[/pc] [nopc] [/nopc]

 

 

妻にとっては、あくまで他人。

 

家族と同居する夫が犯してしまいがちなミス

それは、夫が安心し・落ち着くことができる “夫の実家” が、妻にとっても同じものだと思ってしまうことです。

 

しかし、多くの場合それは間違いで、妻にとっては「夫の実家 = 気を遣う場所」なんですね。

その理由は、妻にとって夫の家族は、あくまで他人だから。

 

親子や夫婦のつながりは、“血”“恋愛感情” があるため深くなりますが、

妻と夫両親のつながりは、それほど深くなりません。

 

そのため、夫の実家で同居する際は「妻は毎日気をつかって生活している」ということを、忘れないでください。

それを怠ると・・ストレスを溜めすぎた妻が爆発し、「別居」「離婚」なんてことになりますよ。

(実際、6 ヶ月で同居を解消してしまった夫婦が身近にいます)

 

もし、同居を上手く続けていきたいのであれば、同居を始める前に 3 つのことをやっておきましょう。

これは、両親と妻を唯一繋ぐことができる、夫にしかできないことです。

 

 

落ち着ける居場所を作る。

 

まず 1 つ目。

実家の中に、妻が落ち着いて休める居場所を作りましょう

 

夫にとっては、「実家 = 自分の家 = どこでも落ち着くし、どこでも休める」という感覚ですが、妻にとってはそうではありません。

「ちょっと休もう」と思っても、夫の家族の目が気になる “リビング” や “居間” では、くつろげないんですね。

夫婦だけの部屋など、家族の目が届かない場所を作ってあげましょう。

 

ちなみに、田舎の家では、休んでいる姿を見られただけで「あれが終わってない」「これはまだなの?」などの小言を言われる可能性もあります。
(田舎では実際にあります)

 

あなたがその妻の立場だったら、耐えられるでしょうか?

そんな環境で生活するのは、はたして幸せでしょうか?

子供をまっすぐ育てられるでしょうか?

 

いやぁ・・無理でしょと思うのであれば、休める場所を必ず作りましょう。

幸せな結婚生活のために、大切なことですよ。

 

 

一人になれる時間を作る。

 

次に 2 つ目。

妻が一人になれる時間を作りましょう

 

同居を始めると、今まで両親だけでやっていた家事を、両親+夫+妻で分担することになります。

ところが、多くの女性は「妻である私がやらなきゃ」と、より多くの家事をやろうとするんですね。

「息子の嫁がやると言うなら・・」と、両親も妻を頼るようになります。

 

すると、どうなるか?

 

人は時間に余裕ができると、新しいことを始めます。

そして、この新しいことの一部が、妻の仕事に加わるんですね。

例えば、両親が “庭の手入れ”“家庭菜園”“犬の飼育” を始めると、妻の仕事に「庭先の掃除」「畑の草むしり」「犬の散歩」などが増えるということです。

 

結果、“妻のやること” が増えていき「休む時間がない・・」ということになってしまいます。

休む時間がなくなると、“夫婦の時間” も大幅に減ります

子供がいたら、特に。

 

そうならないためにも、妻が “自分だけの時間” を確保できるように、あらかじめ休憩時間を確保しておきましょう。

そして、その時間は絶対に邪魔しないし、邪魔させない。

同居を長く続けるコツですよ。

 

 

家族ルールを作り、それを徹底する。

 

そして 3 つ目。

家族の中でルールを作り、それを確認しておきましょう

 

その理由は、“妻の当たり前” と “夫両親の当たり前” は違うから

 

お互いに価値観が違うため、どうしても衝突することがあるんですね。

それを避けるためにも、事前にルールを決めておきましょう。

 

重要なルールとしては、

・夫婦の部屋には入らない

・ 22 時以降は呼び出さない

・どうしても夜中に用事がある場合は、携帯や室内電話で

・洗濯物は分ける

・子供に勝手におやつをあげない

などでしょうか。

 

特に重要なのが一番上。

夫の部屋を夫婦の部屋とする場合、母親などが昔の感覚で入ってくるという話もあります。
(というか私の家がそうでした)

子離れできない親に多いですが、妻にとっては溜まったものではありませんね。

プライベートもなにもないワケですから。

夜の生活も激減しますよ

 

一度崩れた信頼関係は、取り戻すのが大変です。

もし頻繁に起こるようであれば、鍵の設置も考えましょう。

 

また、ルール作りの主導は夫がやります

流れとしては、

①夫婦で絶対に譲れないルールを決める。

②夫が両親に説明・交渉。

③両親とのルールも決める。

④両者の意見を上手くまとめ、お互いに合意をとる。

という感じにやるとスムーズに決まります。

 

ルールが決まっていると、お互いに「やっていいこと・ダメなこと」が分かるため、精神的に楽です。

妻と夫両親も良好な関係を築きやすくなるので、オススメですよ。

 

そして、妻は「私の立場からは言えない」ということも多いですし、これは夫にしか出来ないことです。

ぜひ、夫が進んでやりましょう。

 

 

スポンサード リンク

《今の住宅、活かしてみませんか?》


 

同居とは、他人が一緒に暮らすこと。

 

以上、同居が上手くいくために、同居前に夫がすべきことをお届けしました。

しかし「妻にできるだけ早く、自分の家族になじんでほしい」と思う男性は、少し注意してください。

 

というのも、夫がどれほど妻と家族のあいだを取り持ち、仲良くなるように働きかけようが妻が夫の実家になじむまでの時間は、ほとんど変わりません

むしろ、急かせば急かすほど、妻にとってはストレスになります。

 

その理由は、やはり元は他人だから

友達ほど軽くない、かといって恋愛ほど深くもないし、上司と部下のように単純でもない。

妻と夫両親の関係って、そんな複雑な感じです。

 

結局は本人達が上手くやっていくしかないんですね。

夫ができるのは、あくまでそのサポート。

役割以上のことをやって、おかしくなってしまわないよう、夫は焦らず静かに見守ってあげましょう。

 

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、幸せな結婚生活を送るには、ある条件があります。

同居をより幸せなものにしたければ、確認してみて下さい。

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top