知っトク ナビたん

Read Article

会社に行きたくない!仕事を休むための上手い理由7つを紹介する

スポンサード リンク
会社に行きたくない!仕事を休むための上手い理由7つを紹介する
この記事の所要時間: 950

「今日、仕事行きたくないな・・」

働いてる人なら誰でも、一度は思うことですよね。

 

それ、ココロが出してる危険信号ですよ。

そんなときは素直に休んじゃいましょう。

 

この記事では、会社を休むための上手い理由を紹介します。

スポンサード リンク

 

休みのススメ

 

私はサラリーマン時代、そこそこ頻繁に仕事を休みました。

それは、仕事より、自分や家族のことを優先したいときもあったからです。

 

それを「不真面目だ」「弱いヤツ」「社会不適合者」「ADHD」などと一方的になじってくる人もいたりしますが、私はそうは思いません。

休みたいときは、やっぱり休んだ方がいいんです。

 

だって、私たちは『仕事をするために生きてる』わけじゃなく、『生きる手段の1つとして仕事をしてる』わけですから。

 

優先順位は、仕事<人生ですよ。

 

 

もちろん、私だって最初から休みがちだったワケではなく、働きだして 3 年ほどは、『仕事一筋!』『出社は一番!』『残業・徹夜どんと来い!』『会社の仕事は起業の勉強!』と、とても真面目?でした。

 

しかし、どこか無理していたのでしょう。

 

子どもが産まれて、しばらくした頃。

ある日突然、会社に行くのが猛烈に嫌になりました。

 

直接の原因は、仕事が忙しく、起きてる子どもと触れ合うことが出来なくなり、妻との減ってしまったことでしたが、本音は『なんだか疲れた』からでした。

 

帰宅が終電もない、午前2時半。

朝、家を出るのは6時くらい。

子どもが起きてるのは、7時〜20時ほど。

起きたら寝てて、帰っても寝てます。

 

ふと、『いつまで、こんな生き方を続けるんだろう?』と考えると、とても虚しくなりました。

 

その日は結局、いつも通りに家を出ましたが、いつもと反対の電車に乗り、出社はしませんでした

さすがに『無断欠勤はまずい』と思ったので、当時の上司に連絡だけはしておきましたけど。

 

 

休んだ方が、上手くいく

 

この件がキッカケで、私は時々、仕事を休むようになりました。

 

ただ、“あくまで私の場合”ですが、『休んだ方が上手くいく』んです。

 

 

何が?

 

 

仕事が。

 

 

一番大きいのは、私が「しっかり休みをとる人」と周りに認識され始めてから、ギリギリでの仕事や頼まれ事が激減したことですね。

 

というのも、前は『いつでもどうぞ』『なんでもどうぞ』というスタンスだったので、帰ろうと思った時に「明日までにお願い!」とか、金曜日の夜に「月曜までに必要なんだ」とか、休日にお客さんから「今、大丈夫?笑」なんてことが、かなり頻繁にあったんです。

 

 

それは完全に自分で招いた結果でしたが、上の件をキッカケに『休みます』『仕事より自分や家族のことが優先です』という意思を明確に主張するようにしたことで、社内からも、客先からも、余裕を持って連絡を貰えるようになりました。

 

「仕事の8割は準備と調整」なんて言われるように、準備と調整が出来る余裕があると、複数の仕事でも回せるようになります

 

結果的に、いつも「急ぎで!」というお客さんからの仕事は減りましたが、別のお客さんからの仕事が増え、『仕事一筋』の頃よりも、『休む』ようになってからの方が、個人の売上は上がりました

 

 

ただ、まだまだ「休むのは悪いこと」とされる、日本。

環境的にそうそう休めない人も多いと思います。

 

 

そこで、私が使ってきた、または目にしてきた、『会社を休む理由』をご紹介します。

どうしても休みたいときだけ、使ってみて下さい。

 

 

会社を休める理由7選

 

私はコンサル兼SEという職業柄、30を超える企業の中に入り込んできました。

 

そこで『”休みたい”のは、みんな一緒だなぁ』なんて実感します。

どこの企業でも、みんな上手に休んでますね。笑

 

ということで、休める理由を紹介します。

あ、もちろん、有給休暇の範囲内ですよ。

 

 

1. 家族の体調不良

これはよくあるパターンですね。

「妻が熱を出して」とか、「子どもが熱を出して」など。

 

「自分が体調悪いんです」と言っても軽く見られることは多いですが、「家族が体調悪いんです」となると、話は別です。

『そんなの放っておいて、来い』なんて、私なら言えません。

 

そこまで言う理由もあるんでしょうし、どうせなら 2 , 3 日休んだら良いんじゃないでしょうか。

 

 

2. 家族の介護

同じく、家族の介護もありました。

 

後輩が「今日だけ、練馬にいるおばあちゃんを看なきゃいけないんです」ということで休んでました。

まあ、ホントのところはアニメのイベントだったそうですけど。(後日本人から聞きました)

 

近年は介護をする人が増えてきているようで、『介護経験がある』という上司も多いとか。

その苦労がよく分かるせいか、休む理由としては効果的です。

 

 

