[/pc] [nopc] [/nopc]

 

 

Tシャツの寿命は “洗濯” で決まる。

 

お気に入りのTシャツを長く使いたい

もし、あなたがそう願うなら、“洗濯” に気をつけましょう。

洗濯にちょっとひと手間かけるだけで、
首ヨレ・全身ヨレ・色落ち・黄ばみ・えりの汚れを防ぐことができますよ。

 

ひと手間かけるポイントはココ。

▷ネットを使う

▷ 1 つずつ入れる

▷詰め込みすぎない

▷裏返す

▷大きめのハンガー

順番に解説しますね。

 

 

ネットを使う。

 

首周りを始め、Tシャツ全体がヨレヨレになってしまうのは、
洗濯した時の “洗濯物どうしの絡み合い” が原因です。

洗濯機は複雑な水流でモミ洗いする仕組みなので、
ただ放り込んだだけでは、絡みついてしまうんですね。

 

それを防ぐためには、洗濯ネットを使いましょう。

たったこれだけで、1 年しか保たなかったTシャツが数年持つようになります

 

◆ネットはどれを選ぶ?

ネットは 100 円ショップに売られているモノで十分です。

いろんな種類がありますが、1 人分なら、

・シャツ用の薄い四角くのタイプ × 2,3 個

・ドラム型 × 1,2 個

・目が荒く丸いタイプ × 2 個

・一番大きいタイプ × 1 個

・下着用ネット(女性のみ) × 1 個

がオススメです。

意外と大きいネットが便利で、少量の洗濯物でも口を縛って調整できます。

 

◆ネットの使い分けは?

そして、ネットの使い分けは次のようにします。

・Tシャツ、ワイシャツ ⇒ 薄い四角のタイプ

・下着 ⇒ 薄い四角のタイプ、目が荒く丸いタイプ

・靴下 ⇒ 目が荒く丸いタイプ

・女性用下着 ⇒ 下着用ネット

・パンツ ⇒ ドラム型

・タオル、布団のシーツ ⇒ ネットなし

タオルなど、水流にさらしたほうがいいものは、ネットへ入れません。
布団のシーツも脱水時の偏りにつながるので、ネットを使わない方がいいですね。

一方、ワイシャツなど袖のあるものや、パンツなど長さのあるものは必ずネットに入れましょう。
その洗濯物はもちろん、ほかの洗濯物の寿命も伸びます。

 

 

 1 つずつ入れる。

 

また、洗濯物がより絡まないようにするために、
ネットや洗濯機に入れる際は、1 つずつ入れましょう

洗濯機のCMでも、丸まった洗濯物が揉まれるように洗われていますが、
洗濯物が重なっていると “絡み合い”“色移り”“汚れの落ちが悪くなる” などの原因になります。

めんどくさいかもしれませんが、
まとめて掴んで放り込むのではなく、1 つずつクシャっと丸めて入れるといいですよ。

長く使うために、大切なことです。

 

 

詰め込みすぎない。

 

上の ” 1 つずつ入れる” と合わせて大切なこと。
洗濯機やネットへの詰め込みすぎはNGです。

上と同じく “絡み合い”、”色移り”、”汚れの落ちが悪くなる” などの原因になりますよ。

洗濯物が沢山あるときは、大人しく 2 回に分けましょう

 

 

裏返す。

 

すぐボロボロになるプリントTシャツ

気に入って買ったのに、なんだか悲しくなりますよね。

 

プリントが剥がれるのは、洗濯物どうしの “こすれ” が原因です。

プリントされたシャツを洗うときは、裏返してからネットに入れて洗いましょう

これで、かなり長く保ちますよ。

 

 

大きめのハンガーを。

 

洗濯後、首周りのヨレヨレを防ぐためには、
大きなハンガーを使いましょう

スーツに使うような大きく厚みのあるモノがオススメです。
大きなハンガーを使うことで、肩口が引っ張られ、首周りがヨレるのを防ぐことができますよ。

もしワイヤーハンガーを使う場合は、首回りを洗濯バサミで止めればOKです。

2014_06_19_1_2

 

 

以上、Tシャツを長持ちさせる方法を紹介しました。

実際にこのポイントに気を付けるようになってから、Tシャツが痛まなくなりましたよ。

かつては 1 年使い捨てだったのが、今は 5 年以上保っています。

 

「好きな服を長く使いたい」という人は、試してみてください。

あ、衣替えでの保管は、防虫剤も忘れずに。

 

それでは。

 

▼洗剤の「強烈な香り」にウンザリしている人にオススメ

ファーファ 液体洗剤 無香料 本体1.0kg

個人的に、衣替え時は「無香料」一択ですね。

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top