◎1.エレベーターカード

 

シャッフルした中から 1 枚のカードを選んでもらい、そのカードをカードの束の真ん中に入れる、するといつの間にか、そのカードが一番上にいる、というマジック。

 

タネを見てしまうとシンプルですが、初めて見た人には分かりません。

(友人がやってましたが、私には分かりませんでした・・悔しいですね)

 

 

2.スウィープ・カード

 

一番上のカードを、さっとなぞるとカードが変化するマジック。

 

カードを掴むところで、少しだけコツが必要そうですが、ゆっくりやってもバレないと思います。

右手から視線を外すのが、ポイントでしょうか。

 

 

 

3.コイン貫通

 

手のひらに置かれたコインがコップの底を貫通し、一瞬でコップの中に入るマジック。

 

用意するものが、コップコイン 1 つ、そして度胸だけ。

挑戦するのは簡単ですが、個人的には「見せ方が難しい」と感じました。

 

飲み会で、みんながほろ酔いの時などに、いいんじゃないでしょうか。

 

 

4.コイン貫通〜水の入ったコップへ〜

 

水を入れたコップに、手に持ったコインを移動するマジック。

 

タネを知って「なるほど〜」と感じる人が多いんじゃないでしょうか。

最初からやるなら、音が出にくい紙コップなどがオススメです。

ガラスのコップだと、入れた音でバレました。

 

 

◎5.コインの瞬間移動

 

テーブルの上においた2枚のコインが瞬時に移動するマジック。

 

少し練習するだけで、できるようになる、個人的にイチオシの手品です。

飲み会で大活躍しそう(女の子ウケがよさそう)。

 

 

6.指輪の瞬間移動

 

自分の指につけた指輪(動画では、輪ゴム)が瞬間移動するマジック。

 

いやー、これは騙されます。

指輪ばかりみてしまうので、気づかないですね。

 

ただ、ゆっくりやると気付きそうなので、サッとやるのがコツですね。

 

 

◎7.タバコの消失

 

手にもっているタバコが、消えたり現れたりするマジック。

 

ぶっちゃけ、かんたんです(笑)

3 回くらい練習したらそれっぽく見えるようになるので、急に決まった予定などにオススメ!

 

 

8.ペンの消失

 

『7.タバコの消失』の応用マジック。

 

隠す手と反対側の手の動きがポイントですね。

いかに、反対側の手を目立たせるか?

 

まあ、タバコの方が飲み会や喫煙所などでの話のネタになりそうな気がします。

しかし、その演出から、練習する価値はあるのではないでしょうか。

 

 

9.輪ゴムの瞬間移動

 

両手にはめた輪ゴムが、お互いを貫通するマジック。

 

少し地味ですが、面白いですね。

 

 

◎10.復活する輪ゴム

 

一度切った輪ゴムが、もう一度くっつくというマジック。

 

こちらも簡単ですね。

しかし、少し酔ってたら、絶対に分かりません。

 

 

どうだったでしょうか?

 

いずれも、小学生でもできそうなくらいシンプルでありながら、初めて見た人には分からない。

そういう内容ばかりだと思います。

 

たった1つでも身につけておくだけで、いろんな場で使えますよ。

好きなものを、練習してみて下さい。

 

それでは。

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top