ブラックでも飲みやすいコーヒーとは?

 

私は今でこそコーヒーのブラックが好きなのですが、

コーヒーを好んで飲むようになったのは大学4年のころから。

 

それ以前は、カッコつけのために少し無理して飲んでいました。

 

だけど、伯父に入れてもらった1杯を飲んで、

『コーヒーって美味しいものはちゃんと美味しいんだ』

と気づきます。

 

 

「コーヒーのブラックが飲めない」

という人の原因は、主に “苦み”“酸味” の2つ。

 

特に “苦み” よりも “酸味” が厄介で、

私の周りでも、

「苦みはなんとかなるけれど、酸味はどうしても気になる」

という人が多いです。

 

そこで、

「これからコーヒーを色々と飲んでみよう」

と考えている人は、まず “酸味” の少ないものを選んでみてください

 

今回紹介するコーヒーも、酸味の少ないものが中心です。

 

 

まずはこれから始めてみよう。

 

まず最初に、私の周りにいる

「コーヒーが飲めない」

という人たちでも、

「これなら飲める」

と言うくらい飲みやすいコーヒーを3つ紹介します。

 

一番最初はこの3つの中から選ぶといいですよ。

 

ネスカフェ 香味焙煎(深煎り)

2015_01_27_1_2

今回、私が一番オススメしたいコーヒー

 

「ブラックのコーヒーは嫌い」

と言っていた妻をはじめとする10人以上が、

「あ、おいしい、これは好きかも」

という感想を漏らしたほど飲みやすいコーヒーです。

 

じつは私が一番好きなインスタントで、

コーヒー初心者に一番オススメな1本。

 

 

酸味が全くなく、コクがある割には苦みも薄い

変なクセが無いのでとても飲みやすいですね。

 

本物のコーヒー豆の粒をフリーズドライの粉で包んで作っているため、インスタントですが下手な喫茶店のコーヒーよりもおいしいですよ。

 

香りも、しっかり焙煎してあるのでとても香ばしく、1杯入れれば部屋がカフェのような香りで包まれます

 

 

このコーヒーのイメージは、、

コーヒー好きな大学生が、平日の昼間に自宅でパソコンを開きつつ飲んで感じ。

入れ物はシンプルなマグカップですね。

 

同シリーズの香味焙煎(中煎り)は、また違う風味なので注意。

(酸味が強くなります)

 

 

【追記】生産中止になってしまったため、オススメを変更します

香味焙煎(深煎り)と(中煎り)の生産が終わり、『香味焙煎(深み)』と『香味焙煎(丸み)』に変わってしまいました。

深煎り→深み、中煎り→丸みという変更なのですが、全く別の商品のようになっています。

そのため、本来であれば『深煎り』の後継である『深み』をオススメするところですが、正直、コーヒー初心者には『香味焙煎(丸み)』を勧めます

81AkNqSi5gL._SL1500_

香味焙煎(深み)も美味しいことは美味しいのですが、苦みが強く、以前の『香味焙煎(深煎り)』のようなバランスの良さは感じられません。

もし買うなら『香味焙煎(丸み)』か、下の2つにしておきましょう。

 

 

マキシム ちょっと贅沢な珈琲店

2015_01_27_1_3

香味焙煎(深入り)に良く似た、飲みやすいインスタントコーヒー。

 

は香味焙煎(深入り)に比べてコクと苦みが若干強く、酸味はゼロ

濃いめよりも薄めのほうが飲みやすいかと思います。

 

香りはクセがなく、若干甘い匂いが混ざります

豆の甘さでしょうか。

 

無理せず飲めるので、

「初めてコーヒーを買う」

という人にオススメですね。

 

 

このコーヒーのイメージは、、

 

冬の寒い昼間、ダボっとしたセーターを着た女子大生が部屋で飲んでる感じです。

入れ物は、やっぱりマグカップ。

 

たっぷり入れて、ゆっくりと飲みたいですね。

 

 

ネスカフェ ゴールドブレンド

2015_01_27_1_4

香味焙煎(深入り)と同じく、とても香ばしいコーヒーです。

同じメーカーなので味も良く似ていますが、コチラのほうが若干 “苦み” と “酸味” が強め

 

ただ、その分コクも強めで、バランスが取れているため飲みやすいですね。

 

