知っトク ナビたん

Read Article

初心者にオススメ 安いのにおいしいウイスキーとウマい飲み方は?

スポンサード リンク
初心者にオススメ 安いのにおいしいウイスキーとウマい飲み方は?
この記事の所要時間: 936

「最近ウイスキーに興味がある」

「だけどバーはなんだか敷居が高いし、店で買うにもどれを選んだら良いか分からない」

 

今回はそういう人に向けて、スーパーで売られているウィスキーを1通り飲んでみた私が、

1000円前後で買える、安いのに美味しいウィスキーとウマい飲み方について紹介します。

いずれも初心者にオススメですよ

スポンサード リンク

 

 

サントリー:バランタイン ファイネスト

参考価格:1000~1300円

参考価格:1000~1300円

 

最もスタンダードなブレンデッド・スコッチウィスキー

40種類のモルト原酒を混ぜて作られているのですが、口当たりが良くて飲みやすい、かといって軽すぎるわけでもない、香りも十分というウイスキーです。

味も香りも変なクセが無いので、初めての人にオススメできます。

 

ちなみに、私が人生で初めて『ウイスキーっておいしいんだ』と感じたのがこれ。

今後のスコッチウイスキーの基準になってくれるはずです。

 

飲み方は、私はストレート+チェイサー(水)で飲むのが好きです。

チェイサーとは・・

強い酒をストレートで飲む場合、続けて口直しに飲む水、炭酸水や軽い酒のこと。

水やジュース、ビールなどが選ばれる。

 

 

ニッカ:オールモルト

参考価格:1200~1400円

参考価格:1200~1400円

最近のマッサン人気で若干値上がりしているニッカウイスキーのオールモルト。

カフェ式製法+モルト(大麦麦芽のみを原料とする)によって味と香りがとても豊かなものになっています。

“甘めの味” で “クセは無いけど強くて甘い香り” という印象

甘いお酒が好きな人にオススメで、個人的には、この価格帯で1番好きなウイスキーですね。

 

夜、ロックでゆっくりと飲むのに向いています

※モルトクラブという同バリエーションで別のウイスキーもあるため、購入時は注意して下さい。

 

 

ニッカ:ハイニッカ

参考価格:850~1100円

参考価格:850~1100円

同じくニッカのウイスキー。

朝の連続テレビ小説「マッサンとリタ」の主人公、マッサンこと竹鶴政孝さんが毎晩飲んでいたことで有名なお酒ですね。

 

日本のウイスキーはスコッチ寄りの風味が多いですが、こちらも同じく。

上のファイネストに “コク” や “濃厚さ” と “甘さ” を足したような味と香りで、”ザ・ジャパニーズウイスキー” と言えるほど、日本ウイスキーの基準となるお酒だと思います。

 

アルコール度数が39%と、若干他よりも低め。

そして濃いめの味にも関わらず、後味はスッキリ。

“晩酌ウイスキーの決定版” というキャッチコピーで売り出されてますが、まさにその通りです。

 

ストレート、ロック、ハイボールとどんな飲み方にも合います

「毎日飲みたい」という人にオススメですよ。

 

 

サントリー:シングルモルト余市

参考価格:1100~1250円

参考価格:1100~1250円

モルトの中でも、1つの蒸留所でのみ作られるシングルモルト。

余市はその数少ない1つです。

香りはスモーキーで、味はサラリとしつつも重く、濃いめ

正直、“クセの強いお酒” ですが、同時に繊細な味もあり、少量でも十分満足できます。

 

アルコール度数が43%なので、若干強く感じるかもしれません

ほんの一口でも、強い刺激が脳天まで走ります。

しかし薄めると余市の特徴であるクセが薄くなるため、あえてストレート+チェイサー(水)やロックで飲むのがオススメです。

 

他は内容量が700〜720mlなのに対し、余市は500mlしか無いので注意

「時々、ちょっとずつ飲みたい」という人に向いてます。

 

 

アサヒ:アーリータイムズ

参考価格:980~1200円

参考価格:980~1200円

1000円+αで購入することができる、数少ないバーボンウィスキーの1つ

バーボンはアメリカウィスキーとも言われ、スコッチなどは大麦麦芽ベースで作られますが、こちらはトウモロコシがベース。

他のウイスキーにありがちな辛さや上品さは無く、バニラやカラメルなどを感じさせるような強い香り、粗い味と深いコクが特徴です。

 

「バーボン=強そう」と思われがちですが、これは40°程度。

ロック、ストレート+チェイサー(水)、濃いめの水割り(水は大さじ1〜ウイスキーの半量ほど)、ハイボールで飲むのがオススメです。

辛さはほぼ無く、甘いですよ。

(コーラ+刻んだライムのハイボールもgood!)

