日焼けの「黒」と「赤」は、全くの別物。

 

あなたは、ご存知でしょうか?

 

じつは、一般的に言われる「黒く焼けちゃった」というのは『日焼け』ですが、「真っ赤に焼けた・・」「とても痛い」というのは『ヤケド』です。

 

「一般的な日焼け」は、肌に紫外線が当たったことによるメラニン色素の増加が原因ですが、「真っ赤な日焼け」は、紫外線によって起こる肌の炎症が原因なんです。

 

つまり、“赤み” や “痛み” をともなう「日焼け」のケアには、肌の炎症を抑える方法を取りましょう。

 

 

肌の炎症を抑えるには。

 

今、肌が赤くて痛くて「一刻も早くどうにかしたい!!」という人へ。

 

とにかく、『冷やして ⇒ 保湿』をしましょう。

 

痛い場所を冷やす

冷やすことで炎症の拡大を抑えられるわけではありませんが、「痛み」は和らぎます

濡れタオル冷水のシャワーで、赤く痛む部分を冷やして下さい。

 

今まで何度も日焼けしてきた経験上、『保湿性のいいコットン』『濡れタオル』がオススメです。

冷やす目安は “肌がひんやりして、触っても熱を感じなくなる” くらいまで。

 

それから、普段つかっている化粧水をコットンにつけ、患部をパックしましょう。

 

化粧水がなければ、“水”で。水道水よりもミネラルウォーターの方が刺激が少ないです。

(肌の保湿を考えると、出来るだけ化粧水がいいですが)

また、コットンが無ければ、“ティッシュ”で代用できます。

 

肌に潤いを与える

次に保湿をすることで、肌の「炎症」を抑えて、肌が「赤み」から回復するのを助けます。

炎症がおさまれば肌は新しい皮膚を作り出せるので、潤いを与えて『正常な肌』が作れるように手伝ってあげましょう。

また、肌が破れて出血している場合などを除き、持ってる人は「乳液」なども使ってください。

 

 

1度冷えて熱と痛みを感じなくなっても、お風呂に入ったり、服が擦れたりすることで “熱” と “痛み” は再発します。

そのため、”熱” と “痛み” が感じられなくなるまで(約1週間ほど)、こまめに『冷やして ⇒ 保湿』をしてあげましょう。

 

手を抜くと悲惨なことに・・

「冷やす」と「保湿」

この2つのケアが、日焼けから元に戻るまでの時間を決定します。

 

「放っておいても治るでしょ」と手を抜くと、「1年以上経ったのに元の肌に戻らない・・」なんてことになります。(実体験)

 

 

皮は剥いても大丈夫?

 

また、日焼けをすると気になる「皮むき」

 

真っ赤になるほど焼けると、そのほぼ全部が剥けてきますが・・これ、ムリに剥かない方が良いです

(自然にむけるのは大丈夫)

 

というのも、剥いた痕が全て黒いシミになりますから・・。

 

特に、首や背中にニキビができる人は要注意で、皮の剥けた部分の全てでニキビができると考えて下さい。

 

実際、私は、『真っ赤な日焼け』⇒『皮むき』⇒『真っ黒のシミ』⇒『全体にニキビ』という感じで、とんでもない目に合いました。

 

5月末のBBQで焼けて、その年の7月,8月は、人前で服を脱げなかったり・・

 

せっかくの海なのに、脱げない、泳げない。

これは、かなり悲しいですよ。

 

ムリに剥かないよう、注意して下さい。

 

 

「赤み」と「痛み」の対策とは?

 

と、真っ赤な日焼けの対処法を書いてきましたが、正直なところなってから対処するより、二度とならないようにしたい』ものです。

 

どうしたら、過度の日焼けを避けられるのか?

3つ、ポイントをまとめてみました。

 

(1)4月から日差しに注意する

(2)”サンオイル”や”日焼け止め”を使う

(3)アルコールを避ける

 

順番に説明していきます。

 

(1) 4月から日差しに注意する

意外と知られてませんが、紫外線の強い期間4月〜9月の間。

8月などの「夏だけ紫外線が強い」わけではないんですね。

2014_03_16_01-2

(出典:(独)国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2011年 つくば局観測データ より)

 

私のように『梅雨前なら大丈夫だろう』と油断すると、『あかん、ダメだった』と後悔しかねません。

「4月に入ってからは肌が焼ける可能性がある」ということを覚えておいて下さい。

 

(2)”日焼け止め”や”サンオイル”を使う

また、暑い日のBBQや、夏の海など、日焼けが前提となっている場合は、“日焼け止め”“サンオイル”を使いましょう。

痛い思いをしてるので分かってるかと思いますが、「ベタベタするから嫌」なんて、言ってる場合じゃありません。

 

“日焼け止め”は紫外線そのものを防ぐため「黒い日焼け」と「赤い日焼け」の両方に効果があり“サンオイル”は肌の乾燥を防ぐため「赤い日焼け」に効果があるようです。私と同じような色白肌の人は肌の紫外線防御力が低いので、“日焼け止め”一択ですね。

 

そして、強力な”日焼け止め”を使うより、肌を露出しない方が効果があります。

場所とタイミングを考えつつ、着衣と脱衣を選びたいですね。

 

(3)アルコールを避ける

そして、「お酒が好き」という人は、とくに今回は大変なはず。

というのも、アルコールを飲みながら日焼けをすると”赤み”と”痛み”がヒドくなるからです。

 

じつは、紫外線を浴びると肌に “プロスタグランジン” という物質が作られるのですが、これは「血管を広げる」「炎症を起こす」ように作用します。

そして、”アルコール” にも「血管を広げて血行を促進する」という作用があるため、このプロスタグランジンの作用を後押ししてしまうのです。

 

その結果、お酒を飲まない人よりも、飲んだ人の方が酷くなる・・と。

 

とはいえ、外で楽しく飲める機会には、やっぱり飲みたい。

そこで、どうしても飲みたい人は、”プロスタグランジン”の原因となる活性酸素を減らす食べ物、夏なら、「トマト」や「スイカ」を一緒に食べましょう。居酒屋の「冷やしトマト」という夏メニューは、理にかなった食べ物だったんですね。

 

 

以上、真っ赤な日焼けの対処法と対策でした。

熱い夏を「楽しかった!」で終わらせたい人は、参考にしてみて下さい。

 

それでは。

 

 

 

ちなみに、、日差しとアルコールの関係についてまとめてあります。

海やBBQなど、水着でお酒を飲む人は、見ておいて損はありませんよ。

 

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ PA+++ 50g

Facebookでコメント

Return Top