知っトク ナビたん

Read Article

商社における経理の仕事とは?5大商社「双日株式会社」で働くアラサーイケメンにインタビューしてきた

スポンサード リンク
商社における経理の仕事とは?5大商社「双日株式会社」で働くアラサーイケメンにインタビューしてきた
この記事の所要時間: 528

こんにちは、『smiley』です。

私はいろんな業界の方とお会いして、お話を聞くことがよくあります。

 

今回の『各業界へのインタビュー』は、なんと!

日本5大商社の双日株式会社で経理として働くAさんです。

スポンサード リンク

 

 

いきなりプライベートな質問ですが・・

 

今は子会社に出向しているということですが、商社で働くため彼はものすごく力を入れて就職活動をされていました。

そんなアラサー商社マンかつイケメンAさんは、『社内社外を問わずモテモテに違いない!』と感じましたので、恋愛についても少し聞いてみました☆

 

商社マンかつイケメンで、Aさんってものすごくもてそうですよね。

商社と言っても、私は経理ですし、地味な仕事が多いですよ。海外出張よりも、喧々諤々と議論する時間のほうが何倍も長いですし。

どろどろした部分も多いので、現地化で苦しんでJETROさんにお世話になったこともあるんですよ。商社って思っているより華々しい仕事でもないですよ。

私は元々、営業志望でしたが、商社にある配属リスクとはこのことで、バックオフィスに勤務になりました。
ただそのおかげで、5年目と早い時期からオーストラリアに駐在できたり、案件ベースでの出張はかなり多いので、楽しい面も多いです。

 

 

 

地味な仕事と言いますが、商社の経理ってどんな仕事内容なんでしょうか?

 

一日の流れは『9:15に出社し、朝メールをチェックし、スケジュール確認、営業対応(伝票と仕分けのチェック)、新規投融資案件の審議(会計税務面から)、合間時間に伝票確認』という感じですね。20時前後に帰宅するイメージ。18時の時もあるかな。

真夜中まで働くということはないので家族にとってはいいパパですよね。笑

一年の流れでいうと、スケジュールの決まっているのは、四半期決算と月次決算、不定期なのは営業対応、新規案件の審議ですかね。決算の都度忙しいのは経理ならではです。

 

 

 

どんなことに気をつけてお仕事をされているのですか?また、やりがいを感じるのはどんなときですか?

 

時間をかけすぎないこと、効率性(海外駐在で感じた日本の非効率さ)、タイムリーかつ正確な報告、業務につながるインプットを増やすことですね。経理=審議であるので「知っているということ」が大切です。

常に全社目線(経営目線)1年目では2年目の人がどういうことを気にしているのか見ていました)。ボトムアップが受け入れられてるので、部課長にスリム化を提案したこともあります。

やりがいを感じるのはやはり、経営目線が経営者と同じだと感じたときですね。

潜在的なリスクの洗い出しとその対応策など細かい方針についての目線です。

 

 

 

商社って伝統的でがちがちなイメージがあったんですが、上に提案したりすることを受け入れてもらえるんですね!

所属長にもよりますが、和気藹々としていますよ。もちろんやるときはやりますが。

経理全体で80-100名、主計経理は120-130人という規模でしょうかね。女性も平等に働けていて課長もいる、営業に時短の人もいます。

インドで鉄道をひくプロジェクトを担当している2個上の女性はインド出張も行っています。

営業2年目で海外に行った同期もいるくらい、海外にどんどんでてけというオープンな社風ですよ。それに目をつけて入社しましたので。

 

 

 

一年目からそんなことを考えつつお仕事されていたのですね。。そんなAさんはどんな学生時代を送られたのですか?

 

ゼミ(開発経済学)に注力していました。あと、就職活動には全力投球しました。

 

 

 

大手狙いで絞った就職活動をされたと伺いましたが、どんな就活をされましたか?

とにかく世界に出たかったので、商社(三井、伊藤忠、双日)と重工(MHI、IHI)に絞って就活しました。

面接の練習で、金融系にもエントリーシートを提出しましたが、ES提出は全部で10社程度のみです。

会社説明会に行ってもたいした話はしないので、アニュアルレポートで情報収集し、社員訪問して会社、人を知り、絞っていきました。

そこで、『各商社はアイデアで計画を練り、取引をえるためプロセスとその規模以外に、さほどの違いは生まれない』と感じました。

 

最初の内定は、SHARPさんからでした。

しかし、仕事を通じて自己実現したいと考えており、将来の自分像に近い人が多かったから、やはり商社が第一志望でした。

商社の中で今の会社が一番早く内定をくれたから、双日株式会社に決めました。

 

 

 

すんなりと内定が出るなんて流石です・・・。双日株式会社ではどんな人材が求められていると思いますか?

 

普通のことを普通にできる人。これって意外と高いレベルなんです。でもこれができないと、今弊社が直面している課題にも太刀打ちできませんから。

理解が早く、勉強熱心、努力する人。定量化できないので、印象が大切。気づきの多い人=身になるスピードが速い。地味なこともまじめにできる人ですかね。

 

 

 

差し支えなければお聞かせ下さい。御社の課題って何なんですか?

収益力と、いびつな社員ピラミッドですね。

まずうちは、柱がないので、模索中なんです。社員は、30代後半~40代前半が少ないことですね。ここ、合併時にやめた人が多く、そこに穴ができたんです。

あとはリスクが大きすぎてやらないと判断する案件がある。こういう案件は三大商社とかに取られちゃいます。まあ、ここ5年で上記の収益力に問題がなくなればうまくいくようになりますね。

 

 

 

いろいろ赤裸々に教えていただいてありがとうございます。さいごにAさんの今後5年と10年後のビジョンを教えてください!

特定営業部ではなく全社を見ていきたいと思ってます。

また海外に行って、帰国して、運がよければ課長。ゆくゆくは経営者。外部評価がないから、CPAをとろうと思っているんです。

私のモットーは「考えて動けば、人生は思い通りになる」です。

 

イケメンからイケメンな名言が出ました。笑 ありがとうございました!

 

 

年齢が近く、和気あいあいとした雰囲気だったため、軽口も多くなってしまいました。

ですが、商社への就活を考えている方にとっては良い情報だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top