知っトク ナビたん

Read Article

節分の鬼は何色?赤・青・黄・黒・緑・白の意味、豆まきの効能の違い

スポンサード リンク
節分の鬼は何色?赤・青・黄・黒・緑・白の意味、豆まきの効能の違い
この記事の所要時間: 316

「節分」と言えば、あなたは何を思い浮かべますか?

 

私は『豆まき』を思い浮かべます。

 

しかし、私の子供たちは『鬼』を思い浮かべるようで、豆が好きで「節分」も大好きな私とは対照的に、彼らにとって『節分=怖い』行事だそう。

 

ところで、この『鬼』。

一般的には “赤色” や “青色” ですが、他の色もあるって知ってますか?

 

じつは、それぞれの色には意味があり、豆まきによる効能も違うんです。

今回は各色の鬼と、その意味について、ご紹介します。

スポンサード リンク

 

 

事の始まりは

『何で鬼って赤の鬼や青の鬼とかいろいろいるの~??』

と言う幼稚園児の息子の疑問から始まりました。

 

 

節分の鬼には何色の鬼がいる?その色の意味は?

 

一般的に知られているのは赤鬼青鬼です。

 

ところが他にも、緑鬼黒鬼黄(白)鬼がいるんです!

2015_10_19_01_01

子供達に『鬼は五色いる』という事を伝えると、とてもびっくりしていました。

 

では、なぜ五色の鬼がいるのか?

それは仏教における「煩悩」と関係があり、「心穏やかに過ごすには、心に蓋をしている5つの煩悩を外しなさい」という五蓋(ごがい)の教えからきているようです。

 

鬼とは、人の中に住まう “負の感情” の権化。

色によって感情の種類が異なるため、次は『五色の鬼』『五蓋の意味』について紹介します。

 

鬼の色によって、豆まきの効能も変わってきますよ。

 

 

 赤鬼の意味と、豆まきの効能

2015_10_19_01_02

赤鬼は、五蓋の『貪欲(どんよく)、欲望、渇望』を意味します。

人間のすべての悪い心の象徴で、豆をぶつける事で、自分の中の悪い心が取り除かれると言われています。

 

 

青鬼の意味と、豆まきの効能

2015_10_19_01_03

青鬼は、五蓋の『瞋恚(しんに)、悪意、憎しみ、怒り』を意味します。

貧相な “自分自身に豆をぶつける” 事で、福相、福徳に恵まれると言われています。

 

 

緑鬼の意味と、豆まきの効能

2015_10_19_01_05

緑鬼は、五蓋の『惛沈睡眠(こんちんすいみん)、倦怠、眠気、不健康』を意味します。

不摂生を反省して、体を健康に保つことを自分に言い聞かせながら豆をぶつけると良いとされています。

 

 

黒鬼の意味と、豆まきの効能

2015_10_19_01_06

黒鬼は、五蓋の『疑(ぎ)、愚痴、疑いの心』を意味します。

豆をぶつけることで、卑しい気持ちを追い払い、平穏を願うとされています。

 

 

黄鬼(白鬼)の意味と、豆まきの効能

2015_10_19_01_04

黄鬼(白鬼)は、五蓋の『掉挙悪作(じょうこおさ)、心の浮動、後悔、甘え、我執(がしゅう:我を通すこと)』を意味します。

豆をぶつけることで、自己中心的な考えを反省し、公平な判断が出来るようになると言われます。

 

 

以上、節分の各色の鬼と、その意味についてお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

 

私は、今まで自分自身に豆をぶつけた事がなかったので、青鬼の意味を知って驚きました。

 

そして、黄鬼!

ワガママに効くとか!

 

次回の節分は、黄鬼を登場させることが決まりました!

子供達のワガママっぷりを改善してみたいと思います(笑)

 

あなたも、子供への『もう少しこうなってくれたら・・』という願いを込めて、鬼の色を変えてみてはいかがでしょうか?

きっと、いつも以上に盛り上がりますよ!

 

 

▼子供向けに『節分の由来』を説明するなら、こちらを参考にどうぞ

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top