汁を切っておく。

②ホットケーキミックス、卵、牛乳を混ぜる。サラサラな感じでOK。

③中火でフライパンを熱し、油を引く。

④うっすら煙が出てきたタイミングで、フライパンの中央に ② の生地をおたま 1 杯分流し込む。

⑤おたまの底で、生地を丸く拡げる。フライパンが透けて見えないくらいが丁度いい。

⑥ 30 秒ほど焼いて、生地全体が固まり、裏面に焼き色がついたタイミングで裏返す。

⑦再び 30 秒ほど焼き、焼き色がついてきたら取り出す。

⑧焼いた生地の上半分にレタスをのせ、マヨネーズを全体にかけ、チーズ、きゅうり、ツナなどの具材をのせていく。

⑨生地の下半分を上半分に重ねるようにたたみ、巻いて完成。

サラダクレープは、有名なクレープ屋でも 1,2 位を争うほどの人気があります。

子供もきっと喜んでくれますよ。

 

ハワイアンバーガー。

 

シンプル。だけどウマい!そんな味をご紹介します。

マックやモスなど、そこらへんで食べられるハンバーガーとは、一味違いますよ。

<レシピ 4 人分>

・ 8 枚切りの食パン 1 袋

・牛ひき肉 500 g

・玉ねぎ 2 個

・トマト 1 個

・アボカド 2 個

・レタス 4 枚

・チーズ 4 枚

・塩 小さじ 2 杯

・ブラックペッパー 少々

・ナツメグ 少々

<作り方>

①食パンをトースターで少し焦げ目がつくくらいまで焼く。

②玉ねぎ、トマト、アボカドを 1 cmほどにスライスする。

③牛ひき肉に塩、ブラックペッパー、ナツメグを入れて良くこねる。

④ ③ を 4 つに分割し、それぞれ食パンより大きめで 5 mmほどの厚さのパテを作る。

⑤フライパンを中火で熱し、④ のパテと玉ねぎをきつね色になるまで焼く。(脂は不要)

⑥ 2 枚の食パンで、レタス、玉ねぎ、パテ、チーズ、トマト、アボカドをはさみ、完成。

ソースはありませんが、なくてもウマいレシピです。

玉ねぎの甘みと牛肉の旨みが相まって、一度食べたらクセになりますよ。

 

この味を出すためにも、ひき肉は必ずビーフ 100 %を使いましょう

また、ブラックペッパーは多いと辛くなりますが、ナツメグは多くても大丈夫です。

 

 

“おふくろの味” ならぬ、“おやじの味”

子供にとって、いつか良い想い出になることでしょう。

失敗の少ないレシピなので、ぜひ作ってみてください。

 

それでは。

 

 

ちなみに、、「料理が苦手」というあなたには、こちらの記事がオススメです。

『今日から料理が上手くなる 3 つのポイント』

 

これを守ると、一気にそこそこのレベルの料理が作れるようになります。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top