知っトク ナビたん

Read Article

コーヒーの飲み過ぎ。気持ち悪い時の対処法と、許容量について

スポンサード リンク
コーヒーの飲み過ぎ。気持ち悪い時の対処法と、許容量について
この記事の所要時間: 535

※分かりやすくした再掲記事です。

 

あなたは、コーヒーが好きですか?

 

私は大好きです。

特にコーヒーの香りが好きでリラックスできるので、ほぼ毎日7〜10杯は飲みます。

 

この記事では、

コーヒーの飲み過ぎで気持ち悪いときの対処法や、コーヒーの許容量について、お伝えします。

 

※個人の体質によって、常に同じ効果が出るとは限りません。

スポンサード リンク

 

 

気持ち悪いのは、カフェインが原因

 

「コーヒーは緑茶よりカフェインが少ないから、たくさん飲んでも大丈夫」

あなたは、そんな話を聞いたことはないでしょうか?

 

実はこれ、あくまで茶葉やコーヒー豆に含まれる量の話なんですね。

 

そして、茶葉やコーヒー豆に含まれるカフェインが、全てお茶やコーヒーに出るわけではないんです。

 

抽出され、カップに注がれた状態では、やはり緑茶よりコーヒーの方がカフェインが多くなるんですね。

(例外として、玉露だけはダントツでカフェイン量が多かったりしますが・・「玉露を飲み過ぎる」ということはないと思うので外してます)

 

カフェインには・・

・中枢神経を興奮させる
・利尿
・心拍数を増加させる
・心拍出量を増大させる
・胃液の分泌を増大させる
・基礎代謝量を上げる

などの効能があります。

 

つまり、カフェインの摂り過ぎによって、中枢神経を興奮させる作用が “ボーッとしたり”“落ちつかない” という状態につながり、心拍に作用する効能が “アタマの痛み” につながります。

 

そして、それを感知した脳が「これはおかしい」とカラダを回復させようとするため、“まぶたが重くなり、横になりたくなる” んですね。

 

 

また、本当にヒドいときには胃も気持ち悪くなります

これは、胃液の分泌量が増えるせいなのかも知れませんね。

 

 

更に体質によっては“雷鳴頭痛” を引き起こします。

(雷鳴頭痛:眠れないほどの痛みを伴う頭痛、カフェインや頭痛薬が原因で”ノロウイルスの症状”や”転倒による骨折+足の擦りおろし”が可愛く見えるほどの痛みだとか)

 

 

色んな症状が合わさって、『気持ち悪い』となるコーヒーの飲み過ぎ。

 

どうしたら楽になるんでしょうか?

 

 

対処法は・・?

 

基本的にカフェインには解毒薬などがないため、対症療法を行って時間と共に回復を待つしかありません。

 

その対処療法とは、、

 

たくさんの水を飲むこと。

 

 

水をガンガン飲んで、どんどんトイレに行きましょう。

カフェインの利尿作用も手伝って、出すたびにアタマがスッキリするのを実感することができるかと思います。

 

 

実際に色々な飲み物で試しましたが、体温に近いぬるま湯が一番効果があったように感じます。

 

しかし、グレープフルーツ(ジュースも含む)はカフェインの分解を抑えるため、「コーヒーの飲み過ぎで気持ち悪い」というときは避けましょう。

 

また、私は吸わないので検証していませんが、タバコを吸うと、カフェインの分解速度があがるという情報がありました。

 

「脳の血管が収縮するため、アタマの痛みも和らぐ」という声もあります。

試してみる価値はあるかもしれません。

 

 

ドリップコーヒーを飲むときは要注意。

 

インスタントコーヒーでは全くありませんが、ドリップしたコーヒーを続けて5杯も飲むとほぼ確実に起こるこの症状。

 

『なぜだろう?』と気になったのですが、インスタントコーヒーとドリップコーヒーでは、カフェインの含有量に違いがあるんですね。

 

 

カップ1杯(約150ml)のコーヒにつき、インスタントでは65mgドリップでは100mgのカフェインが含まれるそうです。

 

そして、1時間以内に、6.5mg/kg以上のカフェインを摂ることで、約50%の人が「気持ち悪さ」を訴えます。

3時間以内に17mg/kg以上の場合は、100%です。

 

つまり、

体重が45kgの人なら、インスタント5杯、ドリップ3杯以上

体重が55kgの人なら、インスタント6杯、ドリップ4杯以上

体重が65kgの人なら、インスタント7杯、ドリップ5杯以上

 

これだけの量を1時間以内に飲んでしまうと、約半数が気持ち悪くなるということですね。

 

 

また3時間以内に、

体重が45kgの人なら、インスタント12杯、ドリップ8杯以上

体重が55kgの人なら、インスタント15杯、ドリップ10杯以上

体重が65kgの人なら、インスタント17杯、ドリップ11杯以上

を飲んでしまうと、100%気持ち悪くなります

 

もっと詳細なデータは、こちらを参照。

カフェイン中毒量と致死量

 

 

確かに、私が気持ち悪くなるのは、ドリップコーヒーを連続で5,6杯飲んだとき。

私より体重の軽い女性などは、もっと早くに症状が出るんでしょうね。

 

この量を目安に、カフェで作業したり、お茶するときは飲み過ぎないように注意して下さい。

 

 

 

とはいえ、「それでもコーヒーをガブガブ飲みたい」という人もいるでしょう。

 

そんな人は、こちらの飲み方がオススメです。

 

また、中煎りのコーヒーよりも、深煎りのコーヒーのほうがカフェイン量が少なくなります

選ぶときの参考にどうぞ。

 

それでは。

 

 

▼たぶん手軽に買えて、一番美味しいインスタントコーヒー

[amazonjsasin=”B004G8MEWE”locale=”JP”title=”ネスカフェ香味焙煎深煎り70g”]

 

詳しくはコチラ。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top