知っトク ナビたん

Read Article

エナジードリンクは効かない?おいしく効かせる飲み方は?

スポンサード リンク
エナジードリンクは効かない?おいしく効かせる飲み方は?
この記事の所要時間: 418

今、日本でエナジードリンクブームがきてます。

 

だけど、

「どれも同じような感じで、違うのは味くらい?」

「効いてるのかどうなのか、分からない」

「むしろ眠くなった」

なんて声も聞こえたり。

 

この記事では、

5年のSE時代、残業・徹夜がザラで一流のエナジードリンカーだった私が、

エナジードリンクをもっと効かせる飲み方をご紹介します。

スポンサード リンク

 

『あたたか〜い』をポチッとな

 

あり得ないと思うかもしれませんが、、

エナジードリンクはホット(orぬるめ)が効きます!

 

「ウソでしょ」

「そんなん気持ち悪くて飲めるか」

なんて声が聞こえてきそうですが、

 

マジで効きます。

 

まあ、たしかに、

自販機でも『あたたか〜い』は見たことありませんし、

CMだってキンキンに冷えたものばかり

 

商品名に『アブソリュート』なんていう“絶対零度”を連想させるようなものまであります。

だから、信じられないもの無理はありません

 

だけど人のカラダは面白いもので、

冷たいものは吸収されづらく、暖かいものは吸収されやすいんですね。

 

体温と同じ温度で吸収される。

 

人の胃はそういうふうに出来てます。

分かりやすい例だと “熱燗” と “冷酒” でしょうか。

 

“熱燗”は酔いやすくて、醒めやすいのですが、

これ、吸収率が高いからなんですね。

 

すぐに酔えて、朝まで残りにくいので、

全国のお父さん達にこよなく愛されてます。

 

一方、

“冷酒”は酔いにくくて、醒めにくい。

 

学生の飲み会なんかで、日本酒の一気飲みなんかがありますが、

意外とすぐに酔いつぶれないのは、そういうことです。

 

ですが、胃で温まると急に吸収されるため、

急性アルコール中毒になったり、翌朝までアルコールが残り、二日酔いになったりします。

 

エナジードリンクもこれと同じで、

ホットで飲むと吸収率が上がります

 

また、個人的なオススメなんですが、

残業時など、ドリンク自体をホットに出来ない場合は、

社内の給湯室でお湯割りにしましょう

(割合は1:1くらい)

 

甘さが薄くなるので、レモンティーみたいな感覚で飲めます。

吸収率アップ熱さで交感神経が刺激され

冷たいまま飲むよりも、目もアタマもシャキッとしますよ

 

ドリンクを選ぶなら、糖類ゼロを

 

また、あなたは経験があるでしょうか?

「エナジードリンクを飲むと、むしろ眠くなった」

「なんでだろう?」

という話。

 

これ、意外と経験してる人が多いのですが、

じつはエナジードリンクに含まれる糖類が原因です。

 

糖類の入ったエナジードリンクは、後で眠くなるんですね。

 

その原理としては以下の通り。

糖類吸収

血糖値が上昇

血糖値を下げるためカラダがインスリンを分泌

インスリンが効くころには血糖値は下がり始めているため、必要以上に下がってしまう

低血糖状態に陥り、眠くなる

血糖値が上がりやすい食品を高GI食品と言うのですが、

GI値が高ければ高いほどカラダへの吸収率が高く、

結果、血糖値が急激に高くなります。

 

上がった血糖値は、

インスリンによって下げられるのですが、

インスリンは遅れてやってくるんですね。

(カラダにとってのヒーローです)

 

ですが、

すぐに上がった血糖値は、すぐに下がります。

 

結果として、

インスリンがやってくるまでの間に、血糖値は下がり始めてしまうんですね。

『ヒーローが現場についたら、既に終わってた』みたいな感じ。

 

そして、ただのヒーローなら、そのままトボトボ帰るんでしょうが、

我らがヒーロー”インスリン”はひと味違います。

 

もう、血糖値を下げる必要がないのに

さらに下げちゃうんですね。

 

完全に空気の読めない子です。

 

こうして、インスリンの”必要ない活躍”のため、カラダの血糖値が低くなってしまい、

その結果として

「飲んだら眠くなる」

という現象が起こるんですね。

 

 

このような経験がある人は、

糖類ゼロのエナジードリンクを試してみてください。

 

個人的なオススメは以下の2つ。

モンスター アブソリュートリー ゼロ

XS(エクセス)

どちらも後味がスッキリしてます。

 

また、これはエナジードリンクに限らず、糖類が含まれる食品全般に言えること。

甘いものの食べ過ぎには注意ですよ。

 

それでは。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top