知っトク ナビたん

Read Article

iPhone標準の目覚まし 寝起きに優しいオススメの音は?

スポンサード リンク
iPhone標準の目覚まし 寝起きに優しいオススメの音は?
この記事の所要時間: 344

あなたはiPhoneを目覚ましがわりに使っていますか?

 

私は使っています。

 

ただ、目覚ましアプリはごちゃごちゃして使いにくいし

好きな音楽を目覚まし音にすると、嫌いになってしまう

 

結局、標準のアラームを使うのですが、

なかなか寝起きにはキツイ音ばかり。

 

そんな人のために、

iPhoneのアラームの中で、寝起きに優しいオススメの音を紹介します。

スポンサード リンク

 

オススメのアラーム音は・・

 

私が目覚ましの音としてオススメするアラーム音は、

次の3つ。

です。

(自分で撮ったので若干ノイズが入ってます)

 

いずれも4ヵ月以上使ってみましたが、

スヌーズ機能で繰り返されても嫌になりませんし、

「起きなきゃダメだよ!」

と急かされる気分にもなりませんでした。

 

目覚ましの音を選ぶポイント。

 

私は “好きな音楽” や、いわゆる “目覚まし時計の音” など、

目覚ましの音を 50 以上試してみたのですが、

・寝ざめが良い

・寝起きに優しい

・繰り返し聞いても嫌にならない

の3つを満たすには、次のような音がオススメです。

▷低い音

▷動物の声

▷自然の音

 

私たち人も自然の中の一部。

人工的な音よりも、自然に存在する音のほうがカラダに優しいようです。

 

“アラーム音” や “目覚まし時計の音” などの人工的な高い音は

「絶対に寝坊できない!」という時には有効ですけど、

なんだか朝から疲れちゃいますよね。

 

「朝は優しく起こされたい」という人には、

自然界に存在する音がオススメですよ。

 

ただ、“波の音” “雨の音” だと、

逆に気持ちよくなって、二度寝してしまうので注意です。

 

目覚ましに最適な音量は?

 

また当然ですが、

音量が低すぎると起きれません。

音量が高すぎると疲れてしまいます。

 

周りに迷惑をかけず、

かつ自分だけは起きれて、

さらに寝起きに不快にならない音量はどのくらいか?

 

私のオススメは4~7の間です

(サイドの音量ボタンで調節したときの設定)

2014_10_09_1_5

 

4未満になると疲れてるときは気づきませんし、

8以上になると「うるさい」と感じます。

 

音に敏感な人は4~5、

音に鈍い人は6~7くらいがいいですよ。

 

 

また、高い音は小さく、

低い音は大きくするといいですね。

 

上で紹介した

▷教会の鐘

▷犬の吠え声

▷こおろぎの鳴き声

でも、

“教会の鐘”“犬の吠え声” は低めなので大きく(5~7)、

“こおろぎの鳴き声” は高めなので小さく(4~6)がオススメです。

 

 

以上、iPhoneの標準アラームの中で、寝起きに優しいオススメの音の紹介でした。

 

「アプリの使用はめんどくさい」

「だけど良い目覚まし音が分からない」

という人は試してみてください。

 

きっと寝覚めが良くなりますよ。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、寝起きを良くしたい人は寝室の掃除がオススメですよ。

詳しくはこちらにまとめてあります。

『寝ても疲れてる。寝室が汚れてるのかも?解決策は?』

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top