知っトク ナビたん

Read Article

【新卒向け】学生のうちに抑えておきたいビジネスマナー『身だしなみ編』男性&女性

スポンサード リンク
【新卒向け】学生のうちに抑えておきたいビジネスマナー『身だしなみ編』男性&女性
この記事の所要時間: 42

就職すると求められるビジネスマナー。

 

今回は、ビジネスの場における「社会人としての身だしなみ」においてチェックすべきポイントについて、箇条書きでまとめてみました。

学生のうちに理解しておくと、入社してからが楽ですよ。

スポンサード リンク

 

 

 若いうちから始めておくとGood!

 

身だしなみは第一印象の決め手となります。

実際にあなたも、他の社員の身だしなみを見て、社風の判断をすることがありますよね。

 

身だしなみというのは、”何気ない仕草”や”普段の服装”などのこと。

ちゃんとしたものを身につけるまでには時間がかかり、最初のうちは『意識して実践すること』が重要になってきます。

 

今回は、ビジネスにふさわしい身だしなみのチェックポイントを男女別にお届けしますね。

 

 

<女性の場合>

 

1、髪は清潔にしていますか?

2、仕事をしやすいヘアスタイルにしていますか?

3、前髪が目にかかっていませんか?

4、染色は自然な色ですか?

5、清潔で健康的なお化粧ですか?

6、化粧崩れはしていませんか?

7、香水、口紅の色は強すぎませんか?

8、露出が多かったり、服をくずしてきていませんか?

9、衣類に汚れ、しみ、しわはありませんか?

10、衣類にアイロンがかかっていますか?

11、肩にフケや抜け毛がついていませんか?

12、袖口のボタンをとめていますか?袖まくりはしていませんか?

13、爪は伸びすぎていませんか?

14、マニキュア・ジェルネイルの色は濃すぎませんか?はげていませんか?

(業界や業種にもよりますが、新入社員は塗らない、もしくはピンクベージュが理想です)

15、ネイルアート(ラメ、ストーン、グラデーション)は派手すぎませんか?

16、ストッキングの色は適当ですか?(タイツ、ハイソックスは基本NG)

17、ストッキングの伝線、たるみはありませんか?

18、ストッキングの予備を持っていますか?

19、靴はきちんと磨かれていますか?

20、かかとが磨り減っていたり型崩れしていませんか?

21、靴の色や形は適当ですか?

(ヒールは高くて5cm、ウェッジソールはNGとされます)

22、邪魔になるアクセサリー、目立つものをつけていませんか?

23、腕時計はビジネスにふさわしいものですか?

 

 

<男性の場合>

 

1、 髪は伸びすぎていませんか?

2、 寝癖はありませんか?

3、 ビジネスにふさわしい髪型ですか?

4、 染色は自然な色ですか?

5、 整髪料のにおいは気になりませんか?

6、 あご・口のまわりに髭の剃り残しはありませんか?

7、 歯はきれいですか?口臭はしませんか?

8、 襟や袖口は汚れていませんか?

9、 袖口のボタンを留めていますか?袖まくりはしていませんか?

10、 ワイシャツの色、柄は適当ですか?

11、 ワイシャツには、アイロンがかかっていますか?

12、 ネクタイは曲がっていませんか?結び目は緩んでいませんか?

13、 ネクタイにシミがついたり、シワになっていませんか?

14、 ネクタイの長さは適当ですか?

15、 肩のフケに注意していますか?ジャケットにシミはありませんか?

16、 立った時にジャケットのボタンは留めていますか?

17、 上着のポケットがふくらむほど、物をつめていませんか?

18、 ズボンはプレスしてありますか?

19、 ベルトは傷んでいませんか?

20、 ベルトの色や型は適当ですか?

21、 爪は伸びていませんか?

22、 靴下はずり落ちていませんか?

23、 靴下は派手な色や柄ではないですか?(スポーツ用ソックスは避ける)

24、 靴はきちんと磨かれていますか?

25、 かかとが磨り減っていませんか?型崩れしていませんか?

26、 靴の色や型は適当ですか?

27、 腕時計は、ビジネスにふさわしいものですか?

 

 

いかがだったでしょうか?

 

業界によっては『服装や身だしなみなんてどうでもいい』なんてところもありますが、「出来るけどやらない」と「出来ない」は全くの別物。

20代などの若いうちは良いですが、30歳を超えてくると身だしなみにも気を遣えるのが、当たり前になってきます。

 

けれど最初にも書いたように、ちゃんとした身だしなみを身につけるには、それなりに時間がかかります。

30歳になってから意識しても、すぐに出来るようにはならないんですね。

 

なので、新卒などの若いうちから意識して身につけることをお勧めします。

出来て得することはあっても、損することはありませんからね。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top