知っトク ナビたん

Read Article

サバゲーで人気のある電動ガン ライフル銃 オススメは?

スポンサード リンク
サバゲーで人気のある電動ガン ライフル銃 オススメは?
この記事の所要時間: 1035

近年、興味のある人が増えている “サバイバルゲーム”

一般的には「サバゲー」なんて呼ばれます。

 

ただ、必須装備のエアガンは若干高価(1万~6万円ほど)で、

いくつも買う余裕はありません。

 

この記事では、実際にサバゲーをしている私が、

サバゲー会場でよく見かける人気のあるライフル銃を紹介します。

 

最初の1本を選ぶときの参考にどうぞ。

※各画像から商品ページへリンクするようにしてあります

スポンサード リンク

 

初めて買うなら東京マルイがオススメ。

 

日本国内でエアガン(電動ガンやガスガンを含む)を作っているメーカーは約7,8社あります。

 

ただ、それぞれのメーカーによって扱う銃や、発射機構コンセプトなどが違い、

銃によっては「ゲームでは使い物にならない」なんてものも。

 

そのため、初めてサバゲー用のエアガンを買う人は、

種類が豊富で、製品の精度が高いことで有名な “東京マルイ” というメーカーの銃をオススメします

 

今回もマルイの商品から紹介しますよ。

 

M4シリーズ

2014_11_06_1_2

「これからサバゲーをやってみよう」と考える人の、恐らく8割が最初に惚れるであろう銃。

それがM4シリーズです。

 

アメリカ軍制式採用のライフル銃で、これから派生した銃が沢山あります。

HK416D

HK416D

M4  CQB-R

M4 CQB-R

 

ほどほどの大きさで扱いやすく、射程距離も十分。

またアフターパーツ(改造パーツ)が豊富でオリジナルのカスタムが楽しめるため、

サバゲーでも人気があります。

 

89式

2014_11_06_1_5

陸上自衛隊 第1空挺団で採用されているライフル銃です。

 

弾速、精度、射程距離のいずれをとっても高いレベルで作られていて、

人気のあるエアガンの1つですね。

 

じつはサバゲー繋がりで自衛隊の友人がいるのですが、

その人も「これは良い出来ですよ!」と言っていました。

 

2脚のバイポッド(銃を支える足)が標準装備で、

実銃同様の3点バースト(3発だけ発砲する)機構が備わっています。

 

銃床(肩につける部分)が “折りたためるタイプ” と “折りたためないタイプ” がありますが、

持ち運びの利便性では前者、剛性では後者が勝っていますよ。

 

P90

2014_11_06_1_6

コンパクト&奇抜な形で人気のあるサブマシンガン。

PS2のゲーム “メタルギアソリッド2” のソリダス・スネークが使用していたことで人気が出たのだとか。

 

軽くて取り回しが簡単なので、女性にも人気があり

室内ゲームだけでなく、屋外でのゲームでもガンガン使えます。

 

気になる点としては、

・弾づまりが起こりやすい

・バレル(銃身)が短いため集弾性が落ちる

というところでしょうか。

 

ただ、2つ目についてはバレルが短いエアガン全般に言えることなので、

あまり気にならないかもしれません。

 

AKシリーズ

2014_11_06_1_7

「人類史上最も人を殺した兵器」とまで言われたロシアのアサルトライフルです。

 

AK47を初め、多くの派生銃が発売されてますが、

いずれもコンパクトで使いやすく人気があります。

 

サバゲーフィールドのレンタルで貸し出される銃に多いですね。

 

木製デザインのモノが多く、

好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

 

ちなみに私はAKS74Uが好きです。

2014_11_06_1_8

 

MP5シリーズ

2014_11_06_1_9

世界中の軍や警察、特殊部隊で採用され、世界で最も使用されているサブマシンガン。

 

AKシリーズのようにコンパクトで扱いやすく

しかもマルイ製品の中では安いため使ってる人も多め。

 

MP5クルツA4という派生モデルでは、

全長325mm、重さ1500gという電動ガン屈指の小ささを誇ります。

2014_11_06_1_10

 

アフターパーツも豊富ですし、

改造する楽しみもありますよ。

 

G36C

2014_11_06_1_11

ドイツ軍に採用されたアサルトライフル。

ドットサイト(照準器)が標準で装備されています。

 

こちらもコンパクトで扱いやすく

金属製のインナーフレームが入っているため剛性が高め

屋外でガンガンつかっていけます。

 

発売された時期が2002年と古いせいか、

ベテランユーザーが多いのも特徴。

 

FA-MAS

2014_11_06_1_12

フランス軍で正式採用されているブルパップ式(弾倉が引き金より後ろに設置されている)アサルトライフル。

2脚バイポッドが標準で装備されています。

 

東京マルイが初めて発売した電動ガン。

古い設計でバイポッドもついているため、若干重め

弾速も速いわけではありません。

 

ただ、私のサバゲー仲間の女の子が使っていますが、

実際のゲームでの使用は問題ありません

(その子はガンガンHitを取ってきます)

 

さらに大きい電動ガンとしては安めの16,000円ほど。

バッテリーや充電器を含めても、20,000円強で買えることを考えると激安です。

 

 

ネット上では「人気がない」なんて言われたりしますが、

実際はその安さもあって、意外とユーザーが多い銃ですね。

 

スナイパーライフル系(ボルトアクション)

