知っトク ナビたん

Read Article

暖房をつけても寒い 部屋を効率よく暖めるコツは?

スポンサード リンク
暖房をつけても寒い 部屋を効率よく暖めるコツは?
この記事の所要時間: 530

秋になると急に寒くなりますよね。

ふと「暖房つけようかな」と思う日も増えてきます。

 

この記事では、暖房をつけても寒い時、部屋を効率よく暖める方法について、お届けします。

スポンサード リンク

 

 

暖房を点けても寒い理由。

 

そもそも、暖房を点けてるのに寒いのは、なぜでしょう?

理由は主に 5 つあります。

▷部屋を暖める効率が悪い

▷部屋の熱が逃げやすい

▷エアコンの暖房機能が低下している

▷エアコンの仕様

▷暖房機能が故障している

それぞれ、順番に対策をご紹介しますね。

 

 

部屋を暖める効率が悪い。

 

「暖房を点けているのに、いつまでも寒い場所がある」

そんなときは、部屋を暖める効率が悪いのかもしれません。

 

エアコンの前に、本棚や食器棚など、温風の流れを妨げるものを置いていないでしょうか?

また、空気が循環しにくい家具の配置になっていないでしょうか?

 

もし当てはまるようであれば、部屋のレイアウトを変えてみて下さい

できなければ、ファンヒーターなど風が出るものを使い、空気が循環するような工夫をしてみましょう。

 

さらに、外に置いてある室外機もチェック

室外機の周辺に障害物があると、空気を取り込みにくくなり、暖房効率が悪くなります。

室外機の周りに置いてある物もどけてみましょう

 

 

部屋の熱が逃げやすい。

 

「エアコンからは暖かい風が出てる」

「部屋の空気も循環してる」

「だけど、部屋がなぜか寒い」

そんなときは、部屋の熱が外に逃げてしまっているのかもしれません。

 

その原因としては、

・住宅の壁や床、天井に断熱剤が入っていない

・換気扇が24時間まわっている

・窓のカーテンが閉まっていない

・カーテンの下の端と床とのあいだに隙間がある

・隣の部屋のドアが開きっぱなし

などが考えられますね。

 

さすがに「断熱材を後から入れる」なんてことはできません。

しかし、

・必要な時以外は換気扇を止める

・カーテンを長いものに変える

・窓に断熱材を貼る

・ドアを閉めて1部屋だけを暖める

くらいなら簡単にできるのではないでしょうか?

 

この 4 つは、いずれも私が試して効果を感じた方法です。

費用もあまりかかりませんし、ぜひ試してみてください。

 

 

エアコンの暖房機能の低下。

 

あなたの部屋にあるエアコン、定期的( 1 年に 1 回以上)に掃除してますか?

もし掃除していないのであれば、フィルターなどにホコリが溜まり、風量や暖房機能が低下している可能性があります。

 

掃除をすることで暖房機能が回復し、電気代の節約にも繋がりますよ。

「エアコンの効きが悪いな」と感じたときは、フィルターを掃除してみて下さい

 

賃貸のアパートなどの据付け型エアコンは掃除できないこともありますが、

ここ 10 年以内に購入したエアコンなら、簡単にフィルターを外して掃除ができますよ。

 

また、フィルターを掃除しても「やっぱり変わらない・・」という時は、

次の “エアコンの仕様”“故障” かもしれません。

故障の場合は、業者に頼んでチェックしてもらいましょう。

 

 

“冷たい風” はエアコンの仕様?

 

暖房にしているのに冷たい風が出る

そんな時は 2 つの原因が考えられます。

 

“故障” “エアコンの仕様” です。

 

まずは “エアコンの仕様” について。

 

エアコンは冷房でも暖房でも、室内の空気を取り入れ、室温を計っています。

そして設定温度と室温が同じになったところで、風向を上に向け、

送風を弱くするか、止めてしまいます。

 

この時に出てくる風は室温と同じ暖かさなのですが、

体感的には「冷たい風」と感じてしまうんですね。

 

 

家にある温度計で構わないので、

エアコン前部か上部にある吸込口周辺の気温と、風が出てくる部分の気温を計ってみてください。

 

温度差が 1,2 ℃程度なら、それはエアコンの仕様です

 

もっと部屋を暖かくしたければ、

設定温度を上げるか、他の暖房器具を併用してみましょう。

 

 

暖房機能が故障している。

 

「エアコンの吸入口の温度と設定温度の差が 3 度以上ある」

「風量が弱くなる様子もなく、冷たい風が大量に出てくる」

そんな場合はエアコンの故障かもしれません。

 

故障の原因となっている箇所は色々考えられますが、残念ながら私たち素人には手が出せません。

大人しくメーカーか修理業者に連絡し、点検を依頼しましょう

 

ただ、故障(または異常)の多くは冷媒となるガスが抜けてしまうことによるものらしく、

この場合はガスを補充するだけで直ります

費用もそれほどかからないので、まずは連絡してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上、暖房をつけても部屋が寒い時の対策でした。

 

広い部屋でなければ、人が居るだけでも室温は上がります。

学生や一人暮らしの人であれば、家に人を呼んでみるのもアリですね。

一緒に夕飯でも食べれば、ココロもカラダも暖まりますよ。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、冬になるとゴキブリが増えませんか?

私の体験を元にヤツらの対策をまとめてみました。

『何度駆除してもゴキブリが。アパート・マンションでの対策は?』

 

▼防寒性能も高かった遮光カーテン、コストパフォーマンスは最高です。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top