知っトク ナビたん

Read Article

元SEがオススメする無線マウス。メーカーはどこがいい?

スポンサード リンク
元SEがオススメする無線マウス。メーカーはどこがいい?
この記事の所要時間: 1020

マウスのコードが邪魔すぎる!

ワイヤレスマウスに換えようかなぁ。

 

この記事では、元SEで、現在も 1 日に 12 時間ほどPCに触れている私が、オススメの無線マウスを紹介します。

「安けりゃいいや」で選ぶと、後悔しますよ。

スポンサード リンク

 

 

無線マウス選びのポイント。

 

ぶっちゃけ、私はSE時代にマウスをほとんど使っていませんでした。

ノートタイプのPCだったので、キーボードのショートカットタッチパネルだけで操作していたんですね。

 

しかし、独立してからはデスクトップPCも使うようになったため、マウスを使う機会が激増しました。

画面が大きくなると、マウスの方が便利なことも多いですね。

 

今ではプライベートのノートPCでもマウスを使うくらいです。

 

 

そんな私が、無線マウス選びのときにチェックするポイント

それは次の 5 つです。

▷適度な重さ

▷手にあった大きさ

▷連続して使用可能な時間

▷ショートカットボタン

▷使える場所

 

まず、無線・有線に関係なく、マウスは「適度な重さ」と「手に合った大きさ」があるものを選びましょう

この 2 つを外すと、とても疲れます。

 

特に長時間使用する人は注意が必要で、手に合ってないサイズのマウスを使っている人は、指や手首で腱鞘炎を起こすことも。
(一定の姿勢で繰り返し同じ動きをするため。SEや事務職の人には多い)

適度に重く、そして自分の手にしっくりくるサイズのマウスを選びましょう。

 

また当然ですが、無線マウスは電池式です。

そのため、定期的に電池の入れ替えが必要なのですが、「電池の保ち」はいい方が便利ですよね。

長時間使用可能なものがストレスを感じないのでオススメです。

 

そして、意外と使ってみて便利だと感じるのが「ショートカットボタン」の機能

特に、スクロールホイール(画面を上下させるヤツ)を左右に倒して “進む” と “戻る” が操作できるのは、とても便利です。

これに慣れるとボタンのついてないマウスは使えなくなります。

 

さらに、人によって必要・不要が別れるかもしれませんが、

「どこでもマウスが反応する」というのは、ストレス・フリーで良いですよ。

真っ白のデスクの上やガラスの上、またはベッドの上やズボンの上でも操作できるのは、ふとした時に便利です。

 

 

それでは、これらの条件を満たす無線マウスはどれなのか?

オススメしたい順番に紹介していきます。

 

 

オススメのマウスは?

 

まず、一番最初にオススメしたいのはコチラ。

▷ロジクール Couch Mouse M515

です。

2014_08_21_1_2

 

私が今まで使ってきた無線マウスの中で、

一番「価格と機能のバランス」が良いマウスでした。

 

適度な重さに、手にしっくりくるサイズ。

1 日 12 時間以上つけっぱなしなのに、半年以上も電池交換不要。

さらに、必要最低限のボタン機能(スクロールホイールを横に倒しての “進む” と “戻る” )と、

絨毯や布団の上でも操作できる(ホコリが入らないので壊れない)利便性を備えています。

 

これだけ使い勝手がいいのに、

価格はなんと 5,000 円弱くらい。

 

唯一、ガラスのテーブルや真っ白なオフィスデスクでは操作できない点がマイナスですが、耐久性もあるため重宝してます。

コンパクトで持ち運びがラクなので、ノートPCユーザーや女性、プライベートに使いたい人にオススメですよ。

<スペック>

・重さ:134.6 g (単 3 電池 × 2 つ)

・無線タイプ:Unifying無線

・無線範囲:10 m

・センサー:Darkfieldレーザー

・スクロール:高速スクロールホイール(ホイールをクリックで切替)

・電池のもち: 最大 24 ヶ月

・ボタン数:5 (左右クリック+前後左右+ホイール)

・対応OS:WinXP ~ 8.1 まで、Mac対応

 

次に紹介したいのは、こちら。

▷ロジクール Anywhere Mouse MX M905t

です。

2014_08_21_1_4

 

1 つめの Couch Mouse M515 に「ショートカットボタン」「ガラス上でも使える操作性」を足して、布団や絨毯での使用機能を引いたようなマウスです。

 

価格は 7,500 円ほど

 

とにかく、オフィスの真っ白いデスクでもスイスイ動くのは感動もの

私はマウスパッドを使わない派(というか邪魔なんだよ派)なので、これは有難いですね。

 

ただ、

Couch Mouse M515 と比べて高価なのと、人差し指と中指の位置がちょっと気になる(角にひっかかる)点で、2 番です。

 

また、親指側についてる “進む” と “戻る” のボタンは慣れれば使うかもしれません。

私は使いませんでした。

ノートPCユーザーやオフィスワークにメインに使う人、予算に余裕のある人にオススメです。

 

電池は単 3 電池 2 本を使用しますが、驚いたことに 1 本でも動きます。

ただ、2 本で 4 ヶ月弱、1 本なら 2 か月弱しか保ちませんが。

まあ、当然ですね。

<スペック>

・重さ:125 g (単 3 電池 × 2 つ)