苦みと酸味がアクセントになっているため、

少し飲みごたえのあるコーヒーを求めるならコチラがオススメ。

 

 

このコーヒーのイメージは、

 

大学生が学祭前の準備で徹夜して、午前2時ごろに飲んでる感じです。

 

「ホッと一息つきたい、だけど刺激も欲しい」

という人にどうぞ。

 

 

ひと癖ある飲みやすさ。

 

次は、“飲みやすいけれど上の3つに比べればクセがある” コーヒーを2つ紹介します。

 

UCC ザ・ブレンド117

2015_01_27_1_5

お湯を入れる前は “きな粉” のような、ほんのり甘い香りがするコーヒー

 

しかしお湯を入れるとその印象は一変し、強い “苦み” と若干の “酸味” の香りがただよいます

人によってはこれを “薬品臭い” と感じるかもしれません。

 

今回紹介する5つの中で最も苦いのですが、その一方で強いコクも持ち合わせています

酸味はないため、苦みが強いわりに飲みやすいですよ。

 

「飲みやすいけれど、コーヒーらしさも楽しみたい」

という人には最適です。

 

 

このコーヒーのイメージは、、

 

ダンディーな男性サラリーマン(35)が、昼食後にタバコを一服するとき時や22時以降の残業の息抜きに飲んでる感じか、

または、理系の大学院生が徹夜の研究の合間に飲んでる感じ

 

とても男性的なイメージがあります。

 

しかし一方で、

爽やかな “コーヒーゼリー” 作りにも最適なんですよね。

香りが強いので美味しく仕上がります。

 

 

ネスカフェ プレジデント

2015_01_27_1_6

今回紹介する中で最も高価なコーヒー

1本1000~1500円ほどします。

 

もちろん、香りや味もそれなりに高級感があり、

香り最初に紹介した香味焙煎(深入り)よりも香ばしさが増し若干の酸味と適度な苦み、強いコクがありますね。

 

間違いなく美味しいインスタントコーヒーの1つです。

 

 

ただ、この味と香り、、

もしかするとコーヒー初心者は苦手に感じるかもしれません

 

薄めると苦みも酸味も緩和されますが、マズくなります。

 

ぜひ、濃いめで飲んでほしいのですが、

“濃い=酸味と苦みも強い” なのでコーヒーに慣れていないと微妙かも。

 

 

このコーヒーのイメージは、

立派な口ひげをたくわえた貴族男性が、秋の午後の暖かい日差しの入る窓際で、ゆりかご椅子に座って飲んでる感じ。

 

このイメージで分かるように、軽く飲むようなコーヒーではありません。

 

最初に紹介した3本のいずれかを飲んでみて、より強いコーヒーが欲しい人や、

コーヒーだけを優雅に楽しむような飲み方をしたい人にはオススメです。

 

 

開封後のインスタントコーヒーに最適な保管場所は?

 

開封後、約1ヶ月ほど保つインスタントコーヒー。

 

しかし、コーヒーを飲む習慣のない人にとっては1ヶ月は短いですよね。

とても消費しきれません。

 

そこで、

1ヶ月を過ぎても美味しく飲みたければ、”湿気” を避けれる場所で保管しましょう

 

頻繁に飲むならガスコンロから離れた戸棚

ほとんど飲まないなら冷蔵庫などがオススメです。

(逆はNG)

 

急な温度変化は結露の原因となるため、冷凍庫は×

もし入れるなら1回分ずつラップでくるんで入れておきましょう。

 

 

ちなみに、、

開封してから2ヶ月ほど過ぎるとコーヒーが黒くなり、表面に白いクモの巣のようなものが出てきます。

 

「カビか!?」

と驚くでしょうが、これはカフェインの結晶

 

高温多湿が発生の原因で、風味は落ちるけれどカラダに害はありません

お湯に溶かせば消えますし、そのまま飲めますよ。

 

 

 

以上、初心者がブラックでも飲みやすい、オススメのインスタントコーヒーを紹介しました。

あなたが気に入るコーヒーが見つかることを願っています。

 

それでは。

 

 

 

最後に、

もしあなたがカフェインに弱い人なら、こちらも合わせて読んでおいてください。

カフェイン酔いってかなりキツイですからね。

 

iittala (イッタラ) Teema (ティーマ) マグ ホワイト 0.4L

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top