知っトク ナビたん

Read Article

お年玉の相場っていくら? 中学生・高校生編

スポンサード リンク
この記事の所要時間: 35

興味のある事が増えて欲しい物もたくさん出てくる、中学生・高校生。

欲しい物をゲットするために、とても重要なのが “お年玉の中身” ですね。

 

親としては、必要なものは自分でやりくりして手に入れてほしい。

けれど、無駄遣いはしてほしくない。

 

中学生や高校生のお年玉は、いくらにすべき?

 

この記事では、中学生・高校生のお年玉の相場と、中高生のお年玉についての本音について紹介します。

スポンサード リンク

 

 

中学生・高校生のお年玉の相場はいくら?

 

お年玉の相場について、私の周りの中学〜高校生を持つ親に、聞き込みしてみました。

 

その結果、、

中学生・高校生のお年玉の相場は、約5,000円~10,000円の間でした。

 

中学生は5,000円、高校生になると10,000円という意見が多かったです。

 

中学生の1ヶ月のお小遣いが1,000円~3,000円の方が多いようなので、1ヶ月のお小遣いより多い金額を貰えているようですね。

高校生になるとお小遣いの金額は5,000円の方が多いので、こちらも1ヶ月のお小遣いより多いことになります。

大人からすれば、「1ヶ月のお小遣いより多い金額を貰えているから子供達はきっと満足しているだろう」と思っていますが、果たして中学生・高校生の子供たちは、どう思っているのでしょうか?

 

 

 中高生の欲しい物は何?

 

中高生が欲しいものランキングを見ると、1位は現金です。

(とっても現実的。笑)

 

そして2位は i pod touch

images (4)

価格.comの最安値は23,800円。

 

3位はゲームソフトでした。

ソフトも、1本あたり5,000〜7,000円くらいしますね。

 

 

中高生の本音!今のお年玉に満足してる?

 

中高生の欲しい物を見ても分かるように、今の子供たちの欲しいものは “金額が高い”(少なくとも私が学生だった頃より)です。

優れたものが世の中に出回って便利になった反面、昔より物の値段が高くなっていると感じるのは私だけでしょうか?

 

中高生の欲しい物の2位のi pod touch は23,800円もしますし、欲しい物を購入して尚且つ貯金もしようとすると「もう少しお年玉が欲しい」と考えている中高生も少なくないよう。

けれど一方で、「祖父母や親は限りある年金や給与からお年玉くれているのだから、今の金額で満足している」と家族想いの意見もありました。

 

中高生になれば、お金の管理も十分できます。

「欲しいものがあるけれど、お金が足りない」のであれば、貯める・節約するなど、自分でやりくりして手に入れることを学ぶ良い機会。

 

親が預かり、保育園や幼稚園、小中学校の教育などに使ってしまい、子供が大きくなってから「私のお年玉いくら貯まった?」→『使ってしまって無いよ』→「はあ!?ふざけんな!」とケンカになるよりも(よくある話ですよね?)、

経済の勉強を兼ねて、子供に自分でお金の管理をさせてみるのもアリでしょう。

 

私の友達は、かつて親に『使ってしまって無いよ』と言われてトラウマを抱えたために、自分の子供には子供名義の通帳を作って、お年玉や子供用に貰ったお金は全て貯金しているそうです。

聞いたら、結構な金額が貯まっていてびっくりしちゃいました!!ヽ(^o^)丿

 

 

以上、中学生・高校生のお年玉の相場と、中高生のお年玉についての本音の紹介でした。

参考にしてみて下さい。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top