知っトク ナビたん

Read Article

スキーとスノーボード。モテる?これから始めるならどっち?

スポンサード リンク
スキーとスノーボード。モテる?これから始めるならどっち?
この記事の所要時間: 923

意外とやっている人が多いスキースノーボード

これから始めてみようという人もいますよね。

 

この記事では、10 年以上ウィンタースポーツに関わってきた私が、スキーとスノーボードの違いや、どちらがオススメか?ということについて、色んな視点からお届けします。

スポンサード リンク

 

目次

 

 

気軽に始められるスノーボード、生涯続けられるスキー

 

私は大学からスキーを始め、卒業してからスノーボードや他のウィンタースポーツも手を出してみたのですが、

やはり、スキーとスノーボードは違います

 

その違いを簡単にまとめると、

▷スキー

・滑るには板とブーツとストックが必要

・ブーツが固くて履きにくい&歩きにくい

・スノーボードより初期費用が高い

・板が長く、持ち運びが大変

・リフトから降りてすぐに滑れる

・板が外れるため、大きなケガに繋がりにくい

▷スノーボード

・滑るには板とブーツだけで、ストックは不要

・柔らかいブーツが一般的で、履きやすい&歩きやすい

・スキーよりも初期費用が安い

・板が短くて、持ち運びしやすい

・リフトの乗降時にブーツと板の脱着が必要で、少し面倒

・板とブーツが固定されて外れないため、大きなケガに繋がることがある

という感じです。

 

「続けるか分からないけれど、試しに始めてみたい」という人は、初期費用が安く、荷物も少ないスノーボードがオススメですね。

もし「つまんね、もう止める」となっても、ヤフオクなどを通して売りやすいのも利点です。

(スキーは意外と売れない)

 

また個人的な感想ですが、スノーボードの方が、スキーよりもウェアーや板がオシャレだと思います。

 

ただ、歳をとってからも続けたいなら、スキーのほうがオススメ

 

その理由は 3 つあり、

・スキーはストックがあるため、雪上での移動がしやすい

・スノーボードは板が外れないため、お年寄りには危険

・スキーからスノーボードへの転向は簡単だけど、スノーボードからスキーへの転向は難しい

というもの。

 

歳をとると筋力が低下するため、雪上(特に平地)を移動するのは一苦労です。

そんな時、ストックで前に進めるスキーは楽ですね。

 

また上でも書いたように、スノーボードは足が板に固定されるため、転んだ時などに後頭部を打つ人が多いです。

若いうちはバランスを崩しても筋力でリカバリーできますが、歳をとるとそうも行きません。

実際、スクールに所属していたときは、初心者とお年寄りのケガ人が多かったです。

 

そして、スキー経験者がスノーボードを始めるとすぐに上手くなるのですが、スノーボード経験者がスキーを始めた場合はそうでもありません

私も何人か見てきましたが、上手くなるには未経験者と同じくらいの時間がかかっています。

 

その理由はいくつかありますが、

「足が離れているのが怖い」

「身体が後傾(こうけい)するのが怖い」

「スピードが出過ぎるのが怖い」

などの声をよく耳にしますね。

 

スキー⇒スノーボードは『身体の向きが横になっただけ』としか思わなかったのですが、スノーボード⇒スキーは「身体が前を向いて、左右の板が離れていくとか怖すぎる」んだそうです。

 

どちらもやりたいなら、先にスキーから始めてみましょう。

後が楽になりますよ。

 

 

どちらが簡単に滑れるか?

 

また、私が未経験者からよく聞かれることの中に、

スキーとスノーボード、どちらが簡単に滑れますか?という質問ががあります。

 

あなたも気になるでしょうか?

 

この「滑れる」がどの程度なのかは人によって違いますが、

“ほとんどのゲレンデを一人で滑って降りてこれるレベル” であれば、どちらも一緒です。

(スキーで言えば「プルーク・ボーゲン(ハの字のやつ)」、ボードで言えば「木の葉(木の葉が落ちるように滑り降りるやつ)」ですね)

 

ただ、スキーもスノーボードも、最初は滑った距離に応じて上達します。

怖い時にすぐにその場で座れてしまうスノーボードに比べ、転ぶしかないスキーは嫌でも滑る距離が増えるため、上達しやすいんじゃないかと思います。

 

いずれにしろ、上手い人に教われば半日 ~ 1 日もあれば十分に滑れるようになりますよ。

合い言葉は、『上手くなりたいなら転ぶことを恐れるな』です。

 

また、

初めて行くときは、スクールに入ることをオススメします

 

上手い人に教わるというのは重要で、

人によっては「たった 1 日スクールに入っただけで、2 年以上やってる人より上手くなった」なんて例もあったりします。

 

 

人気のあるジャンルの違い。

 

さらに、スキーとスノーボードでは、人気のあるジャンルが違います。

 

ジャンルは大きく分けると、

・滑りの技術を目指す基礎(デモ)系

・速さを競うレース系

・クルクル回りたいグラトリ系

・高く飛びたいジャンプ系

・新雪が大好物パウダー系

・ただゲレンデを滑るだけフリーラン系

の 6 つがあり、

スキー基礎系レース系パウダー系フリーラン系

スノーボードグラトリ系ジャンプ系パウダー系フリーラン系の人気が高いですね。

 

当然、他のジャンルのスキーヤーやボーダーもいますが、数が少ないです。

また、スクールは基礎系とレース系がほとんどなので、それ以外を教わりたい人は、上手い人を探してこっそり後ろをついていくか、DVDやビデオ・本などを使って自分で学んでいくしかありません。

 

あなたが、どんなふうに雪と触れあい、ゲレンデを楽しみたいのか?

