知っトク ナビたん

Read Article

巨乳の人は要注意!胸の大きい人が着ると太って見える服

スポンサード リンク
巨乳の人は要注意!胸の大きい人が着ると太って見える服
この記事の所要時間: 254

胸の大きい人が共通して抱える悩み。

それは、太って見えること。

 

“胸の大きい人の悩み”だなんて、うらやましい悩みですよね。

でも、悩んでいる人がたくさんいるのも事実なんです!

 

 

デブじゃないのにデブだと思われるのは嫌だ!

 

実は胸が大きくてもデブに見えない人もいます。

それは、彼女たちが、「太って見える服」を知っていて、着ないように心がけているからです。

 

けれど逆に、ウエストもキュッとしていて、腕や足も普通の太さなのに、胸が大きいっていうだけで太ってしまう服装があります。

今回は、意外と知られていない、胸の大きい人が着ると太って見える服・アイテム4つと、太って見えないコツ2つをお伝えします。

スポンサード リンク

 

 

太って見える服1、Aラインの服

2016_10_23_01_02

Aラインの服は、胸より下が広がっているデザインなので、ウエストが締まっていても足が細くてもそれらを隠してしまい、寸胴に見えてしまいがち。

かわいい服も多く、おなかの気になる人にとっては最高のアイテムなのですが、巨乳の人がAラインを着てしまうと、太って見えてしまいますよ。

 

 

太って見える服2、膨張色

2016_10_23_01_03

オレンジやピンク、黄色は、女らしさを表現できてかわいらしいですよね。

しかし胸の大きな人は膨張色の洋服を着ることで、さらに胸や体が大きく見えてしまい、太って見えてしまいます。

 

 

太って見える服3、タートルネック

2016_10_23_01_04

タートルネックはデコルテ(クビ〜肩〜胸までのライン)を隠し首が短く見えてしまうため、胸は協調されますが、太って見えてしまいます。

特に白のタートルネックなどは危険です。

 

 

太って見えるアイテム1、スカーフやストールなどの巻物

2016_10_23_01_05

デコルテという女性の華奢な部分を隠してしまい、顔の下にすぐ大きな胸が見えることによって、視覚効果で太って見えてしまいます。

おしゃれをするのにスカールやストールを巻くのはわかりますが、「首元が見える巻き方をする」や「黒などの締まった色を使う」など工夫しましょう。

 

 

太って見えないコツ1、ウェストシェイプの服を着る

ウエストのタイトな服、ウエストでギャザーになっている服は、ウエストの細さが協調され、胸との差がよく見えるので、スリムでグラマーに見えます。

セクシーさを演出することもできます。

その中でも黒や青など落ち着いた色と選ぶと、色効果で痩せて見えることができます。

 

 

太って見えないコツ2、胸下をリボンやベルトで締める

胸のすぐした、肋骨の下辺りで、リボンやベルトを締めることをオススメします。

ベルトの色や柄は、できれば落ち着いた柄で、黒などオススメします。

というのもベルトが目立つと、引き締め効果が薄れてしまうからです。

 

女の子によっては、もっと下のほうが細くなっている子もいますが、上のほうで締めると、胸の下からすぐ長い足が出ているように見えるので、すらっと、スタイルよく見えます。

胸の大きくて足の長い女性を、魅力的だと思わない人はいません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

巨乳に悩むことなく、巨乳を武器にたのしく毎日過ごしましょう♪

(私はというと最近みるみる乳がしぼんできていて、悲しいです。高校生のときの自分の乳に戻りたいです。。)

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top