知っトク ナビたん

Read Article

「なんだか出費が多い」という人の落とし穴。固定費はいくら?

スポンサード リンク
「なんだか出費が多い」という人の落とし穴。固定費はいくら?
この記事の所要時間: 44

家賃に携帯、食費に交際費に、趣味や飲み代、さらには衣類や、旅行の積み立て、、

「はあ、今月も貯金できないなー」

なんて人、いませんか?

 

実は、、思いがけないところで、お金が出てってるかもしれませんよ?

消費税が8%に上がる前に一度、出費の詳細を確認しときましょう。

スポンサード リンク

 

3??円 × 1?回 = ????円

 

「なんだか出費が多いなぁ」という人の主な原因は、

『細かい出費が多いこと』と、
『それを把握していないこと』

これに尽きます。

 

1つ1つの金額はそれほど多くなくても、

「安いからいいや」と、つい沢山or頻繁に買ってしまうんですね。

そして、

「SuicaやPASMOなどの電子マネーで支払う」という人が多く、

そのほとんどが「今月いくら使ったか分からない」んだとか。

 

確かに、

電子マネー決済は、自販機から店舗での高額商品にまで対応していて、

「どこで使ったか?」が不明瞭になりやすいです。

また、現金で払う場合に比べ、”お金を使ってる”という感覚が薄くなります。

 

クレジットカード × 電子マネー = “よくわからん”

 

最近のクレジットカードは便利で、

カードを通して決済をすると、ポイントが貯まり、

それを決済に使えたり、商品に換えたりできます。

 

ですが、銀行口座からの引き落としが一括で行われるため、

「いつ使ったものが、引き落とされたのか」を把握するのは難しかったり。

完全に把握してる人って、どのくらいいるんでしょうか・・?

 

ましてや電子マネーで決済したものについては、

その明細にも“Suica 引き落とし”くらいしか書かれません。

引き落とされて初めて、

「あれ?こんなにSuica使ったっけ?」という感じです。

 

「いくら使ったか?」を把握できてる人や、

把握しなくても問題ないくらい稼いでる人は別に良いですが、

そうでない人は

家賃、水道光熱費はクレジットカード
交通費と趣味は電子マネー
食費は現金

というように、それぞれの決済目的を決めておくと便利ですよ。

 

だけど、もっと「えー!」な反応をしてしまう出費があったり。

それが、昔”つい”入ったもの。

 

1番のトラップ、”つい”入ったもの。

 

みなさんは、昔入ったけれど、

「実は使ってない・・」なんてものありませんか?

何となく入った”ドコモの着うたフル”や、
副業で挫折した”ヤフオクのプレミアムアカウント”、
使うかもしれないと申し込んだ”年会費のかかるクレジットカード”に、
気軽に入った”ネットの対物保険”など、、。

これも、1つ1つは小額だったり。

 

ところが、毎月固定でかかってくる出費というのは、案外大きいもの。

「年間計算すると万単位になる」というのもザラです。

 

しかも、こういう固定費の支払いも、クレジットカードで一括だったりするため、

「長い間気付かなかった」なんてこともあります。

 

ええ。

 

上の例は、全て私の話です。

 

私の場合、

新卒時に「いろいろ揃えよう、やってみよう」と申し込みしたサービスの料金が、

すぐに使わなくなったにも関わらず、

4年間にわたって引き落とされていました。

その金額、なんと毎月12,000円

 

12,000円ですよ?

下手したら、飲み会4回分

うまい棒なら1ヶ月に1200本

少年ジャンプだったら、48冊も買えます。

(買いませんが)

 

1年で14.4万円、、4年間で57.6万円。。

なんと、冬のボーナス1回分以上です。

 

新卒時の自分を、

「殴ってでも止めたい」と思ったのは、これが人生初でした。

まあ、、悔いたところで仕方ありません。

今、ネタにできるので、十分です。

みなさんは、私みたいなことにならないで下さいね。

 

もし、これを読んで、

「あれ、、そういえば、、?」

なんて思った”あなた”、

 

悪いことは言いません。確認しましょう。

 

そして、もし、同じようなことになってたら、、

 

昔の自分を殴りたくなる気持ちは抑えて、

「よし、ネタにしよう」という気持ちとともに、

涙を飲んで、一気に清算しましょう。

 

「後でいいや」で後悔するのは自分です。

 

ついつい「買ってしまう」という人。

そんなあなたにはこの記事もオススメです。

『衝動買いをやめるにはコレ!また、後悔したいですか?』

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top