知っトク ナビたん

Read Article

メダル確実!?女子スノボーの見どころと、テレビ放送について。

スポンサード リンク
メダル確実!?女子スノボーの見どころと、テレビ放送について。
この記事の所要時間: 420

(2014/02/20:一部修正・追記)

2月7日に開幕した、ソチ五輪。

 

“スノーボード・女子パラレル大回転”で、

『竹内智香』選手が銀メダルをとりました!

 

おめでとうございます!

 

次は、

“スノーボード・女子パラレル回転”ですね。

 

日本人選手ならテレビの前で応援したいもの。

その見どころはどこなんでしょう?

 

テレビ放送の情報とともに、ご紹介します。

スポンサード リンク

 

見どころは、、スピードと駆け引き!

 

スノーボードというと、

一般的には「ゆるーく滑ったり、飛んだり、回ったり、転んだり、、」

なんてイメージがあるかと思います。

 

ですが、

この “パラレル大回転/回転” は全くの別物。

 

スキーのアルペン種目と同じく、

そのタイムを競います。

 

そのトップスピードは時速70キロにも達し、

平均時速でも60キロほどで滑り降りるんですね。

 

しかも、スキーと違い、

単純にタイムだけではありません。

 

ルールとして、

2 名の選手のペアが組まれ、

同時に、自分のコースを滑ります。

その後、相手のコースも同時に滑り、

予選タイムが出ます。

ですが、

決勝ではトーナメント形式。

 

トーナメント形式なので、

2 名が同時に滑り、

先にゴールした方が勝ち上がり、優勝を決める

ということになります。

 

決勝のトーナメント・・ 

実はこれ、

「とてもきつい」んです

 

というのも、

優勝までには計 10 本(予選 2 本+決勝 8 本)を滑らなきゃいけない

つまり、滑る本数が多いのと、

 

隣で滑る選手が見えて、

音も聞こえるプレッシャーに耐えなきゃいけない

というのが理由です。

 

「本数多いのがそんなにキツいの?」

と思うかもしれませんが、

 

キツいです。

かなり。

 

私も、スキーをある程度マジメにやってるので分かりますが、

失敗が許されない 1 本を滑るだけでも、

かなり疲れます。

 

それを、10 本。

私だったら、やりたくないですね。

 

スノーボードの回転/大回転は、

体力的にも、精神的にもとてもハードな種目なんです。

 

ただ、そういう面が、

私たち視聴者にとっては、

とても盛り上がる部分でもありますね。

 

自分と向き合うだけではなく、

相手との駆け引きもある。

するとそこには、

明暗分かれるドラマが生まれます

そう考えると、ゾクゾクしませんか?

 

日本人のメダル候補は『竹内智香』!

 

2002年のソルトレーク冬期五輪でデビューした彼女。

そこからトリノ、バンクーバーにも出場し、

日本女子スノーボードアルペン界の第一人者といわれます

 

2012年末のイタリアで行われた、

スノーボードワールドカップ女子パラレル大回転では、優勝を飾りました

今回は4度目のオリンピック出場になります。

彼女の圧倒的な滑りが観れる動画がありますので、どうぞ。

たぶん、

「えっ、こんなに速いの!?」

とビックリしますよ。

大回転ではでした。

ソチでは女子初のメダル!

 

本当におめでとうございます!

 

回転にも期待ですね!

 

気になるテレビ放送は、、

 

TBSで、ソチオリンピックのスノーボード関連の中継を観ることが出来ます。

(種目はハーフパイプ、スロープスタイル、女子パラレル大回転/回転)

放映権の問題で、NHK地上波で競技全ての中継ができない中、

TBSはやってくれます。

 

大会日程・放送日程

 

2月19日(水)

▷スノーボード 女子パラレル大回転 予選

 日本時間 14:15~

▷スノーボード 女子パラレル大回転 決勝

 日本時間 18:00~

2月22日(土)

▷スノーボード 女子パラレル回転 予選

 日本時間 14:15~

▷スノーボード 女子パラレル回転 決勝

 日本時間 18:15~

2日間に渡って戦います。

予選より決勝のほうが面白いですが、

予選だって観たいです。

 

なんとか、午後の都合をつけたいところ。。

 

この期間だけ、

“オリンピック休み”があればいいのに、、

なんて思っても仕方ないですね。

 

それまでに仕事を頑張りましょう。

 

22日の回転競技は、

多くの人がテレビの前で応援できそうです。

 

頑張れ!竹内選手!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top