知っトク ナビたん

Read Article

誰でも簡単に 激うまナポリタン 基本のレシピ&作り方

スポンサード リンク
誰でも簡単に 激うまナポリタン 基本のレシピ&作り方
この記事の所要時間: 45

本場イタリアにはない、日本オリジナルのパスタの1つ「ナポリタン」

 

学生時代によくファミマのナポリタンを貪っていたのですが、最近自分で簡単に作る方法を知りました。

実際に作ってみたのですが、これが激ウマ

 

今回、この激うまナポリタンのレシピと作り方を紹介します。

スポンサード リンク

 

 

レシピ(2人分)

 

必要な材料は以下の通りです。

・太めのスパゲティ:200g

・ケチャップ:100g

・ウインナー(斜めに5mm幅のスライス):2本

・タマネギ(串切り):1/2〜1個

・ピーマン(種を抜いて5mm幅にスライス):1個

・サラダ油:大さじ1×2

 

スパゲティは太め(2.2mmサイズ)がオススメですが、それ以下でも十分美味しく仕上がります。

また、ウインナーはベーコンやハムでも代用できますよ。

 

その他、スライスしたマッシュルームを入れても美味しくなります。

アレンジとして試してみて下さい。

 

 

激うまナポリタンの作り方+解説

 

①スパゲティを茹でて放置する

スパゲティを多めのお湯で茹でる。塩は不要

茹で時間はパッケージに書いてある時間で、終わったらザルにあけて置いておきましょう。

 

本場のスパゲティはアルデンテ(芯の残る茹で具合)を目指しますが、日本オリジナルであるナポリタンは別。

あえて茹でて放置します

茹でて一晩ほど置いてもいいですし、放置が面倒なら本来の茹で時間+1分ほど茹でて下さい。

 

②ウインナーを炒める

中〜強火で熱くなったフライパンに、サラダ油(大さじ1)とウインナーを入れ、しっかりと焼き目がつくまで炒める。

ウインナーをしっかり炒めることで旨味成分の “イノシン酸” が出ます

マッシュルームを入れるならここで。

 

③タマネギを炒める

2015_03_09_1_2

ウインナーに焼き目がついたらタマネギを入れ、しんなりするまで炒める。

 

④ケチャップを炒める

2015_03_09_1_3

タマネギがしんなりしたらケチャップを入れ、ドロッとした感じが無くなり、固まりになるまで炒める。

ケチャップには旨味成分の “グルタミン酸” が含まれます。

ケチャップを炒めることで酸味がとび、甘みと塩味、そして旨味が活きてきますよ

このくらい固まるまで炒める

このくらいに固まるまで炒める

 

 

⑤ピーマンを炒める

2015_03_09_1_5

ケチャップがウインナーやタマネギに絡み、液体感が無くなってきた頃にピーマンを入れて炒める。

ピーマンは最後に入れることで香りが活きます。

早く入れすぎると香りが飛んでしまうため、ケチャップをしっかりと炒めてから入れましょう。

 

⑥サラダ油を入れる

入れる前

入れる前

入れた後

ピーマンをしんなりするまで炒めたら弱火にして、サラダ油(大さじ1)を入れてよく混ぜる。

固まりになったナポリタンソースを溶かすためにサラダ油を入れましょう。

すると水分を失い固まっていたソースが液体感を取り戻します。

 

⑦スパゲティと和える

ナポリタンソースの入ったフライパンに放置しておいたスパゲティを入れ、炒める。

均一になるまでしっかりと混ぜ、熱々になるまで炒めましょう。

火力は弱火で。

 

しっかり混ざり、熱々になったら完成です。

2015_03_09_1_8

 

 

 

ナポリタン作りにおける最重要ポイント「ケチャップを炒める」こと。

ここさえできれば、間違いなく激ウマになります。

 

私はあまりに美味しくて、スパゲティとソースを多めに作って冷凍し、いつでも食べられるようにしました。

アルデンテにこだわらないナポリタンだからこそできることですね。

 

とても美味しいナポリタンに仕上がるので、ぜひ試してみて下さい。

 

それでは。

 

 

 

その他レシピに関わる記事はこちらから

 

▼味にこだわりたい人へ

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top