・無線タイプ:Unifying無線

・無線範囲:10 m

・センサー:Darkfieldレーザー

・スクロール:高速スクロールホイール(ホイールをクリックで切替)

・電池のもち: 4 ヶ月

・ボタン数:7 (左右クリック+前後左右+ホイール+進む戻る)

・対応OS:WinXP ~ 8.1 まで、Mac対応

 

3 番目に紹介したいのは、こちら。

▷ロジクール Performance Mouse MX M950

です。

2014_08_21_1_5

 

価格は 12,000 ~ 15,000 円と高めですが、手に吸い付く使用感がたまりません

大きいサイズなので「持ち運びはちょっと‥」という感じですが、オフィス使用やデスクトップPCでの使用はとても便利です。

 

特筆すべきポイントは、、

・手に貼りつくようなデザインで長時間使用しても疲れない

・ガラスの上や真っ白のデスクでも操作可能

・親指の当たる部分のボタンに任意のショートカットが登録可能

・充電式

というところでしょうか。

 

とにかく手首~腕にかけて疲れないのが印象的です。

 

また、ショートカットキーの登録が意外と便利で、私は「Ctrl+W(タブやページ、シートを閉じる)」を登録していました。

これでネットのブラウザタグやExcelのシートなどをワンクリックで閉じれます。

他にも「Alt+F4(全て閉じるorシャットダウン)」「Windowsキー+D(デスクトップ表示)」「Windowsキー+E(エクスプローラ起動)」などを登録しても便利かもしれません。

 

ただ、ちょっと気になるのが充電式というところ。

 

PCとUSBをつないで充電することができるのですが、中に入ってるのがエネループ 1 本なんですね。

当然、エネループ以外の電池も使えるのですが、1 本しかないので保ちが悪い。

フル充電や新品の電池でも、1 日 12 時間の使用で 1 ヶ月保ちません

 

使う前は「空き時間に充電すればいいじゃん」なんて思ってたのですが、

意外と『PCを点けっぱなしでマウスを触らない時間』って少ないんですよね。

 

PCとマウスをコードで繋ぎながら使うこともできますが、

それだと無線の意味がない・・。

 

人によっては便利なのかもしれませんが、私にとっては微妙でした。

 

それでも、それを補っても余りある使い心地が 3 番目にオススメの理由です。

予算に余裕のある人は試してみてください。

<スペック>

・重さ:147 g (エネループ単 3 が 1 つ付属)

・無線タイプ:Unifying無線

・無線範囲:10 m

・マウスセンサー:Darkfieldレーザー

・スクロール:高速スクロールホイール(ホイールをクリックで切替)

・電池のもち:10 日間(充電式)

・ボタン数:9 (左右クリック+前後左右+ホイール+進む戻る)

・対応OS:WinXP ~ 8.1 まで、Mac対応

 

 

以上、私が長年使ってオススメできる無線マウスを紹介しました。

 

3 つすべてがロジクール製になってしまいましたが、、やはり他とは違うんですよね。

品質と価格のバランスが高い次元で保たれています。

 

購入するなら、この 3 つから選んでみてください。

「買ってよかった」と思うはずです。

 

 

また、当然 “使ってみて後悔したマウス” もあります。

合わせて紹介しますね。

 

 

買って後悔したマウス。

 

これから紹介するマウスは、私が使って後悔したマウスです。

買うのはオススメ出来ません。

 

▷バッファロー 高感度BlueLED無線マウス

2014_08_21_1_6

価格の安さ(1,300円弱)に惹かれて購入した 1 品。

手を乗せた時のフィット感は良いです。

 

ただ、ショートカットボタンが 3 つあり、それぞれに 100 以上のショートカットを登録することができますが、、

ボタンが押しづらい&押しても「ククッ・・ポチ」という感じで歯切れが悪く、正直、押す気になりません。

 

そして、とにかく電池が切れるのが早すぎます

単 4 電池 × 2 本ですが、1 ヶ月保たないなんて…。

単 4 じゃダメだ。

 

電池交換は意外とストレスが溜まるので、半年使ってお蔵入りです。

買わないでください。

 

▷サンワダイレクト リングマウス

2014_08_21_1_7

Amazonの家電セール中におもしろさに惹かれて買った 1 品。

約 3,500 円

 

『プレゼンなどに使えるか?』と思って買ってみたものの、操作性が悪いために全く使えず

 

ボタンは押しづらいし、とにかくカーソルの動きが渋い。

使っててイライラします。

 

『慣れれば便利になるのかな?』と思い 1 ヶ月ほど使ってみましたが、

全く便利になることはありませんでした。

 

現在は押し入れの中に眠っています。

 

 

ワイヤレスのマウスは他にもいくつか使ったことがありますが、可もなく不可もなくというところでした。

特別に良かったものと悪かったものを紹介したので、参考にしてみて下さい。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、キーボードのショートカットを覚えると、作業効率がとても良くなりますよ。

私がSE時代にお客さんに教えて喜ばれたショートカットをまとめたので、合わせて読んでみてください。

1 つ覚えるだけで、全然違います。

 

 

また、もしロジクール製の無線キーボードを使うなら、マウスのUSB端子1つでマウスとキーボードを動かすことができますよ。

▼安くて、頑丈で、使いやすい

 

 

現役システムエンジニアとプログラマが24時間対応でサポートする『プログラミング・オンラインレッスン』

今なら体験レッスンが無料!



 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 全部ロジクールw

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top