2014_11_06_1_13

手でボルトをコッキングし、1発ずつ打ち出すタイプのライフル銃。

長く重い銃が多いですが、スコープをつけるとカッコいいです。

 

東京マルイではL96VSR-10の2つがラインナップされています。

(他のメーカーにはSVD-ドラグノフなどもあります)

2014_11_06_1_14

 

人気度的にはL96のほうが高めですが、

実際の使い勝手や値段の問題でVSR-10シリーズを使っている人のほうが多め。

 

 

最初の1本目にあこがれる人も多いスナイパーライフルですが、

じつは他の電動ガンと射程距離が変わりません

 

そのため

「遠くから狙撃してやるぜ!」

という、いわゆるスナイパー的なことはできず、

 

ほとんどは

「前線で狙っているうちに撃たれた」

「後ろで待ってたけれど、1発も撃たずに終わった」

という感じになってしまいます。

 

 

役に立たない

しかし一度は憧れるもの

 

それゆえ、

「ロマン武器」

なんて呼ばれることも。

 

サバゲーフィールドにもって行くと、

「おー!」

という反応をもらえます。

 

 

エアーコッキングの動作は楽しいですし、

気づかれずに狙撃に成功した時の快感は他とは比べ物になりませんが、

そのためには相手の行動を読めるだけの経験や、足を活かせるフィールドが必要です。

 

正直、

初めての1本にはオススメできません

 

「長物が欲しい」ということであれば、

次の電動タイプのほうがオススメですよ。

 

 

まあ、、

そういう私の1本目はL96だったんですけどね

2014_11_06_1_19

初Hitをとれたのは6回目でした。

 

マークスマンライフル系(電動)

2014_11_06_1_15

狙撃目的ではなく、戦闘中の援護が目的の高精度なアサルトライフル。

 

スコープやドットサイトを装備することでスナイパーライフルと同じように使えますが、

電動なので連射が可能です。

(フルオート機構を備えたものも)

 

ただし、かなり重い(スコープをつけて4~5kgほど)ため、

屋外を走り回るには体力と筋力が必要。

 

「中盤で前線を援護しつつ、たまに遠くも狙撃する」

そんな使い方をしたい人にオススメですよ。

 

 

ちなみに、私はサバゲー仲間からM14を譲ってもらい、

前線を走り回る使い方をしています。

2014_11_06_1_16

ぶっちゃけ、重くて毎回筋肉痛になりますが、

待つより攻めることが好きなので楽しいですよ。

 

長さも重さも、

愛があればなんとかなります。

 

SCARシリーズ

2014_11_06_1_17

アメリカ特殊作戦軍(SOCOM)で採用され、高い評価を得ているアサルトライフル。

 

私は使ったことがないのですが、かなり人気のある銃らしく、

サバゲーでよく見かけます。

 

特徴としては、

パーツを入れ替えることで遠距離戦と近距離戦を入れ替えられること。

 

可動部や調整部が多く、外装の処理も丁寧。

細部まで徹底して実銃に近づけたことや、BOFなどのゲームで最強武器として扱われていることが人気の理由かもしれません。

 

 

以上、サバゲー会場でよく見かける人気のあるライフル銃の紹介でした。

 

 

ただ、あと1つ紹介したいものがあります。

 

それはショットガンです。

 

ショットガン

2014_11_06_1_18

ライフルではないので+αということで。

 

エアガンではエアーコッキングタイプガスタイプの2つがあります。

(マルイはエアーコッキングのみ)

 

実銃のショットガンはカートリッジに装填された多数の弾丸が飛び出しますが、

エアガンの場合は1~3のBB弾が飛び出すだけ。

 

ただ、意外と射程距離と集弾性が良く

スナイパーライフルのような使い方をする人もいたりします。

 

“安い・軽い・小さい” の3拍子揃った銃で、

地味な割に使い勝手はとても良いです。

 

電動ライフルのサブウェポンとして持ち歩く人も居て、

ゲームに参加すると必ず見かけますよ。

 

最初の1本としても悪くないかと思います。

 

 

終わりに。

 

上で紹介した銃の中には、

「次世代電動ガン」というものも発売されています。

 

なにが “次世代” なのかというと、

リアルさです。

 

なんと発砲時の衝撃実銃と同じようなギミックが再現されているんですね。

(さすがに音はムリですが)

 

また、射程距離が長いものも多く、

価格は高いですが満足感も高いとか。

 

私もM14で発売されたら買ってみたいですね。

(恐らくでないでしょうが・・)

 

 

 

サバゲーのエアガンは、

「新しければいい」

というわけではありません。

 

新しい銃は盗難などのリスクもありますし(次世代は特に)、

細かいトラブルも抱えています。

 

意外と

「古いモデルのほうが長く使える」

なんてことも多いんですよ。

 

 

まあ、性能の良し悪しよりも、

好きか嫌いかで決めたらいいかと思います。

 

いくら性能が良くても、

好きになれなかったら使わなくなりますから。

 

逆に、少しくらい性能に難があっても、

好きなら長く使えるものですよ。

 

最高の相棒を見つけてみてください。

 

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、今回紹介した銃たちはこちらのサイトにインプレッションが掲載されています。

『ハイパー道楽 -エアガンのレビュー-』

『サバゲーSNS -サバゲーる-』

 

また、装備を安く購入したいのであればこちらがオススメですよ。

『エアガン・電動ガンのFIRST』

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top