知っトク ナビたん

Read Article

就活やチームの運営に。帰属意識を高め、一体感を生む12の方法

スポンサード リンク
就活やチームの運営に。帰属意識を高め、一体感を生む12の方法
この記事の所要時間: 42

仕事とは、一人だけで進めるものではなく、関係する大勢の人によって進むもの。

 

就職活動を始めたり、社会人になるにあたり、誰かと一緒に働く上で重要となるものに「一体感」があります。

一体感を高めることなしには、チームワークを発揮することが難しく、共同作業、仕事において、うまくいかないことが発生します。

 

今回は、一体感を高めるためにあなたができること、あなたがチームメンバーに共有するべきことの12項目を紹介します。

スポンサード リンク

 

 

そもそも一体感とは?

 

「一体感」とは、個人個人が尊重、評価されており、個性を受け入れてもらっていると感じられる状態であり、みんなが個人としても集団としても最良の仕事ができるようにと、リーダー、同僚などが、熱心に、かつ、真剣に助け合っている状態をいいます。

これがあることで帰属意識(集団に所属しているという意識)が高くなり、「その集団のために活動しよう」という個人が多くなります。

結果として、一体感のあるチームやグループは、そうでない集団に比べて、成果が高くなります。

 

 

一体感を高める12の有効な手段

 

「チームの一体感を高めたい」と思っている人も多いでしょう。

ここでは、一体感を高めるために有効な方法について、ご紹介します。

 

1. 心のこもった挨拶をする。「こんにちは」の一言を侮らない。

挨拶はすればいいというものではありません。チームに対して心をもって挨拶をします。

 

2. 自分自身に、そして自分のチームメンバーに、安全、安心という意識を作り出す。

お互いに対して不安だったり不信感があるチームでは、うまくいくはずがありません。

メンバーに信じてもらうためには、自分自身が、各メンバーに安心感を持つ必要があります。

 

3. 共通の利益をめざし、ゴールを設定し、成功を分かち合う。

共通の目標をゴールとして設定することで、成功への道が見えます。

 

4. 相手の言うことに、仲間として耳を傾ける。聴いて、聴いて、そして心から関心を寄せる。

どんなメンバーもかけがいのないチームの一部です。意見を聞いて、話に関心を寄せることが大切です。

 

5. 大胆になろう。居心地の良さに甘んじないで、これでいいのかと、自分と仲間に問い続ける。

なれ合いに甘んじるのではなく、思い切ったことも必要になります。

 

6. 初めは不十分でも良いので、自分の考えを示して議論を始める。その後、考えを変えることも進んで受け入れる。

自分の意見を示すことは、怖かったり、ためらいがちですが、積極的に示し、議論に加わりましょう。

他の人の意見で良い意見があれば、自分の考えを変えることももちろんOKです。

 

7. 仲間が示すアイディア・考え・感情を受け止めよう。考えを共有してくれたことに対し、お礼を言って元気を返す。

メンバーの考え方を素直に受け止め、意見を出してくれたことに感謝しましょう。

メンバーは、もっともっと、意見を出しやすくなり、活発な議論が期待できます。

 

8. あらゆる角度から物事を見る。仲間の考えや経験を共有し、尊重する。

偏った考えではなく、多角的に物事をみるくせをつけましょう。

仲間の考えは、自分以外の考えであるという点で、「別の視点」です。

自分の意見だけでなく、メンバーの意見を尊重しましょう。

 

9. 意見の相違に取り組み、解決する。

自分の意見とメンバーの意見が異なることは、当たり前のことです。

その』相違に戸惑うのではなく、、ゴールに向かって議論を重ねましょう。

 

10. ほおっておかれたり、取り残されそうな人がいる時には、声を上げる。

10人のチームであれば、10人の性格があります。

恥ずかしがりやの人もいるかもしれません。

意見が聞けてないメンバーには声をかけましょう。

また、内容についていけていないようなメンバーをみかけたら、理解ができる助け舟を出しましょう。

 

11. 全容把握に何が必要か考え、必要な人、必要な仕事、必要な時間が揃うように違う見方の人も議論に巻き込む。

全体の把握をするために、必要な要素をそろえるためには、自分以外のメンバーの見方も重要です。

積極的に議論に巻き込みましょう。

 

12. 信頼を構築する。やるといったことは実行し、秘密は守る。

メンバーとして一つになるための、最重要課題です。

一度失くした信頼を取り戻すことは難しいです。約束は守りましょう。

 

いかがでしょうか?

この12の方法は、いずれも私が実践してみて『効果があった!』と感じたものです。

仕事以外の人付き合いでも、心がけることで関係構築に有意義に働きます。

「一体感を高めたい」と思っている人は、ぜひ試してみてください。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top