知っトク ナビたん

Read Article

17卒就活生向けの業界研究情報10~エンジニアリング業界~

スポンサード リンク
17卒就活生向けの業界研究情報10~エンジニアリング業界~
この記事の所要時間: 253

これから就活が始まる方へ。

各業界の企業研究はしていますか?

 

「まだしてない・・」

「どこから始めたらいいか分からない」

そんな方も多いかと思います。

 

そこで、私が足を使って調べた各業界の研究結果のまとめを紹介していきます!

今回は、17年卒向けの『エンジニアリング業界』の企業研究の結果について。

スポンサード リンク

 

エンジニアリングって、どんな業界?

 

エンジニアリング業界にはなじみの浅い人も多いと思います。

事業内容としては、「持続可能な社会」に向けて、環境問題に配慮し、インフラ整備を行っています

プラントや社会インフラなど、国家レベルで取り組んでるテーマを扱うことが多いため、顧客は政府・自治体(ODA案件)関係から石油会社など幅広いです。

 

社会・環境問題には、ごみ、水、エネルギー(資源採掘)、大気汚染、交通インフラ、生態系を包括した環境、高齢化、自然災害、人口増(2100年まで)などがありますが、祖父母世代の時の問題はどうだっただろうか?と考えるとわかるように、時代の流れとともに問題は変化し、増加していきます。

そこで、他産業や業種が生み出す、国内外のあらゆる問題にアプローチし、技術力をもって、その根底を支えることで、地域に貢献し、世界の暮らしの礎を築き、社会貢献型ビジネスとして発展させているのがエンジニアリング業界です。

 

 

エンジニアリング業界の特徴

 

商社と業務内容は似ていますが、エンジニア(技術)を持っていることが特徴と言えます。

地域社会と調和し、雇用創出ができるほか、Co2排出量への提言など、社会貢献度の高い事業内容であるため、今後も安定して伸びていく業界だと言えるでしょう。

人類が考えるべき優先順位が高いテーマに密着していることから、仕事人生を終えた時、『~~できたな』『~~を世にのこせたな』と思える、やりがいのある仕事であることもポイントです。

 

 

仕事の流れ

 

具体的な仕事の流れとしては、Engineering(設計)⇒Procurement(資機材調達)⇒Construction(建設工事)というのが一般的です。

※その中でも建設工事はゼネコンとジョイントベンチャーで行うことが多い。

プロジェクトは全てOrderMaidであるため、目標共有&時間共有&問題共有により、高い一体感・信頼感・顧客満足が得られます。

 

 

大手企業

 

実は、羽田空港滑走路や、シンガポール・マリーナベイサンズのSkyparkを手掛けたのも、エンジニアリング会社。

エンジニアリング事業に携わっている企業は、かなり幅広く存在します。

 

  • エンジニア専業

石油、ガス、エネルギー(LNG基地、パイプライン、天然ガス、地熱発電プラント):日揮、千代田

化学・肥料:東洋エンジニアリング

 

造船・重機系:三菱重工、IHI、日立造船、川崎重工、三井造船

製鉄系:新日鉄エンジニアリング、JFEエンジニアリング
※NKK+川崎製鉄=JFEホールディングス(JFEエンジニアリング+JFEスチール)

重電系:日立製作所、東芝プラントシステム

 

自分の仕事人生において「何かをこの世に残したい」「やりがいのある仕事がしたい」というあなた。

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top