 

他にもフォアローゼスやジムビームなどありますが、この価格帯ならこれがイチオシ。

さらに+200〜300円ほど追加で買えるジャックダニエルも、香りと甘さが強く、ウマいです。

 

 

キリン:ジョニーウォーカー レッドラベル

参考価格:1100~1400円

参考価格:1100~1400円

世界で最も飲まれてるスコッチウィスキー、ジョニーウォーカーのレッドラベル

もう1つ上のブラックラベルと共に、今回紹介する中ではダントツで飲みやすいウィスキーです。

 

35種類のウィスキーを混ぜて作られたブレンデッドで、フルーティーかつスモーキーな香りと、適度な甘みに適度な辛さ、そしてフルーツのような甘さが特徴

口当たりがとても良く、初めて飲ませた人でも「これは飲みやすい」「美味しく飲める」というほどクセがありません。

 

個人的には上の “余市” とは真逆にあるウイスキーだと思います。

しかし決して薄い味ということはなく、繊細な香りとコクのある味は満足感を刺激します。

ストレート、ハイボール、ロックなど、どんな飲み方でも楽しめるウイスキーですよ

 

 

サントリー:ティーチャーズ ハイランド クリーム

参考価格:980~1100円

参考価格:980~1100円

同じくブレンデッド・スコッチウイスキーの1つ。

スモーキーな香りが強く、甘さはまあまあ。

今回紹介する中では辛口です

 

同じスコッチウイスキーでも、上で紹介したファイネストやレッドラベルとはまた違い、味に複雑さはありません。

その分、単調な味がスモーキーな香りを際立たせます

「スモーキーフレーバーを味わいたいけれど、高いのはちょっと・・」

という人にオススメ。

 

飲み方は、ロックか濃いめの水割り(水は大さじ1〜ウイスキーの半量ほど)、またはハイボールが良いですね

甘さが少ないのでストレートは微妙です。

 

この値段の割にしっかりした味で、初めて飲んだときは少し驚きました。

スモーキーな香りは好みが分かれるため、できれば上のいずれかを飲んだ後、2本目に選んでみると良いかと思います。

 

 

 

以上、私がオススメの1000円前後で買えるほど安いのに美味しいウィスキーとウマい飲み方でした。

 

私はウイスキーの他にもビールや焼酎、日本酒やワイン、その他ジンやウォッカベースのカクテルなども飲みます。

だけど、やっぱり一番好きなのはウイスキーですね。

 

  • 銘柄で全く味が異なる
  • 飲み方を変えることで風味が変化する
  • ほんの少量でも美味しく飲める

と、これだけ楽しめるお酒は他にありません。

特に香りが濃厚なウィスキーになると、たった1滴の水を入れただけでも風味が変わるほどですよ。

(マジです)

 

 

ただ、

「ウイスキーはちょっと苦手・・」

という人も多いので、最後に誰でもウイスキーを美味しく飲める飲み方を紹介したいと思います。

 

 

激うまハイボールの作り方

 

「ウイスキーが苦手」

「だけど、飲んでみたい」

という人は、ぜひ、この飲み方を試してみて下さい。

 

今まで沢山の “苦手” という人に作ってきましたが、いずれも

「おいしい!もっと飲みたい!」

と絶賛されたハイボールです。

 

▶︎レシピ&準備するもの

・グラス

・スプーン

・ウイスキー

・レモン

・ソーダ

・氷

 

▶︎作り方

①しっかり洗ったレモンを1/16〜1/8にカットし、グラスに絞り入れる(皮はそのまま放り込む)

②グラスに氷を半分〜2/3まで入れる

③ウイスキーをグラスの1/3まで入れる

④スプーンを使い、グラスが満たされるまでソーダをそっと流し込む

⑤スプーンを使い、上下に1回だけかき混ぜる

 

いたってシンプルでオーソドックスなハイボールですが、とても美味しいですよ。

ポイントは、①で皮ごと放り込むことと、安いソーダを使わないこと

 

ポッカなどのレモン果汁でも代用できますが、激ウマにはなりません。

本当においしいハイボールを飲みたければ、生のレモンを用意して下さい。

 

また、トップバリューなどの安いソーダはマズいので、せめてサントリーのカナディアンソーダを使いましょう。

ウィルキンソンのソーダを使うと、より美味しくなります。

 

 

ウイスキーは時間をかけて作り、時間をかけて楽しむもの。

ゆったりとしたウイスキーライフをお過ごしください。

 

それでは。

 

 

ちなみに、、

あなたはグラスにこだわる派ですか?

 

いきつけのバーのマスターに教えてもらったのですが、ウイスキーはグラスを変えると味が変わります。

(これもマジです)

もし1つ選ぶなら、飲み口(くちびるが触れる部分)が薄めのものがオススメですよ。

 

 

飲んだ後に食べたくなるラーメンやご飯もの。

ナポリタンやスタ丼を作ってみませんか?

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top