知っトク ナビたん

Read Article

自動車免許の違反点数。確認するには?何年で消失する?

スポンサード リンク
自動車免許の違反点数。確認するには?何年で消失する?
この記事の所要時間: 436

あなたは交通事故や交通違反を犯したことがありますか?

私は過去に 1 度だけ、違反をしたことがあります。

二輪免許取得 1 年未満の 2 人乗りでした。

 

日本でのゴールド免許保持者は、全免許保持者の約半数。

つまり「免許を持っている人の 2 人に 1 人は事故や違反を起こしたことがある」ということになります。

 

今、あなたの免許に累積されている点数はいくつでしょうか?

この記事では、免許についている現在の点数の確認方法、点数消失までの期間などについてお届けします。

スポンサード リンク

 

 

確認するには最寄りの警察署へ。

 

2014 年 8 月現在、自動車免許に蓄積している点数を確認するには、「累積点数等証明書」「運転経歴証明書」の発行が必要になります。

プライバシー保護の観点から、ネットや電話では確認できません

面倒ですね。

 

現在たまっている点数だけを確認したければ「累積点数等証明書」を、

今までの累計も含めた点数を確認したければ「運転経歴証明書」を発行してもらいましょう。

 

証明書を発行してもらう手順は次のとおり。

①最寄りの警察署、または安全運転センター(いわゆる免許センター)へ。

②窓口で「累積点数等(または運転経歴)証明書の申請用紙をください」と伝える。

③申請書をもらえるので、記入する。

④警察署で申請書を受け取った場合は郵便局へ、安全運転センターにいる場合はそのまま窓口に提出する。発行には 1 通あたり 630 円の手数料+郵送料が必要。

⑥ 10 日 ~ 2 週間ほどで自宅に郵送されてくるため、確認する。

 

即日の発行はできません

もし今後必要になるのであれば、2 週間前に申請しておきましょう。

 

ちなみに、最寄りの免許センターはコチラから探してみてください。

『自動車安全運転センター全国一覧』

 

また警察署だけでなく、交番駐在所にも申請用紙はありますよ。

身近なところを訪ねてみてください。

 

 

自分で確認するには?

 

ただ、当然「こんなの面倒くさい」「もっと簡単に確認できないの?」という人もいるかと思います。

そんな人は、自分で計算してみましょう

 

自分が犯した違反は覚えていますよね?

こちらの点数一覧を参考に、計算してみてください。

『交通違反の点数一覧表』

 

 

点数の数え方は?消失期間と条件は?

 

点数の数え方は、基本的に過去 3 年間の累積で計算します

3 年を超える点数は消失するため、含まれません。

 

ただし、

・過去 2 年間無事故・無違反の人が違反をしてしまい、その違反から更に 3 ヶ月以内に繰り返して違反をしなければ点数は 0 点になる

・過去に事故や交通違反を起こした人でも、1 年間無事故・無違反であれば免許の点数は消失し、0 点に戻る

などの特例があり、あなたがこれに当てはまる可能性もあります。

 

また、点数がたまって “免許停止”“免許取消” などの処分が終わったあとも、点数は 0 に戻ります。

(この場合は「前歴 1 」の「違反点数 0 」になる)

 

しかし、前歴は 0 に戻ることはないため、注意してください。

 

前歴がたまるとどうなるか?

分かりやすく言うと、すぐに免許停止や免許取消になり、さらにその期間が長くなります

 

 

免停・免取になるまでの点数は?

 

過去に免許停止や免許取消の処分を受けたことが無い人は、6 点以上で免許停止(または免許取消)処分となります。

 

しかし、過去に 1 度免許停止や免許取消の経験がある人は、4 点以上で再び免許停止(または免許取消)となるんですね。

過去に 2 度以上ある人はもっと大変で、2 点以上で免許停止以上の処分を受けることになります。

 

詳しくはこちらの表をどうぞ。

『行政処分基準点』

 

 

仮に免許を一度返納し、再び取得するとしても、この経歴は消えません。

一度前歴がついてしまうと、それ以降は免許の維持が難しくなるということですね。

(偽名で免許は取得できませんし、取得しようとすると有印私文書偽造などにあたり、最大で10年以下の懲役・100万円以下の罰金になります)

 

前歴がつかないよう、気を付けて運転してくださいね。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、車の運転が上手くなると事故のリスクが減ります

違反も自然と減りますよ。

山道だけでなく、街中の運転でも使えるテクニックをまとめたので、読んでみてください。

 

 

また、あまりに捕まるようであれば、レーダーの使用も考えた方が良いかもしれません。

それほど高くありませんよ。

 

▼最も人気のレーダー探知機

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top