夏のお酒で「日焼け」が悪化?

 

肌が痛み、寝れないほどの「真っ赤な日焼け」。

あなたは、経験がありますか?

 

じつはこれ、肌が炎症を起こしてる状態、いわば一種の「ヤケド」です。

 

そして、この炎症、アルコールを飲むことでかなり悪化するんですね。

 

というのも、肌の炎症には“プロスタグランジン”という物質が関係しているのですが、アルコールがこの物質の作用を、悪い意味でサポートしてしまうからです。

 

 

紫外線+アルコール=「赤い」&「痛い」

 

少し詳しく説明すると、“プロスタグランジン”には以下の3つの作用があります。

・血管を拡張する

・炎症を起こす

・痛みを強める

 

そして、この物質は『肌が紫外線を受ける』→『肌の細胞に活性酸素(かっせいさんそ)が発生』→『活性酸素によって、肌を作る脂質(ししつ)が酸化』→『酸化した脂質が “プロスタグランジン” を生成』という流れで、つくられます。

 

つまり、長時間日光を浴びてるだけでも、真っ赤に焼けて、痛みを伴う「日焼け」になることもあるんですね。

 

ただ、アルコールが入ることで、その速度が一気に高まります。

 

なぜか?

 

アルコールには、以下の2つの作用があるからです。

・血管を拡張する

・血流を促進する

 

見てわかるように、“プロスタグランジン”の作用を助けてしまうんですね。

 

 

じつは大変・・?

 

“血管の拡張”というと、「大したことない」「むしろ健康に良いんじゃ・・?」というイメージかもしれません。

 

ですが、血管の拡張がヒドくなることで、拡張した血管から血液の水分が染み出し、“水ぶくれ”ができることもあるんです。

こうなると、見た目は一般的な「ヤケド」と同じですね。

 

もし“水ぶくれ”ができ、それがつぶれてしまった場合。

肌を元の健康的な状態に戻したければ、感染症を防ぐために清潔なガーゼで患部を覆い、必ず、医師の診察を受けるようにしてください

 

 

女性は男性よりも深刻かも

 

また、プロスタグランジンの“痛みを強める”作用が、「頭痛肩こり腰痛吐き気」に繋がり、女性だと「生理痛が悪化」することも、あるようです。

 

厄介ですね。。

 

“真っ赤な日焼け”だけで治まらず、色々と障害の多い「お酒」と「日差し」。

その両方を楽しむ方法は、ないんでしょうか?

 

 

夏の『赤い野菜』を味方につけろ。

 

“熱い日差し”“冷えたお酒”

「両方揃って最高なのに、どちらかを我慢するなんて有りえない!」という人は、『夏の赤い野菜』を食べましょう。

 

私のオススメは、『トマト』と『スイカ』の2つ。

 

どちらも、“ビタミンC” や “B-カロテン”“リコピン” など、プロスタグランジンの原因となる活性酸素を減らす「抗酸化栄養素」が豊富です。

 

特にスイカには、“アントシアニン”という栄養素も含まれるため、「目の日焼け」にも効果がありますよ。

 

 

『ビールのつまみに冷やしトマト!』

『海で遊ぶなら、スイカ割り!』

これらは、じつは理にかなった組み合わせだったんですね。

 

今年の夏は、試してみて下さい。

 

それでは。

Facebookでコメント

Return Top