知っトク ナビたん

Read Article

OB訪問で丸紅へ!就活や学生時代の過ごし方、実際の仕事について聞いてきた!

スポンサード リンク
OB訪問で丸紅へ!就活や学生時代の過ごし方、実際の仕事について聞いてきた!
この記事の所要時間: 33

こんにちは、『smiley』です。

私が、各業界の方に直接インタビューする企画。

 

今回は、OB訪問で伺った丸紅のH.Mさんです。

スポンサード リンク

 

現在の仕事について (一年と一日の流れ)

 

船について予算を作ったり、経理。

基本的な勤務時間は9:15〜19-20くらい。

五月だけは特殊で、24時まで仕事をするときも。

 

 

仕事をする上で常に考えていることは何か?

 

まだ入社(転職)して間もないため、

・早くキャッチアップすること

・今までの経験を活かすこと

を考えている。

 

使う船、持ち方など用語は同じでも社内制度が異なる。

 

 

どんな学生時代を送ったか?

 

オーケストラ、富士山登山ガイドに精を出した。

あとは飲み会ばかり(笑)

 

 

どんな就活をしたか?

 

2004年に日本郵船に入社。

正直、「受かればどこでもよかった」が海運は1社のみ受けた。

 

金融、メーカー、商社をブランドで受けた。

自分の雰囲気に合っていて人数が少なく面倒を見てもらえるのが魅力だった

 

 

商社を志望し、その中でも現在の企業に入社した理由

 

転職活動中、前の会社の仕事と同じ船の分野でたまたま募集してた商社だった。

 

 

入社して驚いたことは?

 

大組織で意思決定が遅い上、「船舶」でひとつの会社のようなものなので背番号制でずっと同じ部署にいること。

 

 

職場の雰囲気は?

 

仕事をしっかりやるし、教わる、ビシバシの厳しさがある。

ただお客さんの前に出ることがなければ服装はゆるい。

女性でも船舶にはノルウェーとシンガポールに出ている人もいる。

30前後の油の乗った時に海外に出したいが、子供が小さかったり結婚したばかりという人が多い。

 

 

求められている人材とは?

 

日本の古い会社を受け入れられる人。

素直であり受け入れる素養がり、コミュニケーションができる(船は得に飲み会が多い)。

 

 

今、企業が直面している課題は?

 

キャッシュが足りない(投資回収ができていない)

 

 

感じる他の商社との違いとは?

 

船舶事業の軸はトレードと自社船。

トレードにおいては他社と協力することもある。すみわけやコネが多い。

自社船(投資)については船を扱うすべての企業がライバル。商品差別化やタイミング。過去40年でいま一番経営が悪い。

 

 

やりがいを感じる時は?

 

管理部は達成感を得るのは難しいため、社内の人に感謝されるのがやりがい

 

 

今後(5年と10年後)のビジョンを教えてください

 

ぱっぱと決断をして進めていけるようになりたい。

子供も小さいし海外に行きたいのはない。

ロンドン、シンガポールがマーケットの中心なので、行くとしたらそこらへん。

船部門は居心地がいいのでずっとやっていきたい。

 

 

マドリッドのIEでMBAを1年で取得。

MBA top rankingのうち英語でいけるところで調べた。

欧州は30前後が多いが、米はもう少し若い。

制約のなさを実感した。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top