知っトク ナビたん

Read Article

LINE乗っ取りの前兆?「ウェブストアにログインできませんでした」

スポンサード リンク
LINE乗っ取りの前兆?「ウェブストアにログインできませんでした」
この記事の所要時間: 71

無料通話とグループチャット、そして独特のスタンプで話題となった「LINE」。

 

2014年に入ってアカウントの乗っ取り詐欺が相次いでいるようですが、

その前兆となる現象が見つかりました。

 

この記事では、

LINEアカウントの乗っ取りの前兆と、それが見つかった時の対処法についてお届けします。

※LINEの仕様は変更されることがあります。この記事は2014年9月20日時点の情報を元にしています。

スポンサード リンク

 

PCでのアクセス、不正なアクセスには通知が来るように。

 

LINEアカウントの乗っ取り詐欺が横行するようになって数ヶ月、

私の周りでも友人がアカウントを乗っ取られるトラブルなどありましたが、

LINE側もいくつか対策をとってきました。

 

その 1 つが、

パソコンからログインした時や、パソコンでログインに失敗した時に携帯へ通知する

というもの。

 

 

今でこそパソコンでLINEを利用する人も増えてきましたが、

LINEはあくまでスマートフォンのサービスが元。

 

「不特定多数の人が使う可能性のあるPCより、1人に1台の携帯のほうがログイン情報としては信頼できる」と考えているのでしょう。

 

そのため、パソコンでログインをするたびに携帯に通知がきますし

携帯側のアプリからログイン中のPCを強制的にログアウトさせることも可能です。

2014_09_20_1_2

パソコンでログインするたび通知があり、アクセスしたPCが表示されている。

2014_09_20_1_3

ログイン中のPCが表示される。ログアウトを押すと強制的にログアウトする。

 

さらに、登録メールアドレスやパスワードの変更は携帯側のアプリでしか行えませんし、

利用者が乗っ取りにあうリスクは、以前よりも減っているのかもしれませんね。

 

ただ、通知が来てもその内容や対処法を知らなくては意味がありません。

「どんな通知がくるのか?」

「通知がきたらどうするか?」

それを確認しておきましょう。

 

乗っ取りの前兆。

 

「LINEウェブストアにログインしました」

「LINEウェブストアにログインできませんでした」

これらの通知が届いた時は、すばやい対処が必要です。

 

2014_09_20_1_4

あなたがこれらの通知に覚えがなければ、

他人があなたのLINEアカウントでPCなどから不正ログインをした、またはログインを試した証拠

アカウント乗っ取りの前兆です。

 

そのまま放っておくと、

あなただけでなく、あなたの友人や家族にも被害がでる可能性がありますよ。

 

「あとでやろう」ではなく、すぐに対策をとりましょう。

 

乗っ取りの前兆がきたときの対処法。

 

不正ログインの通知がきた場合、次の順番で対処します。

1.ログイン端末のログアウト

2.メールアドレスとパスワードの変更

3.PINコードの設定・変更

4.他端末ログインの許可をオフに

 

▷ログイン端末のログアウト

まず、

「LINEウェブストアにログインしました」や、

「PCでLINEにログインしました」

と通知があった場合。

 

この場合は、メールアドレスとパスワードの組み合わせがバレているということ。

 

スマートフォン側のアプリからログインされて、

メールアドレスとパスワードが書き換えられてしまうのも、時間の問題です。

 

これ以上好き勝手させないためにも、まずは現在ログインしているPCをログアウトさせてしまいましょう

 

line://nv/connectedDvices/ のリンク(携帯のみ有効)か、

“その他>設定>アカウント>ログイン中の端末” からログアウトを行います。

 

▷メールアドレスとパスワードの変更

次にメールアドレスとパスワードの変更を行います。

 

「ログインされてないんだからパスワード変更だけでいいじゃん?」と思う人もいるかもしれませんが、

メールアドレスがバレているということは、不正にログインされる可能性はゼロではないということ。

 

アルファベット 8 桁程度のパスワードなら 2 週間ほどで解析できてしまいますし、安心はできません。

少し面倒かもしれませんが、メールアドレスの変更も行っておきましょう。

 

“その他>設定>アカウント>メールアドレス変更” からそれぞれ変更を行います。

 

「他に使えるメールアドレスをもってない」という人は、

とりあえずこちら(ワンクリックでメールアドレス作成「sute.jp」)24 時間限りのメールアドレスを発行し、変更しましょう。

 

それから、Gmailhotmailを作成し、正式に登録したらいいかと思います。

「Gmail作成」

「hotmail作成」

※上の「sute.jp」で作成したメールアドレスは24時間だけ有効です。無効になることで困ることはありませんが、アドレスを忘れないように注意して下さい。

 

▷PINコードの設定・変更

メールアドレスとパスワードが変更できたら、ひとまず安心です。

ただ、さらにセキュリティを高めるためにPINコードを設定しましょう。

既に設定している人も変更をオススメします。

 

PINコードとは、PCでログインする場合に携帯側での入力認証が必要になる4桁の数字

“その他>設定>アカウント>PINコード” から登録・変更することができます。

 

少なくとも素人による不正ログインは防げるでしょうし、

設定しておいて損はありませんよ。

 

▷他端末ログインの許可をオフに

そして最後。

私のようにPCでLINEを使用する人にとっては若干不便ですが、

「PCからのログインを許可しない」という設定が可能です。

 

“その他>設定>アカウント>他端末ログイン許可” をオフにすることで、

スマートフォンのアプリ以外からのアクセスができなくなります。

 

「携帯以外でLINEは使わない」という人は設定しておくべきですし、

「PCでLINEを使うときもある」という人も、使わないときはオフにする習慣をつけましょう。

これでかなり乗っ取りのリスクを減らすことができます。

 

乗っ取りの元は中国だけじゃない?

 

以上、ラインの乗っ取りの前兆と、その対処法についてお届けしました。

 

ただ、悪いことを考える人たちは賢く、

乗っ取りの技術や方法、友人を騙す手口などはどんどん進化し、広まっていくことでしょう。

 

世間では「中国人が乗っ取りをやっている」なんて言われてますが、

実際に私のところに通知のあったアクセス元はベネズエラブラジルアメリカ

なんと東京の港区もありました。

(もちろん偽装されている可能性もあります。IPから調べるならこちら http://www.iputilities.net/ )

 

 

個人ができる対策には限界があるため、

『これだけやれば絶対に大丈夫』とは言えません。

 

しかし、便利なサービスは利用したい。

 

そのためには、

利用者一人一人が「私も乗っ取られる可能性がある」と認識しておくことが有効です。

 

事前にシミュレーションをしておくことで、被害は最小限に食い止めることができます。

実際に乗っ取られた時には、どうするか?

この機会に、少し考えておいてはどうでしょうか。

 

それでは。

 

 

 

友人のLINEアカウント乗っ取りの経験から、

乗っ取られた時の対処法をまとめました。

【緊急】LINEが乗っ取られた時の対処法。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top