3. 異常に長期の休み

私の周りに、2010FIFAワールドカップで南アフリカに行くため、1ヶ月間休んだ人がいました。

もちろん、事前の連絡と調整が必要ですが、しばらく完全にいないので、調整は意外と簡単です。

異常に長い休みは、取りやすいですよ。

 

 

4. 子どものイベント

子どものいる人限定で、さらに、上司に育児に対する理解がある必要がありますが、「子どもの発表があるんです」「保護者会やPTAの役員で・・」という理由は、人によってはとても効果的です。

私の周りでも、そう言って休んでる人が結構いました。

 

 

5. 浮気の傷心

これは、私が出向していたとある客先の女性の話。

近くにいた彼女の上司に電話があり、電話口から「・・・ひっ・・ひっ」というすすり泣きが聞こえてきます。

なんでも、彼氏の浮気でとてもショックを受けたようで、そこから5日ほど休んでました。

 

面白いのは、それを聞いて真似した男性がいたこと。

少し離れた別の課にいた男性ですが、同じように上司に浮気の傷心を伝えて、休んでいました。

 

ただ、実はそれはウソで、周りからは「アイツ彼女おらんやん」なんてバレてましたけど。笑

 

 

6. 産科検診の付き添い

これは、妊娠した奥さんがいる男性限定ですが、産科検診の付き添いは休めます

というか、パパ向けの “父親学級” という、妊娠・出産・育児について学ぶ場があるので、どんどん休んで、しっかり参加しておいて下さい。

 

妊娠も出産も育児も、男性の役割ってのがあるんです。

知っといて損はしませんよ。

 

 

7. 宗教がらみ

最後に、私が一番効果的かつ使い勝手が良いと思うのが、これ。

宗教関係の理由です。

 

まず断っておくと、私はごく普通の日本人なので、信じるものは「仏教」と「神道」です。

ただ、だからこそ、お盆や法事は確実に休めました

IT業界はGWやお盆、年末年始などの大型連休はサーバー関係の仕事が入ることが多く、休みにくいのが普通なんですけどね。

 

『墓参りに行かなきゃいけないので、お盆は帰省します』『法事があるので帰省します』と言えば、確実でした。

 

宗教はかなりプライベートな話なので、ほとんどの人は詳しく突っ込んできません

もちろん詳しく聞いてくる人もいましたが、『ちょっと・・』と濁すと、それ以上は聞いてきませんでした。

 

確実に休みたい場合は、宗教がらみの理由を出してみることをオススメします。

 

かつて客先で、「金曜にイスラム教の集団礼拝があるんです」という人を見かけましたが、なかなか上手だなと思いました。

下手なこと言うと、どうなるか分かりませんからね。

 

 

以上、会社を休める理由 7 つを挙げました。

 

しかし、「もっと長期間、会社を休みたい」「海外に行ってみたい」「そしてお金も稼いでみたい」なんて人には、青年海外協力隊-通称JICA(ジャイカ)もオススメです。

 

私の同期女性が1人、後輩男性が2人、会社に籍をおいたまま、海外青年協力隊として日本を出ました。

 

どちらがキツいかは分かりませんが、「会社を辞める勇気はないけど少し冒険してみたい」なんて人にはピッタリだと思います。

 

本当に大切にしたいものは、何ですか?

 

会社を休む

それは、勇気のいることだと思います。

 

だけど、「休みたい」というココロに嘘をついて生きた先に、何があるでしょう?

 

私の父は「仕事一筋」を 37 年続けた結果、数年前、うつ病で退職しました。

辞めた当初は55歳でしたが、「眠れない、起きれない、身体が動かない」という症状が出ていて、仕事どころではありませんでした。

 

今、一生懸命働いている人からは、「逃げただけ」なんて言われるかもしれません。

 

けど、逃げたっていいじゃないですか?

 

そのまま続けていたら、ココロもカラダも、治らないくらいに壊れてしまっていたんじゃないかと思うんです。

 

 

仕事も、遊びも、恋愛も、子育ても。

全て、心と体が健康だから、出来ること。

 

休むことで、失う未来もあるかもしれませんが、休むことで、得られる未来もあります。

 

 

私はその後独立し、今は地元でコンサル業を営んでいます。

 

お客さんは日本中にいて、ネットを通して事業や経営、集客やブランディングの相談にのる感じですね。

 

空いた時間は子供の相手をしたり、走ったり泳いだり、趣味で農業をやったりしています。

 

ハッキリ言って、SE時代よりも幸せな毎日で、人生の「勝ち組」とか「負け組」とかも、関係ありません。

 

 

ただ、この今の暮らしは、逃げたから見えた道であり、逃げたからこそ得られたもの。

 

 

あなたも、会社を休みたいなら、休んだらいいんじゃないでしょうか?

 

きっと、次の道が見えてきますよ。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、

会社を休む時に気になるのが、ウソの理由で休んでも大丈夫なの?ということ。

 

実際に、社長マネージャーなどに話を聞き、その注意点をまとめました。

『有給休暇 ウソの理由で取得する時の注意点は?』

気になる方は、合わせてどうぞ。

 

 

独立・起業・不労所得構築を考えている人はコチラの一読がオススメ

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top