知っトク ナビたん

Read Article

消費税8%に備える。今「買い」はコレ!

スポンサード リンク
消費税8%に備える。今「買い」はコレ!
この記事の所要時間: 319

2014年4月に消費税が5%から8%に上がります。

家庭の出費は嫌でも増えることになります。

ここでは、消費税増加前の「買い」と「買わない」についてご紹介します。

スポンサード リンク

 

消費税が上がると、家計負担がかなり変わってきます。
例えば世帯収入が486万~624万円のかたなら、消費税が8%に上がると、月に約6000円あまりの負担増になると私は試算しています。

そうなると、今の時点で毎月貯金ができていなかったり、ボーナスで毎月のマイナス分を補填しているような人は、生活はかなり厳しくなります。
その対策として、家計の見直しと、増税前に大きな買い物を済ませておくことです。

ファイナンシャルプランナー 花輪陽子
文章引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140111-00000014-pseven-life

 

「大きな出費は今のうちに」という言葉に騙されない。

「高い商品は、増税前の今のうちに」

最近、こういう広告やニュースをよく目にします。

ですが、
「こういうときこそ、消費者がちゃんと考える必要があるのではないか?」
と私は思うんですね。

今、本当に「買い」なものと、「そうでない」ものを調べてみました。

 

値崩れしないものは「買い」!

今「買い」なものとしては、

・値崩れしない
・長い間使えるものである

の2点を満たしてるものです。

パソコンテレビなど、頻繁にモデルチェンジするものは、
価格が変動しやすいため、値崩れの可能性があります。

今欲しいモデルは、増税後の5〜6月ごろに安くなるという見方が強いようです
少し待って、春過ぎに買うのが良いかもしれません。
値崩れしないものとしては、、

や、エアコン冷蔵庫洗濯機などの白物家電、
ルンバダイソンといったブランド家電、人気のあるスマートフォンなど。

これらは「買い」です。

 

確実に必要なものは「即買い」!

予定の決まった旅券や、
通勤・通学用の定期券
ランドセルや、
入学式や新卒用のスーツなど、

確実に必要になるものは、先も後もありません。
即、買いましょう。

 

声高に”今がお得!”と叫ぶ住宅は「ちょっと待った」!

住宅業界各社が「増税前のこの時期に!」と謳ってますが、

フィナンシャルプランナー曰く、
「ローンを組むのであれば、ほぼ影響がない」そう。

むしろ、
「住宅ローン減税が拡充されるため、増税後が得になる」人もいるのだとか。

 

“ちょっと待った”繋がりで、、

食料飲料ラップ紙オムツなどの日用品も値上がりするでしょうが、
こういう、すぐに消費されるものは、大量に買っても保管が難しいです。

そのため、
今、急いで買う意味はあまりないと思われます。

むしろ、消費量を減らす方向に力を入れたほうが、効果的かと。
(後ほど、記事にします)

 

大切なのは、私たち消費者が正しく判断すること。

売り手側は、私たち消費者に買って欲しいため、

「増税です!」
「今が安いですよ!」
「今がお得ですよ!」

と買うための理由を作ってくれます。

しかし、最初に書いたように、
私は「こういうときこそ、消費者がちゃんと考える必要がある」んじゃないかと思います。

確かに安くて、お買い得の物もあるかもしれません。

でも、手を伸ばす前に問いかけてみて欲しいんです。。

「それ本当に、今必要ですか?」

ここで即「必要!」と言えるなら、
即買いましょう。

本当に必要なものや、
確実に必要になるものなら、買えば良いと思います。

しかし、、
「本当に今必要ですか?」という問いかけに、
「分からない」「安いから・・」という答えが出るなら、

それは買わなくても後悔しないんじゃないでしょうか?

いつか、本当に必要になった時、
買えば良いと思います。

消費税増税による出費増よりも、
その前の「節約」にかこつけた出費が増えないように、

気をつけていきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top