[/pc] [nopc] [/nopc]

 

 

過去に検索したキーワードがバレる「オートコンプリート」機能

 

あなたは、yahoo!やGoogleなどの検索エンジンに搭載される「オートコンプリート」という機能をご存知でしょうか?

 

webやITに関係する仕事をしている方なら「当たり前」でしょうが、そうでなければ知らないかと思います。

 

 

『ネット検索するときに出てくる、”携帯の予測変換”のようなもの』というと、分かりやすいでしょうか。

 

 

検索する時に開く、GoogleYahoo!などの検索サイト。

これらで検索しようとすると、自動で「検索しようとしてるのコレじゃない?」と出てくる、アレです。

 

あれ、よーく見てみると、自分が過去に検索したキーワードが全て候補に挙がってるんです

もちろん、他の人に検索されやすいキーワードも一緒に並んで表示されるため、気にしない人はなかなか気付かなかったり。

 

Googleだと、過去の検索キーワードが一番上に表示されるため、一発で分かってしまいますけどね。笑

 

パソコンや携帯のアクセス履歴を消してもココは消えないので、見られたくない検索キーワードがあるのであれば消しておくことをオススメします。

 

 

実際に、「ブックマークもしてない・・」「履歴も消してる・・」だけど、出会い系サイトの利用が奥さんにバレた男がいますので。

 

 

まあ、元会社の同僚なんですけれど・・笑

 

夫婦共有のPCで奥さんが「出」と入力、すると「出会い」「会える」「大学生」と出てしまい、検索結果も自動で表示。

 

しかも、いくつか表示された検索結果の下に『このページに x 回アクセスしています。前回のアクセス: 〇〇/xx/△△』という表記があったようで、、、、

 

飲み会で「修羅場だったよ・・」と言ってました。

 

 

まあ『自業自得』ですね。離婚しなかっただけマシでしょう。

未遂だから、首の皮一枚つながった感じです。

 

 

検索履歴も削除するには・・?

 

それぞれの検索エンジンで、削除の方法が違います。

 

Yahoo!の場合

検索窓をクリックし、表示される検索キーワードにカーソルを合わせ、Deleteキーを押す。

 

Googleの場合

https://history.google.com/history/に移動します。

下に過去の検索履歴と検索結果が表示されるため、チェックボックスにチェックを入れ、削除する。

過去の履歴を全削除する場合は、https://history.google.com/history/settingsに移動し「オフにする」を選択します。

 

Safariの場合

こちらはPCとiPhoneで方法が異なります

>PCの場合

画面最上部のメニューのSafari>Safariをリセットを選択し、リセットする対象を選んで実行します。

>iPhoneの場合

下の”本のアイコン”をタッチし、履歴>消去を選びます。

 

 

残ってるのはキーワードだけじゃない?

 

「検索履歴も削除した」「よし!これで安全だ」

 

とは、いきません。。

 

残ってるのは、キーワードだけじゃ無いんです。

 

実は “キャッシュ” という、閲覧した画像などの一時ファイルが保存されているんです。

キャッシュとは・・一度表示した検索結果のデータを端末内に保管し、再度表示するときの表示速度を上げるための一時ファイルのこと。

 

 

キャッシュが残ったままであれば、その気になれば「何を見ていたか」が分かってしまいますし、検索履歴とは別物なので、別で削除しておく必要があります。

 

Phoneなどの携帯だと確認まで少し手間ですが、(というか普通の人はできない)PCは少し詳しい人なら確認できちゃいます。

 

これに関する修羅場はまだ聞いたことがありませんが、彼女や奥さん(彼氏や旦那さん)がプログラマーSEなど、IT系に詳しい人であれば、注意した方がいいかもしれません。

(決して、『悪いことをしろ』という訳ではありませんよ)

 

 

キャッシュの確認と削除の方法は・・?

 

これも、インターネットの “ブラウザ” によって方法が違います。

 

GoogleChromeの場合

アドレスバー(URLの場所)に”chrome://cache“と入力する。

 

FireFoxの場合

アドレスバー(URLの場所)に”about:cache“と入力し、「List Cache Entries」をクリックする。

 

InternetExplorerの場合

“%LOCALAPPDATA%/Microsoft/Windows/Temporary Internet Files/Low/Content.IE5”をエクスプローラーで開く。

 

削除方法は3つとも共通

『Ctrl + Shift + Del』(Macの場合は『command + Shift + Del』)を押す。

削除ウィンドウが開くため、「キャッシュ」にチェックを入れて実行、です

 

 

ちなみにiPhoneの場合、設定>Safari>『Cookieとデータを消去』(キャッシュを消去)から削除できますよ。

 

 

最後に、、

 

人は誰しも見せたくない部分、隠したい部分はあるもの。

 

それは私だって一緒です。

 

ですが、隠すには知識が必要です

本当に人に知られたくないものは、ちゃんと自分で管理しましょう。

 

 

それでは。

 

▼一読するだけでパソコンライフが快適になります

この一冊でパソコンの裏ワザ・基本ワザがぜんぶわかる!

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top