それによって、スキーとスノーボードのどちらを選ぶのかが決まってきます。

 

 

利用できるスキー場が違う。

 

また、ジャンルが複数あると、当然それに応じてスキー場にも差が出ます。

キッカーが多いスキー場、コブが多いスキー場、広い整地があるスキー場、ハーフパイプやレールがあるスキー場、などですね。

 

スキー場によっては、「スキーヤー限定」「スノーボーダー限定」のゲレンデがあったり、「スキーヤーが多いゲレンデ」「ボーダーが多いゲレンデ」などがあります。

 

例えば、私のホームである “長野の志賀高原スキー場” ではスキーヤーが多く、一部ゲレンデはスキーヤー限定です。

一方、白馬にある “栂池スキー場” はスノーボーダーが多く、上手い人も多かったりします。

 

あなたが行きたい、または家から近いスキー場はどうでしょうか?

事前に調べておきましょう。

 

ちなみに、基礎系のボーダーは少ないですが、“野麦峠スキー場” のボーダーは基礎系とレース系で、とても上手い人が多いですよ。

シーズン中いつでも空いてる、私のイチオシのスキー場です。

『連休でもリフト待ちなし!穴場な長野のスキー場』

 

 

「カッコいい」or「可愛い」のは、どっち?

 

そして、「これから始めよう」という人の多くが気になるであろうこと。

 

スキーとスノーボードはどちらがカッコいい(または可愛い)のか?

 

これは、男性と女性によって、答えが変わります。

 

 

スキー場では “ゲレンデ・マジック” なるものが、よく起こります。

 

簡単にいうと、普段はカッコよくない(可愛くない)人でも、ゲレンデにいる間はカッコよく(可愛く)なる、というものですね。

私の所属していたスキーサークルでも、毎年のように起こっていました。

 

これを含めた上で、多くのスキーヤーとボーダーを見てきた私の感覚では、

まず、スキーもボードも、滑れる人はカッコいいです。

男女関係なく

 

そして、女性が滑れなくても可愛いのがスノーボード

スキーだと、滑れない人はよく転ぶのですが、それを見て『可愛い』とは思いません。

だけどボードだと「可愛い」と思ってしまう不思議。

 

一方、ボードを滑れずプルプルしてる男性は、カッコ悪いです。

女性から見ても、間違っても「カッコいい」とは思えず、良くて「面白い」程度だとか。

 

しかしスキーで同じようになっても、「カッコ悪い」とは思わないそう。

こちらはむしろ頑張ってる姿がちょっとカッコいい・・かもなんて意見までありました。

 

つまり、、

滑れる人はどちらでも良くて、

滑れない人は、男性ならスキー、女性ならボードがいい、ということになりますね。

 

 

ただ、スキーとスノーボードでは滑るペースが違います。

自然とスキーのほうが早くなるため、一緒に行く人はスキーかボードで統一することをオススメします

 

もしあなたが “ゲレンデマジック” を狙うなら、

男性⇒事前に一人で練習する

女性⇒可愛らしいウェアや帽子、ゴーグルなどを揃える

ことを意識してみてください。

普段のギャップと合わさって、コロッと落ちる人が出てきますよ。

 

 

ちなみに、スキーはずっと立ちっぱなしですが、ボードは座る機会が多くなります

自然と会話する機会も増えますね

 

「普段は話さないけれど、スキー場だと話す」なんてのも珍しい話じゃありません。

コミュニケーションをとりたいのであれば、良いかもしれませんね。

 

 

以上、これから始める人向けのスキーとスノーボードの違いでした。

どちらにするか、決まったでしょうか?

 

「モテたい」なんていう理由で始めた人が、「気付いたら毎年 30 日は滑ってる」ということが起こるくらいハマるスポーツです。

最初は軽い気持ちで構わないので、ぜひ始めてみてください。

きっと、毎年の冬が楽しみになりますよ。

 

それでは。

 

 

▼関係ないけど、「猫」関係は女性ウケ良いですw

女性はこういうの好きですよね〜

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. やったことない人が書いてそう

    • まあ、”やったことない人” 向けの記事なので。

      一応、今年でウィンタースポーツ歴12年になりますし、
      それなりに経験しないと分からない業界の情報も持ってますが、

      やったことない人にはどうでも良いことですからね。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top