知っトク ナビたん

Read Article

ストレス解消とダイエット。両立させる方法とは?

スポンサード リンク
ストレス解消とダイエット。両立させる方法とは?
この記事の所要時間: 313

ストレス解消ダイエット

人が抱える悩みの代表格ですね。

 

毎日が忙しい人は、この両立が難しいもの。

この記事では、私が実践しているストレス解消とダイエットを両立させる方法を、ご紹介します。

周りの教えた人からの評判もいいですよ

スポンサード リンク

 

週に 1 回ずつ、やってみる。

 

ストレス解消をしつつ、ダイエットを行う。

そのために有効な方法は、週に 1 回だけ “ジョギング” と “水泳” をすることです。

 

「えー、結局運動かよ」と思ったあなた、まあもう少しだけ読んでみてください。

別に “ジョギングと水泳によってカロリーを消費して痩せよう” というわけではありません

 

ジョギングと水泳の目的は、

▷姿勢を維持する筋肉をつけ、カラダを引き締める

▷水中という非日常空間でカラダを動かすことによるリラックス効果を得る

の 2 つだけ。

 

これを “週に 1 回だけ” という制約をつけて行うことで、「もう少しやりたい」と思わせ、自然と続いていく流れを作ります。

ストレスケアもダイエットも継続性が重要。

無理なく続けられるようにするのがポイントですね。

 

ランとスイムの量は?ペースは?

 

また、競技に出ることが目的ではないので、その運動量は当然軽め

 

走る距離や時間、泳ぐ距離などは特に決まっていませんが、

ジョギングなら「少し呼吸が乱れ(ハァハァとなる)、太ももやふくらはぎ、腹筋が疲れる」くらい、

水泳なら「肩や太もも、背筋が疲れ、全身をここちよい疲労感が満たしてる」くらいを目安にするといいですよ。

 

距離や時間よりも、姿勢が重要です

走るときは、

・アゴを引く

・背筋を伸ばす

・歩幅を狭く走る

を意識し、

泳ぐときは、

・ゆっくり

・全身をのばして

・腕全体、足全体を使って泳ぐ

を意識してみてください。

クロールだと姿勢が崩れる人が多いので、平泳ぎがオススメです

 

ジョギングも水泳も、正しい姿勢で運動することで、全身の筋肉をまんべんなく使います。

自然と全身がひき締まり、綺麗なカラダになっていきますよ。

 

運動量はあえて増やさない。

 

また、だんだんと慣れてきて「もっと運動量を増やせそう」と感じても、あえて増やさないようにしましょう。

よりストレス解消に繋がるなら良いかもしれませんが、運動量を増やしても、それほどダイエットに効果はありません
というのも、意外と運動による消費カロリーは大したことがないんですね。

例えば体重 60 kgの人が 5 kmジョギングしても 300 kcal(コンビニの梅おにぎり 1.8 個分)程度です。

 

ダイエットというのは単純で、『消費カロリー>摂取カロリー』となる生活をするだけで実現できます。

つまり、運動量を増やすよりも “食事制限” をした方が早いですし、運動量を増やすよりも筋肉量を増やし、基礎代謝カロリー(生きてるだけで必要するカロリー)を上げる方が、無理なくダイエットすることができます。

(食事制限だけのダイエットでは、消費カロリーが増えないためリバウンドします)

 

ジョギングや水泳は週に 1 回程度だからこそ、楽しいもの。

そして、時間をかけて作ったカラダは、なかなか崩れることはありません

「週に 1 度だけの贅沢」と思えるほどに、ゆっくり続けていくのがいいですよ。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、走る時間も泳ぐ時間もない!というあなたは、こちらをどうぞ。

「時間がない」人に。短時間のストレス解消法 10 選。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top