人ひとりの命を預かる覚悟を

 

私も学生時代にはあまり気にしていなかったのですが、バイクの二人乗りというのは後ろの人の命を預かる行為です。

 

もし転倒などの事故を起こせば、とっさに反応できるライダーよりも、反応が遅れるパッセンジャー(同乗者)の方が大怪我を負ったり、命を落とす確率がが高かったりします。

 

外からみるには気持ち良さそうな二人乗りですが、じつは後ろに乗る人は、二人乗りに慣れてないあなた以上に不安を感じています。

いつも以上に丁寧&安全な運転を心がけましょう。

 

 

1.発進時はクラッチを丁寧&素早く繋ぎ、アクセルを多めに回す。

 

二人乗りではタンデマー(同乗者)の重さが増す分、発進・加速に必要なパワーも大きくなります

1人で乗るときに比べて、エンストや発進時のもたつきなどが起こりやすくなるため、クラッチを素早くつなぎ、アクセルを多めに回して発進するようにしましょう。

 

ただしあまり急に操作すると、タンデマーがのけぞり、恐怖を感じます。

クラッチのつなぎ具合とアクセル開度のバランスに注意してください。

 

 

2.ブレーキの操作を早め&丁寧に。

 

また、タンデマーの重量が増えるということは、制動に必要な力も増えるということ。

二人乗りをしたときは制動距離が長くなります

 

いつもより早めにブレーキをかけることと、タンデマーが前につんのめらないような丁寧なブレーキングを意識しましょう。

 

ちなみに、発進時におけるクラッチのつなぎ具合アクセル開度のイメージは二次関数のグラフで表現でき、それにブレーキのかかり具合のイメージは反比例のグラフです。

2014_12_03_1_2

各速度におけるアクセル、クラッチ、ブレーキのイメージ

クラッチは初めから多めに繋ぎましょう。

繋がるのを確認したらアクセルを多めに回します。

 

ブレーキは初めは弱く、減速とともに強くします。

クラッチは最後のギリギリまで切らなくても大丈夫

エンジンブレーキを有効に活用しましょう。

 

 

3.ニーグリップをしっかり。

 

二人乗りでは、タンデマーの挙動によってライダーの上半身とバイクがぶれやすくなります。

それを抑えるためにも、タンクを膝でしっかりと挟みましょう

 

しっかり挟むことでバイクが安定し、タンデマーも安心できる落ち着いた運転になります。

 

 

4.上半身を大きく動かしすぎない。

 

二人乗り初心者、特に後ろに女性を乗せる男性ライダーに多いのですが、カッコいいところを見せようと激しく体を動かして運転をする人がいます。(無駄なリーンインなど)

 

だけど、それは大きな勘違い。

タンデマーにとっては恐怖以外の何物でもありません。

 

運転するときはカラダを動かさないリーンウィズの乗り方を心がけましょう。

 

 

5.高速・山道では定期的な休憩を。

 

大型バイクに乗る場合に多いのですが、低回転でゆったり長時間走ることで、タンデマーが眠くなることがあります。

 

実際に私の妻も何度か寝かけたことがあるのですが、落下する可能性が高いため、とても危険です。

高速道路や長い山道など、長時間走り続ける可能性のある場所では、定期的に休憩をとるようにしましょう。

 

 

6.タンデマーとの合図を決めておく。

 

ここ数年、ライダーとタンデマーが会話できるようなインカムが普及していますが、初心者だと持っていないことも多いです。

“肩をたたく” などの合図で意思疎通が取れるようにしておくと便利ですよ。

 

次の例を参考にしてみてください。

・脚を1回たたく:早い、もう少しゆっくり

・脚を2回たたく:もう少し急いで欲しい

・肩をたたく:眠い

・腰をたたく:トイレ行きたい

・お腹をたたく:おなか減った

 

 

7.必ず免許取得後1年(高速は3年)経ってから。

 

最後にライダーとして当然のことですし、道路交通法でも禁止されていることですが、、免許取得後1年未満の二人乗りは禁止です。

 

「毎日乗ってるから慣れた」「もう半年も経ったし大丈夫だろう」なんて考えてる人もいるでしょうが、

 

白バイにはバレます

 

 

というか、実際バレました

 

 

私も学生時代に同じように考えていたのですが、白バイ隊員「運転の仕方や各動作で分かるよだそうです。

 

捕まると出かける気分じゃなくなりますし、そもそも継続して二人乗りは出来ません。

 

 

また今考えると、1年未満は色々と未熟なことが多く、とっさの対応や、道路状況の把握運転時の位置取りや、他車への配慮などが甘いです。

 

上で挙げたように、後ろに人を乗せることで、アクセルやブレーキ、クラッチなどをいつもよりも注意して操作する必要があるのですが、これらに意識を割かれるということは、他が疎(おろそ)かになるということ。

 

つまり、とっさの対応が遅れたり道路状況を把握しきれなかったりふらついた運転になったりウィンカーや目視が遅れたりします

 

これが何を意味するか?

普段乗っているなら分かりますよね?

 

運が良ければ何もありませんが、運が悪ければ事故に繋がります。

 

 

タンデムで事故を起こした時、一般的に被害が大きくなるのはタンデマー(同乗者)の方

 

最初に書いたように、ライダーは同乗者の命を預かっているのです。

 

後ろに乗せる人が大切な人であれば、1年未満の二人乗りは止めておきましょう。

 

 

ちなみに、私は白バイ隊員と一緒に安全運転講習会などに出ていたのですが(各地で開催されていますよ)、今後、誰かを後ろに乗せる予定のある人は、

・クラッチだけでのUターン(250ccなどは無理かも・・)

・急制動

の2つを練習しておくといいですよ。

 

運転に余裕が生まれます。

 

 

 

あと、

 

Q.中型二輪免許を取得後、1年以上経過してから大型二輪免許を取った場合は?

 

A.2018年現在、1年待つ必要はなく、即大型で二人乗りをすることが可能です。

累計で1年あればよいため、中型二輪を1年以上乗っているのであれば問題ありません。

ただし、高速は累計3年なので注意が必要です。

 

 

 

以上、初めて二人乗りする時にライダーが注意することでした。

 

 

「バイクはむき出しだから危険」

そういう意見をよく聞きます。

 

バイクで色々な経験をしてきた私が思うに、それは事実です。

 

しかし、『危険になるかどうかは結局はライダーの意識による』とも思っています。

 

“風を切って走る”、“自然を全身で感じられる”などの、『バイクだからこそ感じられる楽しさ』を二人で楽しむためにも、十分に注意して二人乗りしてください。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、山道の運転に慣れてない人はコチラも参考にどうぞ。

車の運転の仕方ですが、バイクにも応用できます。

 

▼最近はバイク用のインカムも安くなってきました

LEXINバイク用防水ヘルメットBTインターコム(シングルインカム) 音質良好6 Riders長時間通話可日本語の説明書付き

これがあると、二人でのツーリングがとても楽しくなりますよ。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top