知っトク ナビたん

Read Article

Googleで画像を検索する方法と、利用するときの注意点。

スポンサード リンク
Googleで画像を検索する方法と、利用するときの注意点。
この記事の所要時間: 328

※読みやすくなった再掲記事です。

 

サイトやブログやSNSを巡回していて、「この写真の詳細が知りたいなー」「この画像いいね!似たような画像ないかなー」なんてことありますよね。

 

じつは、Googleでは『画像での検索』が可能なんです。

 

今回は、グーグル画像検索の方法と、利用するときの注意点について紹介します。

スポンサード リンク

 

 

Google画像検索のやり方

 

例えば、この画像の詳細を知りたい。

エメラルドグリーンの湖に雪の残る丸い山。

綺麗な景色です。

 

日本では無いですね。

雰囲気からして、ヨーロッパでしょうか?

 

 

詳細を知るために、画像を検索してみましょう。

 

1.Googleホームから『画像検索』へ。

まずはGoogleのホームへ。

それから、右上の『画像』をクリックします。

 

出てきたのが、Googleの『画像検索』用ホーム

 

2.調べたい画像や写真を、ドラッグ&ペースト

画像ファイルをクリックし、検索欄に持っていきます。

PCに保存してるファイルでもいいですし、web上で見つけた画像でも、クリックできるなら大丈夫です。

 

 

3.自動で画像検索される

すると、自動で画像が検索され、検索結果が表示されます。

 

上の画像と一致する情報が検索されました。

この画像は『マージョリー湖』というそうです。場所はアメリカのカリフォルニアでした。

 

比較的温暖なイメージのカリフォルニアですが、こんな寒そうな場所もあるんですね。

 

検索結果曰く『マジで飛び込みたい』くらい透明度が高いそうですが、飛び込むと凍死しそうです。

私は写真をとって、そこらへんでキャンプするだけで十分ですね。

 

 

まとめ

 

画像検索機能は数年以上前からあるようで、「当たり前でしょ」って方も多いのではと思います。

ですが、まだ知らなかった人にとっては、「なるほど!」ですね。

 

私もつい最近知りました。

 

 

ただ、、この画像検索機能は”類似画像”も検索結果として表示するそうです。

これは少し恐ろしいことで、うかつに個人の写真や画像なんかをwebにアップしてると、そこから検索をかけられ、個人情報を特定されてしまう可能性もあります。

 

今では、中高生どころか、小学生までもがTwitterやFacebook、Google+などのSNSアカウントを持ってる時代。

プライベート写真も沢山アップされてます。

 

例えば、『匿名のSNSを入り口とする、男女が集まるイベントがあり、その中で知らない人と写真を撮った』『後から、個人の本名アカウントや、その他情報などが知られてしまう』なんてことも、あるわけです。

(自分で試してみたら、Facebookは繋がりませんでしたが、Google+、その他3件のSNSアカウント情報が表示されました)

 

個人情報特定が、すぐに犯罪に繋がるとは思いませんが、その可能性はゼロではありません。

(以前、実際に『元ストーカーだった』という方がTweetしてるのを見ましたが、彼女曰く『SNSでも複数の画像があればその人の「本名」「家族関係」「通っている学校や職場」「友達」などが特定できてしまいます』とのことで、その後実際に一部の情報を特定してみせておりました)

 

 

便利なモノには、裏もある。だけど使いたい。

 

SNSをオープンにしてる若者だけでなく、お子さんがいる親御さんなんかも、「SNSに個人情報を載せない」「Facebook写真は限定公開にする」「使ってないSNSアカウントは削除するか検索対象外にする」などの注意が必要かと思います。

 

便利だからこそ、一人一人が気をつけつつ、安全&快適に、利用していきたいですね。

 

それでは!

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

スポンサード リンク
Return Top